【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 雪の笹ヶ峰から眺めた瀬戸内海

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  
 
トップ
ページ
現在頁
笹ヶ峰
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  林道登山口 丸山荘経由
笹ヶ峰
 200名山 笹ヶ峰山頂   1860m
笹ヶ峰
 

  笹ヶ峰の案内地図


 笹ヶ峰【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   笹ヶ峰の近辺

大きな地図で見る

 笹ヶ峰【電子国土基本図参照】笹ヶ峰周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
笹ヶ峰
 笹ヶ峰 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H20.11.23 -10    

 
 
 

  笹ヶ峰の山行記録  H20年11月23日

 ■雪の笹ヶ峰から瀬戸内海と太平洋を眺めました。

 Τ01.【6:45】やっと明るくなった登山口を出発。まだうす暗いです。 o(^▽^)o
登山口

 Τ02.落ち葉を踏みながら登ります。サクサクと、、、ヽ(゚◇゚ )ノ
落ち葉

 Τ03.太いロープがありました。樹林帯の川沿いの道を登っています。
ロープ

 Τ04.苔むした岩のある谷部です。雪が積もっていました。\(^_^)/
岩

 Τ05.【7:30】宿というポイントです。昔建物があり、沓掛山との分岐。
宿

 Τ06.橋を渡ります。地図を見てから少し周辺散策しました。ヽ(゚◇゚ )ノ
橋

 Τ07.雪が増えました。アイゼンつけずに登ります。 (・∀・)
雪

 Τ08.東の方に山が見えています。山が白いです。
山

 Τ09.【7:58】丸山荘に到着しました。静かです。白い広場。
丸山荘

 Τ10.休憩中に笹ヶ峰を眺めます。安全に登りますよ。成功しますように(・A・)
丸山荘

 Τ11.【8:06】休憩後に出発します。山頂まで1.4km。(テント場)
丸山荘

 Τ12.急なササ原の道を登って、丸山荘を眺めます。沓掛山が見えます。
沓掛山

 Τ13.北の景色です。瀬戸内海が見えます。東予や今治が見えました。ヾ( `▽)ゞ
瀬戸内海

 Τ14.新居浜の町や海が見えています。  γ(▽´ )ツ
新居浜

 Τ15.ササの上の雪が溶けています。山道に白い雪がたまっています。
雪

 Τ16.石鎚山が大きく見えます。美しいですね。ヾ( `▽)ゞ
石鎚山

 Τ17.【8:55】笹ヶ峰山頂1860m!\(^▽^)/ 5人下山して独り占めです。
笹ヶ峰山頂

 Τ18.新居浜方面に瀬戸内海が見えますよ。  γ(▽´ )ツ
新居浜方面

 Τ19.赤石山系の、東側の山々です。  o(^▽^)o
赤石山系

 Τ20.剣山方向です。曇ってますが、視界が良好です。 (^∇^)   《C! 大》
剣山方向

 Τ21.室戸岬の方や太平洋が見えていますね。\(^_^)/
太平洋

 Τ22.高知と愛媛の県境の笹ヶ峰山頂を東から眺めました。
笹ヶ峰山頂

 Τ23.寒風山です。あちらにも登山道がありますよ。  《C! 大》
寒風山

 Τ24.石鎚山を眺めます。 o(^▽^)o   《C! ズーム》
石鎚山

 Τ25.【9:25】下山開始です。登ってくる人が増えてきました。 (・A・)
下山開始

 Τ26.けっこう靴に雪が入ります。つめたいです。
雪

 Τ27.【10:05】丸山荘に戻りました。日がさし始めました。 (・∀・)
丸山荘

 Τ28.【10:15】下山再開します。下りの雪道に注意しますね。
道

 Τ29.【10:23】朝よりはすべりにくい感じです。
道

 Τ30.雪がないとペースが速いです。【10:34】宿を通過します。
宿

 Τ31.どんどん下っていきますよ。  o(^▽^)o まだ登山者とすれ違います。
道

 Τ32.滝が見えます。展望台が欲しいですね。
滝

 Τ33.【11:03】駐車場が見えて、下山完了です。  ヾ( `▽)ゞ
駐車場

 Τ34.明るくなった沢を眺めました。
沢

 Τ35.車で移動中に笹ヶ峰を眺めました。  \(^_^)/
笹ヶ峰

 Τ36.まだ紅葉のある、ふもとの山です。
山

 Τ37.【13:20】新居浜駅です。
新居浜駅

 Τ38.新居浜駅から笹ヶ峰を眺めました。  《C! 大》
笹ヶ峰



 

  笹ヶ峰の山行日記

 ∧192 笹ヶ峰   2008年11月23日

 前日に東赤石山に登りました。午後の登山なので、夜はホテルで寝るだけでした。翌朝早く起きて車で移動します。笹ヶ峰も同じように、雪があることを想像します。まだうす暗い砂利の林道を走行して登山口に向かいました。途中の分岐の案内板をよく確認して、無事登山口に到着しました。

 初めての山道はいつも緊張します。川に流れ込む沢がいくつかあります。ベチャ道がなければよいです。体が温まると、宿という場所に着きました。昔はたくさんの小屋があったそうです。別子銅山に物資を運んでいたそうです。道を間違えないように、よく確認しました。この先は雪道になります。

 滑るから、ふんばって歩いていました。やがて丸川荘に到着します。白い雪の景色です。人がいなくて静かでした。さらに歩いて、樹林帯を抜けたら、一面ササ野原の山でした。展望がよいです。丸川荘や沓掛山が見えます。今治や瀬戸内海も見えました。少し深くなった雪を踏んで登ります。

 標高が上がっていきます。気温が下がっているようです。西に石鎚山が見えますが、とても見事です。最後は稜線を歩いて山頂になりました。登頂成功です。山頂はけっこう広いです。360度の展望があります。赤石山系の山々も見えます。剣山の方もよく見えました。そして、太平洋がわかります。室戸岬の方です。西には、寒風山や石鎚山があります。北には瀬戸内海が見えていました。

 景色を楽しんだから下山します。下りは雪が靴によく入ります。登山者とすれ違います。あいさつをして、また元気よく下りました。丸川荘で10分休憩します。日が当たりだしました。下の方の雪は溶けていくでしょうね。また下山します。同じ道です。宿から川沿いに駐車場まで下りました。



【反省点】
  ・天気回復なら、山上でゆっくり待てばよかった。
  ・雪の寒さ対策を もう少ししておくべきだった。
  ・寒風山まで寄り道できなかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム