【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 残雪の上蒜山と中蒜山を縦走

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
蒜 山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  
蒜山
 200名山 上蒜山山頂   1202m
蒜山

 蒜山ユーチューブ動画 約34分
 

  蒜山の案内地図


 蒜山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   蒜山の近辺

大きな地図で見る

 蒜山【電子国土基本図参照】蒜山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
蒜山
 蒜山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H23.04.21 -13    

 
 
 

  上蒜山、中蒜山の縦走写真

 ■瀬戸内のでは、桜が終わる頃、中国山地の蒜山はまだ早春でした。
  山の上には雪があります。目的は、上蒜山の山頂です。

 Й01.【11:50】バス下りて、にぎやかな高原センターから出発。遅い登山開始。
センター

 Й02.残雪で白い大山を眺めながら歩きます。  ヾ( `▽)ゞ 《C! 大》
大山

 Й03.上蒜山の登山口めざして、車道を歩きます。 《C! 大》 γ(▽´ )ツ
上蒜山

 Й04.百合原牧場の登山口を通過します。
百合原牧場の登山口

 Й05.【12:30】景色を眺めたあとで、樹林帯の登山口も通過します。
百合原牧場の登山口

 Й06.静かな樹林帯を歩きます。この時は倒木もありました。
樹林帯

 Й07.西側にある、皆ヶ山を眺めます。明日登ります。(明日天気心配)《C! 大》
皆ヶ山

 Й08.【13:32】槍ヶ峰に到着。広い展望を眺めて歩きます。o(^▽^)o
槍ヶ峰

 Й09.東側に中蒜山が望めます。  《C! 大》
中蒜山

 Й10.上蒜山を目の前にして歩きます。  《C! 大》
上蒜山

 Й11.【14:00】雪の中の上蒜山山頂。1202m  \(^_^)/
上蒜山山頂

 Й12.鳥取側(北)の景色を眺めます。
鳥取側(北)の景色

 Й13.足跡のない残雪を踏んで、三角点のあるピークに向かいます。(往復)
残雪

 Й14.三角点のある、1200mピーク。  o(^▽^)o
1200mピーク

 Й15.【14:26】再び、上蒜山山頂でーす。
上蒜山山頂

 Й16.中蒜山見ながら、雪道注意して下ります。クサリ場もあります。
中蒜山

 Й17.鞍部めざして歩いています。 雪のないとこにでたいです。
蒜山

 Й18.雪のない、ササ原を安心して歩きます。ベチャ道あります。
蒜山

 Й19.再び登ります。残雪帯も歩きます。 w(゚o゚)w
残雪帯

 Й20.尾根の避難小屋に到着。中を覗いてみました。
避難小屋

 Й21.【15:24】中蒜山山頂に到着。 標高 1123m。 \(^_^)/
中蒜山

 Й22.西側に、上蒜山が大きく見えます。 《C! 大》 ヾ( `▽)ゞ
上蒜山

 Й23.中蒜山から下山します。
中蒜山

 Й24.下蒜山を眺めます。早朝から登り始めたら行けたのになぁ。
下蒜山

 Й25.【15:43】下蒜山との分岐から、塩釜めざして下山します。
分岐

 Й26.下山中に、日留神社にお参りします。 (・∀・)
日留神社

 Й27.まだ残雪の道があります。注意して歩きました。
残雪

 Й28.広い道にでる前に、登山道の案内がありました。
案内

 Й29.【16:45】塩釜の登山口。この辺りは、地域物産販売のお店が多いです。
塩釜の登山口

 Й30.名水百選の、塩釜の冷泉の水です。 o(^▽^)o
塩釜の冷泉の水

 Й31.下蒜山は、いつか登ります。と誓いました。 《C! マンホール》
下蒜山

 Й32.中蒜山の南側の車道を歩きます。夕暮れ間近です。 《C! 大》
中蒜山

 Й33.夕日の当たる上蒜山を、眺めて歩きます。
上蒜山

 Й34.夕日に向かって歩きます。どこか近道できないかなぁ。ヽ(゚◇゚ )ノ
蒜山

 Й35【18:15】.蒜山高原センターに戻りました。コブシが咲いています。
コブシ

 おまけ  大山をズームした写真です。
大山



 

  昼から急いで登った、上蒜山と中蒜山

 ∧188 上蒜山   2011年4月21日

 200名山めぐりになる上蒜山登山です。真夏は暑そうだから、春の山登りにしました。瀬戸内は桜が終わったので、蒜山も温かくなったかなと思っていましたが、まだ寒い空気でした。花もこれからです。

 贅沢して新幹線で、岡山に移動しました。バスで蒜山高原へと向かいます。けっこう時間がかかるので、ついたのは11時半です。すぐに準備してでかけました。翌日の天気予報が雨になったので、上蒜山に先に登ることにしました。昼からの登山だから、夕暮れ時刻との勝負になります。下蒜山は無理です。

 にぎやかな遊園地を横目に、百合原牧場めざします。上蒜山が大きく見えています。わくわくしています。成功させなくてはいけません。12時半すぎに、登山口を出発しました。少しの間、樹林帯です。そして、すぐに急坂の展望のよい山道になりました。下山者3名とすれ違っただけです。

 体を熱くして登っています。たまに息があがります。槍ヶ峰に到着しました。立ち休憩で、景色を眺めると、美しい中蒜山が目前に広がっています。白い残雪が見えます。そして、ゆるやかな道を、上蒜山山頂めざして歩いていきます。

 雪の上も歩きます。日が当たるとこは、ベチャ道もありました。ピークは樹林帯です。大木がけっこうあります。1202mの山頂です。この西に三角点のある、1200mピークがあります。そこまで往復してきました。鳥取側の景色も眺めました。北斜面は雪が多く残っています。

 急な細い道を東に下って、また登ります。山上付近の樹林帯は、残雪でした。小屋に立ち寄ってから山頂に到着しました。ここからの景色も素晴らしいです。西に、上蒜山が大きく見えます。南に下山する蒜山高原が見えます。もうすぐ夕刻、急いで下山開始です。

 下蒜山は眺めるだけです。分岐から塩釜に下ります。樹林帯の道です。塩釜には、名水百選の冷泉があります。少しいただきました。この辺りは、お店があって楽しいです。ニジマスの養殖もしていました。魚が跳ねています。あとは車道を歩いて、高原センターへと戻りました。



【反省点】
  ・移動時間がかなりかかった。車で行くのがよかったかもしれない。
  ・雪があれだけ残っていると予測していなかった。
  ・蒜山高原をもっと楽しめばよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム