【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 由布岳登山と湯布院への下山

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
由布岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  正面登山口 標高770m
由布岳
 200名山 由布岳山頂(西峰)   1583m
由布岳
 

  由布岳の案内地図


 由布岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   由布岳の近辺

大きな地図で見る

 由布岳【電子国土基本図参照】由布岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
由布岳
 由布岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.03.28 -10    

 
 
 

  由布岳の山行記録   H21年3月28日

 ■福岡空港から大分に移動する間に、由布岳に登りました。

 ф01.【11:18】高速バスで湯布院に到着。正面登山口までバス移動します。
湯布院

 ф02.バスの車窓から由布岳の斜面を眺めます。枯れた草原です。
由布岳

 ф03.【11:55】バスを下りて、山道に入ります。天気は曇っていました。(・∀・)
由布岳

 ф04.まずは、由布岳の美しい姿を眺めます。うっとりしますね。o(^▽^)o
由布岳

 ф05.【12:07】ここにも登山口があります。山の急斜面へと入っていきますね。
登山口

 ф06.分岐があります。右は日向山1085mに行く道のようです。
分岐

 ф07.【12:34】合野越です。左に西登山口コースあります。下山時に使用します。
合野越

 ф08.山道を登ります。低いですが樹林帯で展望ありません。 (・∀・)
山道

 ф09.南に飯盛ケ城が見えます。あの麓に西登山口コースの山道があります。
飯盛ケ城

 ф10.湯布院の全体が望めました。  \(^_^)/
湯布院

 ф11.由布岳の、西峰と東峰を眺めます。めざすは、西峰。
由布岳

 ф12.木が減った山道を歩きます。つららがありました。
山道

 ф13.石段の山道を登ります。   ヾ( `▽)ゞ
石段の山道

 ф14.【13:31】マタエの分岐。右は東峰、左に進む。  ヽ(゚◇゚ )ノ
マタエ

 ф15.クサリがあります。注意して登りますよ。
クサリ

 ф16.あの岩は難しそうです。クサリもありますよ。 (・∀・)
あの岩は難しそう

 ф17.しっかりとクサリを握って歩きます。  o(^▽^)o
クサリ

 ф18.東峰との間にある火口です。  w(゚o゚)w
火口

 ф19.山頂近くにも、キリシマツツジがあります。
キリシマツツジ

 ф20.【13:50】由布岳西峰山頂。1583m。  \(^_^)/
由布岳西峰山頂

 ф21.由布岳の東峰です。標高は1582m。お鉢めぐりの道があります。ヽ(゚◇゚ )ノ
由布岳

 ф22.【14:13】マタエの分岐に戻ります。同じ道を下山します。
マタエの分岐

 ф23.どんどん下ります。道を直している人がおられました。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 ф24.【14:48】合野越で岳本方向に向かいました。16:04のJRに間に合わせます。
合野越

 ф25.由布岳を眺めます。山が大きく見えますね。
由布岳

 ф26.水が流れています。まだ冷たい季節でした。 (・∀・)
水

 ф27.【15:04】町を見ながら下ります。あと1時間! w(゚o゚)w
町

 ф28.岩を眺めながら早足で下りました。  o(^▽^)o
岩

 ф29.風を受けながら、さらに下ります。景色が広がっています。
景色

 ф30.由布岳を振り返ります。こちらのコースを登るのも楽しそうですよ。
由布岳

 ф31.【15:35】舗装路と合流。さらに急ぎました。お地蔵様よろしく!
舗装路と合流

 ф32.【15:48】ここに登山口案内があります。本当はここが正解!
登山口

 ф33.【16:01】由布院駅が見えました。賑やかな市街撮影はできませんでした。
湯布院

 ф34.1分前に、黄色のかわいい電車に乗りました。\(^_^)/ セーフ。
電車



 

  由布岳の山行日記   

 ∧195 由布岳   2009年3月28日

 大阪から福岡空港に移動しました。そこから湯布院への高速バスが、ちょうど良い時間にでることを知っていました。バスの旅も楽しみます。天気が曇っているのが気になります。由布院駅に着いたのは、11時半すぎました。

 路線バスの時間も調べていました。お昼を食べて乗り込みます。12時前に正面登山口に着きました。季節的には、山に登る人はまだ少ないです。それでもけっこういました。昼から登山は、けっこうあわただしいです。急ぎます。

 山道に入ると、枯れた草野原です。視界が広くて、由布岳が大きく見えます。うつくしいです。案内に沿って歩きます。案内板が多すぎるぐらいありました。樹林帯を歩きます。展望はなくなりましたが、石道の雰囲気がよいです。花はありません。合野越を通過しました。

 このころから、下山者とよくすれ違います。空気は冷たいですが、登りは体が熱くなります。高い木がなくなると、展望がよくなりました。飯盛ヶ城と湯布院の町が見えます。近いです。駅まで歩いて戻る計画でした。さらに上がると、由布岳の西峰と東峰が見えました。人の声もしています。早く山頂に立ちたい気持ちです。

 マタエの分岐から西峰をめざします。岩道ですが、クサリがあるので、しっかりと持ちました。ふらふらしてはいけません。風が冷たいです。つららもありました。展望がいいから、火口もよく見えます。今は活動していないようです。静かでした。そしてもう少し歩いていきます。

 標高1583mの由布岳西峰に登頂です。バンザーイ。この時間は、かなり下山したあとで、私ひとりで独占しました。東峰を眺めますが、今回はお鉢巡りしません。いつか青空の時に、まわります。じっとしていたら寒くなりました。

 同じ道を急いで下山します。合野越まで同じ道です。そこからは、西登山口に向かいます。ゆるやかな展望の良い山道です。木がないから、谷が深く見えて怖いくらいです。時計を見ながら急いでいます。16:04の電車に間に合わせたいです。写真を、さっと撮影しながら下っています。まわりには人がいません。

 道ははっきりしていましたが、林道にでてちょっと間違ったようです。本当は近い正規の道があったようです。舗装路をひたすら歩きます。湯布院のお土産屋さんもにぎやかでしたが、どんどん追い抜いて歩きました。駅には16:01に到着しました。すぐに荷物をロッカーから取りだして、電車に乗り込みました。あわただしい登山でしたが、こんどは、花が咲く季節に、ゆったりとまわりたいと思います。



【反省点】
  ・シャツをもう1枚もっていけばよかった。
  ・下山時に正規の道がわからなくなった。遠回りしてしまった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム