【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 夏の武奈ヶ岳と八雲ケ原

  



   -山道歩の祈幸日本二百名山-
 
トップ
ページ
現在頁
武奈ヶ岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  大山口(比良駅)
武奈ヶ岳
 200名山 武奈ヶ岳山頂   1214m
武奈ヶ岳
 

  武奈ヶ岳の案内地図


 武奈ヶ岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   武奈ヶ岳の近辺

大きな地図で見る

 武奈ヶ岳【電子国土基本図参照】武奈ヶ岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
武奈ヶ岳

武奈ヶ岳
 武奈ヶ岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]
近畿山行L11に記録    

 
 
 

  武奈ヶ岳の山行記録  H19年7月28日

 ■比良駅から歩いて、青ガレコースを登りました。

 §01.【7:36】天気いいです。車窓から比良山系を眺めました。 o(^▽^)o
比良山系

 §02.【7:40】比良駅に着きました。登山口まで歩きますよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
比良駅

 §03.登山口に近づいていますよ。頑張れー。ファイト!暑い夏です。ヾ( `▽)ゞ
道

 §04.【8:25】谷口です。右に行くと昔のリフト乗り場。直進します。(登山届)
谷口

 §05.【8:34】車道終点に駐車場があります。歩きましたよ。  (・∀・)
駐車場

 §06.【8:50】大山口です。少し休憩します。登っている人いますよ。γ(▽´ )ツ
大山口

 §07.【9:04】青ガレコースです。沢沿いに進みました。水量豊富ですよ。
青ガレコース

 §08.【9:17】樹林帯の道です。いくつかの堰をこえていきました。 o(^▽^)o
道

 §09.【9:27】青ガレ前の木橋です。少し休憩します。 γ(▽´ )ツ
木橋

 §10.青ガレを歩きます。けっこうしっかりしています。 \(^_^)/
青ガレ

 §11.【9:56】赤い目印を探しながら歩いています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 §12.小石が転がります。急です。道はわかります。  (・∀・)
道

 §13.【10:21】金糞峠880mに到着でーす。風が気持ちいい。 o(^▽^)o
金糞峠

 §14.【10:36】琵琶湖を眺めて休憩していました。再出発です。 γ(▽´ )ツ
琵琶湖

 §15.【10:41】分岐です。この先で川を渡ります。木橋がありました。(・∀・)
分岐

 §16.小さな滝があります。何度も川を渡ります。  (・A・)
滝

 §17.【11:16】植林の中を歩きます。見事な大木ですね。 γ(▽´ )ツ
大木

 §18.【11:28】中峠1060mに到着。  ヾ( `▽)ゞ
中峠

 §19.樹林帯の山道を登っていきます。  (・∀・)
山道

 §20.【11:56】コヤマノ岳です。左へ進みました。  \(^_^)/
コヤマノ岳

 §21.【12:01】右にいくとユーエンコースで八雲に向かう分岐です。 ヽ(゚◇゚ )ノ
分岐

 §22.【12:05】また分岐です。 右が八雲です。左に進みます。 o(^▽^)o
分岐

 §23.草原のになりました。頑張っています。あともう少し。  γ(▽´ )ツ
草原

 §24.尾根を歩いています。見えてきました。日がさしたり、かげったりです。
武奈ケ岳

 §25.【12:17】武奈ケ岳1214m山頂に到着。 \(^▽^)/ トンボ多いです。
武奈ケ岳

 §26.釣瓶岳が見えました。くもってかすんでいます。ヾ( `▽)ゞ 《C!パノラマ》。
釣瓶岳

 §27.八雲ケ原の方向です。北比良峠まで遠いです。  ヽ(゚◇゚ )ノ 《C!大》
八雲ケ原の方向

 §28.【12:35】暑いので下山します。沢のほとりで食事をしたいですね。γ(▽´ )ツ
下山

 §29.【12:43】分岐です。八雲ケ原へ進みました。  (・∀・)
分岐

 §30.【13:06-13:45】沢のほとりで昼食中です。 o(^▽^)o
沢のほとり

 §31.沢の水が増えました。こちらも水がきれいですよ。  ヽ(゚◇゚ )ノ
沢

 §32.【14:05】八雲ケ原に着きました。池があります。  ヾ( `▽)ゞ
八雲ケ原

 §33.昔あった八雲ヒュッテはなくなっています。  (・∀・)
八雲ケ原

 §34.イモリやオタマジャクシがいます。 γ(▽´ )ツ
八雲ケ原

 §35.湿原の池です。池に写る木がきれいですね。  o(^▽^)o
八雲ケ原

 §36.八雲湿原の木道の景色が良いです。この時期は花がないですね。草ばかりです。
八雲湿原

 §37.【14:24】釈迦岳への道があります。 ヽ(゚◇゚ )ノ
釈迦岳への道

 §38.【14:26】北比良峠に到着しました。 \(^_^)/ 背後は武奈ケ岳です。
北比良峠

 §39.琵琶湖と比良の町を見下ろしました。  o(^▽^)o
琵琶湖

 §40.【14:34】下山道に入ります。 ダケ道へ進みました。 (・∀・)
道

 §41.分岐で右の大山口へ向かいました。 γ(▽´ )ツ
道

 §42.【15:06】急な道を下って、かもしか台です。 琵琶湖が見えません。
かもしか台

 §43.【15:39】大山口の分岐に戻りました。顔を洗いますよ。\(^_^)/
大山口

 §44.琵琶湖を見ながらくだっています。  ヾ( `▽)ゞ
琵琶湖

 §45.【16:00】谷口に到着しました。
谷口

 §46.【16:30-16:55】温泉まで歩いていきました。入浴後、送迎バスで比良駅へ。
温泉



 

  武奈ヶ岳の山行日記  H19年7月28日

 琵琶湖の西の武奈ケ岳は以前登ったことがあります。その時はデジカメがなかったので、写真をパソコンに取り込むことができません。改めて写真を撮るために登りに行きました。

 比良駅に着きましたが、バスがないので歩くことにしました。計画していたことです。田園地帯は風がさわやかです。足慣らしになりますが、1時間くらいかかってしまいます。迷うことなく谷口に着きました。登山届をだします。

 大山口に向かいます。駐車場に車がとまっているので、登っている人が多そうです。青ガレコースを登って、北比良峠から下山することにしました。しばらく川沿いの道です。樹林帯なので助かります。

 急な登りになると、体が熱くなってきます。休みながら登りました。青ガレは注意して登ります。石でバランスくずすことはありませんでした。それでも体力使います。最後の急坂を登ると 金糞峠につきました。

 琵琶湖を見ながら休みました。山の上ですが、川に水が多く流れています。何回も渡河しながら武奈ケ岳めざします。分岐がたくさんあるので、多くのコースがまじっているようです。コヤマノ岳を通過します。稜線歩きでした。

 高い木がなくなって草原帯になります。急な道を登りきると、武奈ケ岳山頂が見えてきました。30人くらい人がいます。山頂についてからは、しばらく360度の展望を楽しみます。釣瓶岳などの山々が見えていました。朝と違ってくもってきたので琵琶湖がはっきりしませんでした。

 山頂は暑いので、沢があるところまで下ります。八雲ケ原へと向かっています。途中、昼食にしました。木陰だと涼しいです。食べたので荷物も少し軽くなりました。その後、八雲ケ原へと入っていきました。

 昔はスキー場があり、八雲ヒュッテが建っていたところです。今はなにもありません。自然保護のために完全撤去したようです。湿原と池は以前同様ありました。イモリがいるのを覚えています。けっこういました。オタマジャクシも泳いでいます。

 木道を歩いて、なにか花がないか探しましたが見つかりません。もう咲き終わったのでしょう。春に花がたくさん咲きそうです。もしかしたら、これからまた咲くのかもしれませんね。

 このあとは北比良峠に行きます。以前は、小屋やリフトがあったのですが、今はケルンがある広場です。寂しい気もしますね。登山できる人でないと来られなくなりました。ここからは琵琶湖を眺める展望があります。

 本格的に下山です。樹林帯の道を下りますが、急なところもあります。足を痛めないペースで歩きました。案内板を見て行先を確認します。登山時に通った大山口めざしています。やがて無事下山できて、駐車場前の車道を下りました。

 谷口を通過します。このまま温泉まで歩きました。汗を流すために入浴します。送迎バスが17時にあるので、それまでの入浴でした。その後電車で帰りますが、けっこう歩いたのと、暑さで疲れていました。車がよかったかも。



【反省点】
  ・登山口まで車でいった方がよかったかもしれない。
  ・花を見つけてみたかった。
  ・暑さで体力消耗した。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム