【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

  伊計島めぐり-仲原遺跡やグスク

  






-山道歩の沖縄の島記録-  .
 
九州地方
山行サイト
日本百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
他の地域
山行サイト

 ユーチューブ動画 約11分 仲原遺跡やインナガーや灯台





 ユーチューブ動画 約7分 町や伊計グスク





 ユーチューブ動画 約2分 伊計島のチョウチョ



 

  伊計島の案内地図


 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   伊計島の近辺

 ◆グーグル上空写真    《C!大》

 【電子国土基本図参照】伊計島の周辺・・・クリックで拡大     地図閲覧サービス(ウォッちず)

 
 

  伊計島(仲原遺跡・グスク)散策記録  H30.4.28

 ■平たい伊計島を巡りました。仲原遺跡で復元住居を見て想像します。
   神山、インナガ―、灯台を見て、伊計グスクに上がりました。
   鳥も鳴きますが、虫がかなり鳴いています。録音しました。

    先に散策した伊計大橋 ⇒  伊計大橋のHP(30.4.29)
    津堅島の散策記録 ⇒  津堅島(トマイ浜)のHP(30.4.28)
    渡嘉敷島の阿波連ビーチ ⇒  阿波連ビーチのHP(30.4.27)
    照山と渡嘉志久ビーチ   ⇒  照山と渡嘉志久ビーチのHP(30.4.27)

 υ01.【7:00】伊計島の仲原遺跡まで100m地点。近くにWCがあります。

 υ02.仲原遺跡入口。復元された住居が見えます。すごいのでは?   o(^▽^)o

 υ03.竪穴住居が復元されている仲原遺跡。当時を想像します。 \(^_^)/  《C!大》
仲原遺跡

 υ04.体験学習用にカヤがとってある住居です。    ヽ(゚◇゚ )ノ    《C!説明》
仲原遺跡

 υ05.カヤが復元されています。入口の向きがいろいろあります。    《C!説明》
仲原遺跡

 υ06.復元住居の中の様子です。     ヾ( `▽)ゞ       《C!大》
仲原遺跡

 υ07.2b号の復元住居。入口は東向き。説明板があります。      《C!大》
仲原遺跡

 υ08.1号復元住居。入口は南東向。小型の建物跡。人骨も発見。    《C!大》
仲原遺跡

 υ09.11号は屋根が復元されていません。     (・∀・)     《C!大》
仲原遺跡

 υ10.昔の人々の生活が島にありました。   w(゚o゚)w       《C!大》
仲原遺跡

 υ11.平面図があります。あっカタツムリ!    ヽ(゚◇゚ )ノ    《C!大》

 υ12.サトウキビ畑の向こうに伊計グスク。   (・∀・)    《C!遺跡図》
伊計グスク

 υ13.伊計島の木が残っている高い所。36.5m三角点確認したいけど、、、

 υ14.神山(しんやま)遺跡に行ってみましょう。    (・∀・)    《C!入口》
神山

 υ15.神山は神聖な拝所です。     (・A・)     《C!大》
神山

 υ16.【7:30】仲原遺跡の北側を歩いて車に戻ります。遺跡は木に囲まれています。
仲原遺跡

 υ17.【7:48】車で移動。今度はインナガー(犬名河・井戸)に向かいます。

 υ18.ここから海岸そばまで往復してきます。      (・∀・)

 υ19.手すりがついた遊歩道。海岸の手前に川がありました。   o(^▽^)o

 υ20.インナガー(犬名河)です。    γ(▽´ )ツ    《C!中の泉》
犬名河

 υ21.大泊ビーチが見えます。    ヽ(゚◇゚ )ノ       《C!大》

 υ22.大泊ビーチをズーム。まだ人がいません。     ヾ( `▽)ゞ
大泊ビーチ

 υ23.海の向こうの沖縄本島をズーム。うっすら見えました。   o(^▽^)o

 υ24.また少し移動。伊計島灯台を見に行きます。   ヾ( `▽)ゞ
伊計島灯台

 υ25.チョウチョがたくさんいます。アサギマダラです。    \(^_^)/  《C!》

 υ26.【8:08】伊計島灯台です。そんなに高くないけど光が届くようです。
伊計島灯台

 υ27.道を奥に進むと拝所。神聖な場所です。   (・A・)     《C!説明》

 υ28.樹間から大泊ビーチが見えます。奥に宮城島のタンクが見えます。  o(^▽^)o
大泊ビーチ

 υ29.【8:25】車移動。やはり36.5m山が気になります。近づいてみます。 (・∀・)

 υ30.ヤギがいます。山道が見つからないから三角点確認できず。別ルートあるのかも。

 υ31.伊計グスクです。これから行きます。奥に宮城島。   (・∀・)   《C!大》
伊計グスク

 υ32.【8:36】車移動。交差点から学校の方に歩いてみます。     ヽ(゚◇゚ )ノ

 υ33.ヌンドゥンチです。鳥居が赤いです。まわりは住宅地。     (・A・)

 υ34.この辺に猫が何匹かいます。飼猫《C!》もいました。     (=^・^=)

 υ35.石積を見て歩きます。かなり鳥が鳴いています。     ヾ( `▽)ゞ

 υ36.海岸に下りて伊計グスクを眺めます。きれいな景色。  \(^_^)/   《C!大》
伊計グスク

 υ37.伊計大橋の方向。ここから橋は見えませんでした。     γ(▽´ )ツ

 υ38.伊計ビーチ入口の反対の浜辺《C!》が見えます。あそこに移動します。
伊計グスク

 υ39.【8:59】干潮時だから浜を歩いて行けます。階段が見えます。    o(^▽^)o

 υ40.遊歩道を歩きます。南国気分。     \(^_^)/    《C!説明》

 υ41.上って振り返るとさきほどの浜辺が見えます。拝所がありました。

 υ42.【9:07】伊計グスクのピーク。49m。拝所があります。   (・A・)
伊計グスク

 υ43.狭い展望場から海を眺めます。南。右奥は宮城島。   \(^_^)/   《C!大》

 υ44.宮城島を眺めます。    γ(▽´ )ツ      《C!大》
宮城島

 υ45.南東。伊計島の住宅地です。港があります。    o(^▽^)o   《C!大》
伊計島

 υ46.伊計グスクの展望場から下山します。   (・∀・)     《C!石柱》
伊計グスク

 υ47.【9:16】遊歩道入口に戻りました。    o(^▽^)o     《C!海岸》

 υ48.ごつごつした岩です。      (・∀・)

 υ49.きれいな花が咲いています。      ヾ( `▽)ゞ

 υ50.【9:20】伊計島の広い交差点に戻りました。      o(^▽^)o
伊計島

 υ51.月桃(げっぺい)が咲いていました。       γ(▽´ )ツ
月桃



 

     伊計島(仲原遺跡・グスク)散策日記  H30.4.28

 伊計大橋を渡って伊計島に入りました。船を使わずに来られま した。朝早いから伊計ビーチはまだ開園していません。島の上に 進みます。静かな日曜の朝。明るくなっています。7時です。

 トイレがあります。ここに仲原遺跡まで100mの案内があり ました。さっそく島を歩きます。小さな遺跡がポツッとあると思 っていたのですが、これがすごかったです。知らないで見逃した らもったいないです。

 サトウキビなどの畑が広がっています。草原が多くて虫がよく 鳴いています。どう聞いても秋の虫なのですが、沖縄は冬眠期間 が短いのかも。録音できました。鳥もよく鳴いています。

 木に囲まれた中にあります。入口に大きな石斧のオブジェ。 入るとすぐに複数の復元住居が見えました。古代にタイムスリッ プした感じ。こんなところで人々が生活していたんですね。

 竪穴式住居1つずつに説明板があります。くぼみのまわりを石 積で囲って、屋根にカヤを敷いています。子供たちが体験学習で きるようになっています。入口の向きがいろいろありました。

 復元されていない住居もあるようです。島の別の場所にも遺跡 があると書いてありました。気になりますね。東屋など整備され た公園ですが、周囲は草木が茂って荒れていました。

 車に戻らずに周囲を歩いてみます。作業をしている畑があり、 音が響いています。伊計グスクが島の端に見えます。あとで行き ます。

 近くの高くて木が多いところが、地図にある三角点の36.5 m地点のようです。ビニールハウスの跡がありますが、草木が伸 びてぼうぼう。道が不明です。

 別の自然林に向かいます。入れる道がありました。神山(しん やま)と書いてあります。中は拝所でした。神聖な場所。昔から 人々の大切な場所だったようです。仲原遺跡をまわる形で車に戻 りました。

 車で移動しながら、部分的に歩いて観光。犬名河(インナガー) の案内があります。海岸近くに入口があり、遊歩道を下りました。 昔からの井戸があります。きれいな水。真水なんですね。

 海岸近くだけど、川が流れているから渡れません。道から見る だけにします。魚釣りをしています。川を渡ったんですね。遠く に大泊ビーチが見えます。きれいな砂浜、テントが並んでいます。 ズームしてみても人がいません。開園前です。

 今度は灯台を見に行きます。白い頭が見えていました。車が入 れる道が続いています。チョウチョを見ながら歩きました。灯台 近くに、アサギマダラなどがたくさんいて撮影できました。

 灯台は高くないのに遠くまで光を照らしているんですね。海岸 への道は不明。小路を進んだら男神と女神を奉る神聖な拝所があ りました。信仰されています。樹間から大泊ビーチが見えました。

 もう一度36.5m山を確認しにいきます。やはり草が多くて 道が不明。反対側にでもルートがあるのかもしれません。グスク が見えるのでそちらに行きます。まだあまり車が通りません。

 交差点から歩きます。学校や公民館の横を通って伊計の町を歩 きました。けっこう家があります。独特な石積の景色が沖縄を感 じさせてくれます。あっ猫だ。この辺は猫が数匹います。飼猫も いました。飼主さんにグスクの入口を教えてもらいました。

 海岸に下ります。観光用の船乗場のようです。ダイビングする 人が準備していました。目の前に伊計グスクの岩山がそびえてい ます。おだやかな海面に映って美しいです。

 伊計大橋がこちらから見えません。堤防の方に行ったら見える のでしょう。車道に戻って伊計ビーチ入口に向かいます。開園し たようです。この入口の反対に浜辺に下りる道がありました。

 干潮時でよかったぁ。満潮なら歩いて行けないそうです。見え ている階段に向かいます。案内板がありました。手すり付きの遊 歩道を歩きます。ジャングル探検の気分。途中、浜辺に下りる道 がありました。

 拝所があります。少し登るとまた拝所。大きな貝殻が奉られて います。狭いけどここがピークのようです。地図に49mと書い てあります。少し移動したら展望場がありました。

 海が広がっています。伊計島の町と港が見えます。右の方に岩 肌が険しい宮城島が見えています。険しいから海岸沿いに車道が 造れなかったんでしょうね。大きな魚がいそうです。

 グスクからも伊計大橋が見えません。伊計島灯台は見えました。 ヤブに入らないようにします。気温が上がって小さな虫が飛んで います。同じ道をゆっくり戻ります。

 浜辺に戻りました。美しい海、のんびりしたいです。少し見て から車道を上がって車に戻りました。けっこう伊計島を見てまわ りました。このあとは海中道路を通って那覇に戻ります。14時 半の飛行機で帰ります。


Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム