【広告】 ホコリを薬剤に吸着させてお掃除しませんか?  詳しくは ⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ



 積丹岬遊歩道と島武意海岸の旅情

  






   -山道歩の北海道の山行記録-
 
北海道地方
山行サイト
島武意海岸
山行記録
日本百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
他の地域
山行サイト

 島武意海岸ユーチューブ動画 約18分 夕刻と早朝です。

 

  北海道の積丹岬遊歩道と島武意海岸の案内地図


 積丹岬遊歩道と島武意海岸【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   積丹岬遊歩道と島武意海岸の近辺

 積丹岬遊歩道と島武意海岸【電子国土基本図参照】積丹岬遊歩道と島武意海岸の周辺・・・クリックで拡大      地図閲覧サービス(ウォッちず)
積丹岬遊歩道と島武意海岸

 
 

  積丹岬遊歩道と島武意海岸散策記録  27.7.25-26

 ■夕日と朝日を見たかったのですが雲がいっぱい。でも美しい景色でした。

 ⊆01.【17:10】積丹岬に向かって移動中です。ワッカケ岬を眺めました。\(^_^)/
ワッカケ岬

 ⊆02.【17:10】ローソク岩です。夕日と重ねたいですね。 γ(▽´ )ツ  《C!大》
ローソク岩

 ⊆03.セタカムイでまた眺めました。断崖ですね。   w(゚o゚)w
セタカムイ

 ⊆04.【17:58】広い車道を走っています。キタキツネがいました。  ヾ( `▽)ゞ
道

 ⊆05.【18:05】自然歩道入口発見。すぐに準備して入ります。  o(^▽^)o
道

 ⊆06.きれいな遊歩道。ふたりすれ違いました。岩が見えてきます。 (・∀・)
道

 ⊆07.【18:13】分岐。笠泊海岸。右の女郎子岩まで往復します。  《C!断崖》
笠泊海岸

 ⊆08.【18:21】笠泊海岸から0.6km。女郎子岩がありました。  《C!大》
女郎子岩

 ⊆09.義経伝説のシララ姫化身の女郎子岩。  (・A・)   《C!展望台》
女郎子岩

 ⊆10.【18:32】笠泊海岸に戻りました。夕暮れ時です。岩の先端が猫みたい。《C!》
笠泊海岸

 ⊆11.駐車場に戻らずに灯台に向かいます。熊の糞のにおいがするので注意。
道

 ⊆12.咲いている花を探しながらのんびり歩きます。  γ(▽´ )ツ
花

 ⊆13.木の階段です。整備がよいですね。   o(^▽^)o
木の階段

 ⊆14.標高134mにある灯台が見えました。左に入舸(いりか)の町。 《C!大》
灯台

 ⊆15.笠泊海岸の方を振り返ります。  (・∀・)
笠泊海岸

 ⊆16.【18:48】積丹出岬灯台です。すでに灯りが回っていました。 \(^▽^)/
積丹出岬灯台

 ⊆17.積丹岳や余別岳を眺めます。  ヾ( `▽)ゞ  《C!大》
積丹岳や余別岳

 ⊆18.灯台のところから見える海です。下が島武意(しまむい)海岸。
海

 ⊆19.草原に入って夕日を眺めます。雲が多くて残念。  γ(▽´ )ツ
夕日

 ⊆20.夕日を眺めていたら海になにか。。。大型フェリーでした。 ヾ( `▽)ゞ
フェリー

 ⊆21.積丹岬はまだ奥の方です。電線が続いています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
積丹岬

 ⊆22.【18:55】灯台から車道を下ります。  ヾ( `▽)ゞ
道

 ⊆23.灯台か300mの分岐。女郎子岩まで1.9km地点。  (・∀・)
道

 ⊆24.【19:00】島武意海岸入口。明日早朝に行きます。  γ(▽´ )ツ
島武意海岸入口

 ⊆25.【19:15】入舸集落を通って駐車場に戻りました。  \(^_^)/
駐車場

 ⊆26.【19:20】入舸の港から眺めています。もうすぐ暗くなります。  《C!大》
入舸の港

 ⊆27.【5:05】7/25の朝です。雨が止みました。出発。  o(^▽^)o
島武意海岸入口

 ⊆28.トンネルをでたら海が広がっていました。もう船の音がしています。
島武意海岸

 ⊆29.日が高くなってきています。雲で日の出が見れませんでした。 (・∀・)
島武意海岸

 ⊆30.海と花を見ながらジグザグに下りていきます。  ヾ( `▽)ゞ
島武意海岸

 ⊆31.白い花が咲いています。  o(^▽^)o
花

 ⊆32.フウロが咲いています。キスゲはタネになっていました。  (・∀・)
花

 ⊆33.険しい岩がある海岸です。またとんがっている岩があります。 《C!大》
島武意海岸

 ⊆34.丸い石が転がっている海岸です。  \(^_^)/
丸い石

 ⊆35.おだやかな海です。日の出を拝むのによさそうです。 γ(▽´ )ツ
海

 ⊆36.ウニ漁をしているようです。数隻いました。  o(^▽^)o
漁

 ⊆37.黄土色の断崖です。ツバメが飛んでいました。 《C!》   ヾ( `▽)ゞ
断崖

 ⊆38.こんなところでキャンプしていました。楽しいでしょうね。 \(^_^)/
キャンプ

 ⊆39.白っぽい岩をズームしてみます。  o(^▽^)o
キャンプ

 ⊆40.ハマナスの赤い実があります。  ヾ( `▽)ゞ
ハマナス

 ⊆41.浜辺の一角でたくさん咲いていました。  γ(▽´ )ツ
花

 ⊆42.積丹岬はまだあの奥です。見えません。西の方になります。 (・∀・)
西の方

 ⊆43.建物の跡があります。遊歩道に戻って上がります。  ヽ(゚◇゚ )ノ
建物の跡

 ⊆44.息を切らしながら階段を上りました。  (´・_・`)
階段

 ⊆45.トンネルのところから海岸を眺めます。  ヾ( `▽)ゞ
海岸"

 ⊆46.【5:59】駐車場に戻って入舸の町を眺めます。積丹岳に雲が。。。
積丹岳



 

    積丹岬遊歩道と島武意海岸散策日記  27.7.25-26

 塩谷丸山から下山して車で移動しています。以前神威岬に行っ てきれいな海岸だったので、今回も海を見ようと計画していまし た。積丹岬周辺の予定です。余市で買い出しをしてからドライブ しています。まだまだ明るいです。

 17時過ぎて海岸でワッカケ岬やローソク岩を眺めています。 美しい景色です。雲が空を覆っていますが、まだ日が当たってい るところがあります。夕焼けを見られることを期待して移動して います。

 国道229号線で古平や美国の集落を通過します。途中で積丹 岳登山口への道を見つけておきました。翌日登ります。そのすぐ 先で国道から別れて積丹岬への道を走ります。キタキツネがいま した。

 自然歩道の入口を発見。駐車場もあります。入舸の町からも道 がありますがこちらにしました。周遊するからわかる方から入れ ばいいです。5分で準備して出発。

 入口に6月にヒグマの糞が見つかっているから注意と書いてあ ります。ラジオとスズを使います。きれいな遊歩道です。外国の 観光の方がふたり下りて来られました。海岸の崖が見えてくると テンションがあがります。

 8分で笠泊海岸の分岐です。30m位下に海面が見えます。落 ちないように柵がしてあります。この見事なのが女郎子岩かなと 思ったのですが、まだ600m先のようです。往復してきます。 ウグイスが鳴いていました。

 木の展望台があります。ここから美しい海岸が見えました。ま た見事な崖です。そして海面からローソク岩のように長い岩がで ています。これが女郎子岩です。義経伝説のシララ姫の化身だそ うです。

 笠泊海岸に戻りました。暗くなるまでまだ時間がありそうです。 灯台に向かって進みます。きれいな遊歩道です。途中くさいにお いがしました。ヒグマの糞のようです。針ノ木岳でにおっていた ツキノワグマの糞と同じでした。

 木の階段を上がります。灯台に近づいています。南の方に積丹 岳や余別岳が見えています。明日は積丹岳からこちらを眺めてみ たいものです。入舸(いりか)の町も見えました。電灯が灯って います。

 18時48分です。積丹出岬灯台に着きました。すでに光が回 っています。誰もいません。海岸の崖を見たいけど草木で見えま せん。波打ち際の撮影ができませんでした。

 道があるから草原に入ります。ここから沈んでいく太陽が見え ました。雲に隠れていますが、少し明るいから位置がわかります。 天気がよかったら美しい夕日でしょうね。何か動いています。大 型フェリーがいました。

 暗くなる前に下ります。遊歩道を戻るよりも、灯台から舗装さ れた車道を下ります。19時に島武意海岸入口です。売店やトイ レが見えます。広い駐車場です。トンネルがあります。明日の朝 に見学するつもりです。

 曲がりくねって距離が伸びている車道を下ります。入舸の集落 に下りました。静かで人の気配がしません。みんな夕食中なのか もしれません。歩行者道を歩いて駐車場に戻りました。まだ明る かったです。


 深夜から雨がポツポツ降っています。嫌ですね。4時に目が覚 めた時はかなり降っていました。外に出る気がしないのでまた寝 ます。5時に目が覚めた時は雨がやんでいました。すぐに準備し て出かけます。

 トンネルを通って島武意海岸を見に行きます。足音が響きます。 目の前にオホーツクの海と島武意の荒々しい海岸が広がっていま す。素敵です。早朝ですが太陽が高くなっています。雲があるか ら日ざしはありません。波がおだやかでした。

 写真を撮ります。もう船が行き来しています。小船に人が乗っ てなにか探しています。ウニ漁をしているようです。たまに呼び 合う声が響いています。

 雨に濡れた遊歩道を下ります。海岸までけっこうあります。 花が咲いているから眺めながら下りました。岩場の景色も気にな ります。鳥の声も聞こえます。海岸には建物跡の石垣がありまし た。今は草木が茂っています。

 丸い石ころが転がっています。石探ししてみたいですね。岩が でている海の景色がきれいです。岩の景観が素晴らしいのでどこ を撮影しようか悩みます。黄色い断崖もあります。巣があるのか ツバメがたくさん飛んでいました。

 とがった岩があるからそちらに向かってみます。ハマナスの赤 い実があります。丸い石の間に角ばった黄色っぽい石の破片が混 ざってきました。断崖から剥がれているようです。いろんな景色 があって面白いです。

 とがった岩がよく見えます。その近くにテントがいくつか張っ てありました。ここでキャンプをしていたんですね。人がいない のに駐車場に車が8台くらい止まっているからおかしいと思って いました。まだ寝ているようです。

 まだ散策すればよいのですが、積丹岳登山に行くから戻ります。 一気にトンネルまで上がりました。もう一度海岸を眺めてから駐 車場に戻ります。

 売店の人が準備に来たようです。観光者も2台きたようです。 積丹岳に雲がかかっていますが、雨が降っていない内に登りたい です。朝食をすませてから移動します。

Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム