【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 
 

 夕暮れ下山した東赤石山

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
東赤石山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  瀬場口(筏津口よりやや東寄り)
東赤石山
 200名山 東赤石山山頂   1707m
東赤石山
 

  東赤石山(ひがしあかいしやま)の案内地図


 東赤石山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   東赤石山の近辺

大きな地図で見る

 東赤石山【電子国土基本図参照】東赤石山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
東赤石山
 東赤石山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H20.11.22 -13    

 
 
 

  東赤石山の山行記録  H20年11月22日

 ■新居浜から車で移動して午後登山した東赤石山です。

 χ01.【9:30】特急しおかぜで移動中。晴天の瀬戸内海。早く登りたいです。
瀬戸内海

 χ02.【10:20】新居浜駅から東赤石山を眺めます。太陽がまぶしいです。
東赤石山

 χ03.【11:40】筏津に到着。登山口工事中。別の登山口探しします。w(゚o゚)w
筏津

 χ04.【11:53】瀬場口から登山開始。山道に入りました。標高650m。ヽ(゚◇゚ )ノ
瀬場口

 χ05.【12:06】筏津からの道と合流。水場があります。畑跡ありました。
道

 χ06.八間滝が木の間から見えます。落ち葉がある季節ですね。 ヾ( `▽)ゞ
八間滝

 χ07.【12:30】瀬場谷の橋が見えました。 標高960mです。
瀬場谷

 χ08.瀬場谷の橋を渡ります。ここで2コースに分かれます。右から周遊します。
瀬場谷

 χ09.沢の滝を見ながら登ります。冷たい水ですよ。  γ(▽´ )ツ
滝

 χ10.沢沿いの岩場を歩きます。
沢沿いの岩場

 χ11.【13:25】雪が残る石道を歩きます。   (・∀・)
石道

 χ12.木の間から南の景色が見えます。石道を登っています。
南の景色

 χ13.【14:07】横道と合流しました。展望がよくなってきます。 (o^-^o)
横道

 χ14.【14:10】上に登ります。ここから往復してきますね。
道

 χ15.南西方向に笹ヶ峰が見えています。 \(^_^)/
笹ヶ峰

 χ16.とがった岩に日が当たっています。白いバラ模様が多いです。
白いバラ模様

 χ17.【14:23】赤石越。八巻山の道は雪が多そう。右に進みますね。ヽ(゚◇゚ )ノ
赤石越

 χ18.ベチャ道があって、靴が濡れだします。  (´・_・`)
ベチャ道

 χ19.東赤石山の山上を見ながら、進みますよ。もう少しです。
東赤石山

 χ20.【14:34】東赤石山山頂 1707m。やったー。やっほー。\(^_^)/ c!
東赤石山

 χ21.八巻山は石の赤と雪の白です。歩きにくそうです。今回は行きません。
八巻山

 χ22.石鎚山、笹ヶ峰、別子ダム湖が南西に見えます。  γ(▽´ )ツ
石鎚山、笹ヶ峰、別子ダム湖

 χ23.瀬戸内海が見えます。右に新居浜の町が写っています。 ヾ( `▽)ゞ
瀬戸内海

 χ24.新居浜の町をズームしてみますね。ず――む。
新居浜の町

 χ25.下の方を眺めてみます。ちょっと怖いですね。 (・∀・)
下の方

 χ26.この岩の上が一番高いようです。タッチしてきます。\(^_^)/
東赤石山

 χ27.東の権現山を眺めます。山道もあるようです。
権現山

 χ28.雪が積もっていて寒いです。バラ模様があります。 
東赤石山

 χ29.【15:11】分岐まで下って、赤石山荘に向かいます。
分岐

 χ30.岩と空を眺めます。まだ明るいですよ。  ヾ( `▽)ゞ
東赤石山

 χ31.八巻山を眺めます。岩山ですね。
八巻山

 χ32.【15:30】誰もいない赤石山荘です。 煙突もありますよ。
赤石山荘

 χ33.【15:34】すぐに手前の分岐に戻って下山開始します。 (・∀・)
分岐

 χ34.どんどん下ります。水がきれいです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
水

 χ35.【16:15】いくつも橋を歩いて下山しています。暗くなりそうです。
橋

 χ36.【16:47】瀬場谷の分岐に戻りました。慎重に急ぎますね。 w(゚o゚)w
瀬場谷

 χ37.民家が見えます。少し安心。樹林帯は暗いのでライト使用します。(´・_・`)
暗い

 χ38.【17:16】瀬場に下山完了。静かです。街灯がともっていました。o(^▽^)o
瀬場



 

  東赤石山の山行日記


  ●笹ヶ峰から眺めた、東赤石山です。
東赤石山

 
 ∧191 東赤石山   2008年11月22日

 四国にある200名山を、登頂しておこうと思います。特急しおかぜに乗り、新居浜で車を借りて別子にある登山口に向かいました。筏津の登山口は工事中で、瀬場口から登りました。昼からの登山になります。急ぎました。

 道がはっきりしています。筏津からの道と合流して、瀬場谷でふたつのコースから、右のコースを選びました。沢沿いのコースは、美しい水の流れを見て楽しいです。下山者数人とすれ違いました。

 沢から離れて石道を歩きます。雪が少し残っています。上が心配です。東赤石山の山頂に進みます。分岐からさらに登っていますが、いまだに水が流れています。雪解け水です。ベチャ道で靴が濡れていきました。振り返ると、南の展望が広がっていました。きれいな景観です。

 やがて雪が積もっている場所になりました。まだ浅い雪です。赤石越で道を確認して東赤石山の山頂に到着しました。雪が少しあります。まず最初に撮影します。北に瀬戸内海が見えています。新居浜の町も見えます。南に四国山地がそびえています。石鎚山や笹ヶ峰を眺めます。雄大です。東の権現山の方にも道がありました。歩いてみたいです。西の八巻山は、下山方向ですが、時間と雪の都合で行きませんでした。

 分岐に戻って、雪を踏みながら歩きました。赤石山荘は閉まっていました。雪でべちゃべちゃでした。東赤石山は、高山の花が多いというので、初夏に登ってみたいです。少し戻って分岐を、沢沿いに下山していきます。11月下旬なので夕暮れが早いです。

 駐車場に戻った時は、うす暗くなっていました。新居浜の宿に泊まり、翌日の午前中に、雪の笹ケ峰に登って、新居浜から高速バスで、大阪に帰りました。けっこうハードな計画でした。24時間内にふたつの山頂に立ったことになります。



【反省点】
  ・昼からの登山、もう少し早く登ればよかった。(でもギリギリだった。)
  ・ベチャ道で靴を濡らしてしまった。靴下の予備など用意すべきだった。
  ・前日移動で、早朝登山できる計画を考えるべきだった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム