【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 牛を見てから登った芽室岳

  




-山道歩の北海道の山行記録-  .
 
北海道地方
山行サイト
芽室岳
山行記録
日本百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
他の地域
山行サイト
 

  芽室岳の案内地図


 芽室岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   芽室岳の近辺

大きな地図で見る

 芽室岳【電子国土基本図参照】芽室岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
芽室岳

芽室岳

 
 

  芽室岳の山行記録  平成22年8月21日

 ■ササが多いけど、みんな登りに来ていました。

 芽01.【5:47】芽室岳登山口に移動中です。天気は晴天ですよ。 o(^▽^)o
芽室岳登山口へ

 芽02.【6:05】牧場の柵を開けて入りました。牛さんいるかなぁ。 《C!牛》
柵

 芽03.【6:09】丸山牧場の中を移動中です。出る時にも柵がありました。
丸山牧場

 芽04.【6:32】駐車場で準備して出発します。もう何人かいました。\(^_^)/
駐車場

 芽05.すぐに芽室川を渡ります。水が冷たそうですよ。 γ(▽´ )ツ
芽室川

 芽06.【6:41】ササのやぶこぎです。不安になります。  w(゚o゚)w
道

 芽07.【6:45】樹林帯になってササが減りました。  ヾ( `▽)ゞ
道

 芽08.【7:14】急登が続きます。樹林帯は木陰だから助かります。 o(^▽^)o
道

 芽09.【7:30】芽室岳3kmの看板見つけました。本当かなぁ? (´・_・`)
道

 芽10.【7:52】またササがいっぱい。上から見ただけでは道がわからないよぉ。
道

 芽11.【8:05】青い空が見えています。頑張りましょう。 ヾ( `▽)ゞ
道

 芽12.【8:25】芽室岳の山頂が見えました。左の高いところです。\(^_^)/
芽室岳

 芽13.なだらかな道もあります。距離をかせがないと、、、  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 芽14.芽室西峰が見えました。今回は登りません。  o(^▽^)o
芽室西峰

 芽15.【8:46】また急な山道になっています。どんどん登りましょうね。
山道

 芽16.【9:00】狭い山道を登っています。虫が来ないのが幸運です。ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 芽17.【9:16】西峰との分岐に到着しました。  ヾ( `▽)ゞ
分岐

 芽18.分岐で5分休憩します。日が当たる場所でした。  γ(▽´ )ツ
芽室岳

 芽19.【9:25】木の根が多い歩きにくい道です。ゆるやかです。 (・∀・)
道

 芽20.岩があります。石が積んでありました。  \(^_^)/
岩

 芽21.最後の急登です。あれがピークでしょう。   ヾ( `▽)ゞ
道

 芽22.【9:36】ケルンです。山頂ではありません。一度少し下りますよ。
ケルン

 芽23.あそこが山頂ですね。あともう少しです。  γ(▽´ )ツ
芽室岳山頂

 芽24.【9:38】芽室岳山頂 1754m 本日一番。  \(^▽^)/
芽室岳山頂

 芽25.三角点と標識があります。岩がごろごろしています。 o(^▽^)o
芽室岳山頂

 芽26.山頂周辺の岩場は、休憩するときのイスになりますよ。 ヾ( `▽)ゞ
芽室岳山頂

 芽27.先ほどのケルンの峰と奥に西峰が見えます。  γ(▽´ )ツ
西峰

 芽28.日高の山々を眺めます。幌尻岳の方向ですがどれかなぁ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
日高

 芽29.登ってきた山道に日が当たっています。  \(^_^)/
山道

 芽30.丸山牧場や登山口の方向ですよ。このあとどんどん登ってきます。
登山口の方向

 芽31.帯広の方向です。平野部もうっすら見えています。 ヾ( `▽)ゞ
帯広

 芽32.【9:53】下山開始します。  o(^▽^)o
下山開始

 芽33.西峰を眺めます。とがってますね。山道が続いていました。γ(▽´ )ツ
西峰

 芽34.【10:09】西峰分岐です。何人か登ってきました。 (・∀・)
西峰分岐

 芽35.【10:35】同じ道をどんどん下りました。離合の時は待っていました。
道

 芽36.【10:55】急坂を下っていきます。  ヾ( `▽)ゞ
道

 芽37.【11:00】山頂から3km地点です。下りは早いですよ。
道

 芽38.ササやぶを抜けた先にベチャ道がありました。  (・∀・)
道

 芽39.【11:33】芽室川を渡って下山完了です。おつかれさまー。 o(^▽^)o
道

 芽40.着替えて移動します。【12:00】芽室岳を振り返りました。\(^_^)/
芽室岳



 

    芽室岳の登山日記  平成22年8月21日

 二百名山めぐりをしていました。ニペソツ山と駒ヶ岳がメイン目標です。その間の移動時に、ひと山登りたいと思って選んだのが芽室岳です。日帰りできるし、展望がよさそうでした。

 まだ人気のない早朝、登山口探して牧場めざしました。長い道路はちょっとわかりにくくて、少し遠回りになりました。牧場の柵を開けて、中を通してもらうんですね。牛がいたので楽しいです。

 駐車場には10台くらいとまっていました。小屋に泊まっていたようです。何人か入山するところでした。私も準備して出発。すでに明るくなっています。頑張りましょう。

 いきなりササが多いところがありましたが、短いので助かりました。樹林帯を登って行きます。けっこう急です。道が細くなっていったので、しっかり確認して歩きました。山道はそんなに迷うことはなかったです。

 暑くなってきます。ニペソツ山登山の疲れが残っています。無理しないようにしましょう。時間かかりますが、標高があがってきました。芽室岳や西峰が見えたらうれしいです。力が入りました。そして分岐に到着します。

 分岐からはなだらかな感じです。最初、木が多くて、木の根に足を取られて歩きにくいところがありました。ケルンのある峰を越しますが、高い木がなくなっているから、展望がよいです。朝の青空から、曇り空になっていました。

 先行して登っていった人たちは西峰にいったようです。芽室岳山頂には誰もいません。一番乗りです。次の人がくるまで独り占めしました。日高の山々が見えます。帯広の平野部も一部見えていました。

 レンタカーを返却して大沼に移動するため、山頂に長居はしません。下山開始しました。このあとは登山者とよく出会います。人気のある山だとわかりました。同じ道を下って駐車場に戻りました。

Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム