【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 秋のススキ野原を眺める三瓶山

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
三瓶山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 西の原登山口  
三瓶山
 200名山 男三瓶山山頂   1126m
三瓶山
 

  三瓶山の案内地図


 三瓶山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   三瓶山の近辺

大きな地図で見る

 三瓶山【電子国土基本図参照】三瓶山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
三瓶山
 三瓶山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H20.11.29 -11    

 
 
 

  三瓶山登山の写真

 ■本格的に雪が積もる前に、島根の三瓶山に登りました。
  ススキが枯れて、晩秋の景色です。日が当たると輝きます。

 Ч01.西の原レストハウス。シーズンオフは閑散としています。
レストハウス

 Ч02.【10:15】定の松から山に入ります。ぽつんとめだつ松です。
定の松

 Ч03.登山口の案内を見て歩きます。男三瓶山が見えます。ヾ( `▽)ゞ
男三瓶山

 Ч04.ススキが風で揺れます。   (´・_・`) もうすぐ冬だなぁ
ススキ

 Ч05.【10:31】遊歩道から山道に入ります。案内板を確認しました。
案内板

 Ч06.花かと思って近づいたら、紅葉した葉っぱでした。ヽ(゚◇゚ )ノ
紅葉した葉っぱ

 Ч07.少し雨がパラついた後、樹林帯を抜けて草原帯の山道を歩きます。
山道

 Ч08.子三瓶山が近くに見えます。今回は登りません。
子三瓶山

 Ч09.日が当たっている西の原を眺めます。定の松も見えました。
西の原

 Ч10.山上にもススキがたくさんあります。楽しい山歩きですよ。o(^▽^)o
ススキ

 Ч11.男三瓶山山頂はもうすぐです。三瓶山の最高峰をめざします。
男三瓶山

 Ч12.【11:45】男三瓶山山頂。1126m  \(^_^)/ 曇り空です。
男三瓶山山頂

 Ч13.少し白い雪があります。日が当らないと冷たい感じです。
男三瓶山山頂

 Ч14.避難小屋めざしてゆるやかに下ります。きれいな小屋でした。
避難小屋

 Ч15.北の景色を眺めます。日本海がうっすら見えました。
北の景色

 Ч16.日が当たる山道をくだって、女三瓶山に向かいます。 (^∇^)
山道

 Ч17.室内池をズームして眺めます。風で波が起きています。
室内池

 Ч18.広い遊歩道を登ります。電波塔がたくさんありますよ。
女三瓶山山頂

 Ч19.【12:46】女三瓶山山頂。 950m  γ(▽´ )ツ
女三瓶山山頂

 Ч20.東のスキー場を眺めます。
スキー場

 Ч21.【13:06】分岐に到着。左はゲレンデ。右の室内池に下りました。
分岐

 Ч22.日が当たった室内池。くぼ地だから、また登りがあります。
室内池

 Ч23.女三瓶山を振り返ります。天気が回復してきています。
女三瓶山

 Ч24.【13:53】孫三瓶山山頂 907m。 ヾ( `▽)ゞ
孫三瓶山

 Ч25.子三瓶山を眺めます。明るくなっていました。今回は行きません。
子三瓶山

 Ч26.孫三瓶山から眺める、男三瓶山は壮大ですね。 o(^▽^)o
男三瓶山

 Ч27.【14:23】三瓶温泉近くの車道に下山しました。
下山

 Ч28.国民宿舎前のバス停。
バス停

 Ч29.国民宿舎さんべ荘で入浴。気持ちよかったです。 \(^_^)/
国民宿舎さんべ荘

 Ч30.日が当たっている、子三瓶山。
子三瓶山

 Ч31.下山後に、西の原から眺めた男三瓶山。
男三瓶山



 

  三瓶山の山行

 ∧189 三瓶山   2010年11月29日

 日本百名山が完了して、少しずつ200名山を登っています。地元から近い、三瓶山がまだなので、早く登りたかったです。私は、雪がたくさん積もったら行かないので、今のうちに登っておこうと思いました。ちょうど出雲に帰る人の車に乗せていただきました。

 西の原で準備します。10時過ぎたのに誰もいません。寂しい感じです。雨模様だからでしょう。位置と帰りのバス時刻を確認して、定の松から登山開始しました。ススキが多いです。樹林帯の時に、雨が降ったので、カッパを着ましたが、すぐに止みました。

 草原帯の山道になって、展望がよくなります。上もススキ野原で、秋色です。なだらかで、とても楽しい山歩きです。山頂は広いです。雪が少し積もっていました。360度の展望があるのですが、空に雲が多かったです。空気が冷たいです。シャツも着替えました。

 避難小屋によってから、女三瓶山に向かいます。天気の回復を願っていると、たまに日が当たるようになりました。スキー場からの遊歩道に合流して、電波塔の多い女三瓶山山頂に到着です。建物の影で電話しましたが、携帯はつながりました。

 今度は、室内池に下ります。池の水面が明るくて、雰囲気がよいです。下った分、また登ります。けっこう疲れてきていますが、孫三瓶山の山頂に着きました。なんと、青空がでて、男三瓶山、子三瓶山が大きく、雄大に見えます。とてもきれいな景色です。

 南に下山して、三瓶温泉で汗を流して、体をあたためました。その後、バスで移動しましたが、日が当たった三瓶山が美しかったです。今度は、北ルートや東ルートを、歩きたいと思いました。



【反省点】
  ・温かい昼食を作る準備をしておけばよかった。
  ・天気よくなったから、子三瓶山も登ればよかった。
  ・もう少し温かいかっこうをすればよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム