【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

         キリの中を登った釈迦ヶ岳

  





-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
釈迦ヶ岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  栗平線口
釈迦ヶ岳
 200名山 釈迦ヶ岳山頂   1800m
釈迦ヶ岳
 

  釈迦ヶ岳の案内地図


 釈迦ヶ岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   釈迦ヶ岳の近辺

大きな地図で見る

 釈迦ヶ岳【電子国土基本図参照】釈迦ヶ岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
釈迦ヶ岳
 釈迦ヶ岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]
近畿山行P20に記録    

 
 
 

  釈迦ヶ岳の山行記録  H20年5月5日

 ■雲がかかっている釈迦ヶ岳に登りました。

 ♪01.【5:25】車移動中。国道168号と分かれて旭ダム方面へ。 o(^▽^)o
国道168号

 ♪02.登山口で雨が止むのを待ちました。標高1320m。20分でやみました。
登山口

 ♪03.【6:28】ひとりしずかに登山口に入ります。車は何台かとまっていました。
登山口

 ♪04.カッパを着て歩いています。しばらくはササが多く、道が急ですよ。(・∀・)
道

 ♪05.コケむしている岩が多いです。キリで視界が悪く道が濡れています。
道

 ♪06.尾根道になりました。キリの中です。  ヾ( `▽)ゞ
道

 ♪07.【6:51】バイケイソウが群生している山道です。花はまだでした。
道

 ♪08.キリが立ち込める幻想的な景色です。   (・∀・)
キリ

 ♪09.【7:07】不動谷小屋口との分岐点です。  γ(▽´ )ツ
分岐

 ♪10.【7:20】背の低いササが増えました。カッパを脱ぎますね。 ヾ( `▽)ゞ
ササ

 ♪11.釈迦ケ岳見たいけどキリで見えませんね。木が浮いてるように見えます。
キリ

 ♪12.花がない山道を進みます。ゆるやかなとこもあります。  γ(▽´ )ツ
山道

 ♪13.立ち枯れの木もあります。静かな道を歩いています。  (・∀・)
山道

 ♪14.【8:03】広い場所です。右が野営場、左が登山道です  o(^▽^)o。
分岐

 ♪15.【8:15】水場です。冷たくておいしいです。  \(^_^)/
水場

 ♪16.坂が急になりました。下山してくる人がいますよ。  ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 ♪17.【8:24】前鬼口との分岐点です。山頂まで10分と書いてあります。
分岐

 ♪18.ピークが見えてきました。 γ(▽´ )ツ
釈迦ケ岳

 ♪19.【8:32】釈迦ケ岳山頂 1800m。  \(^▽^)/   《C!山頂》
釈迦ケ岳

 ♪20.お釈迦様に参拝します。  (・A・)
お釈迦様

 ♪21.新宮の方向ですが、景色が見えません。残念。 (´・_・`)
景色

 ♪22.八経ケ岳や明星ケ岳、仏生嶽も見えないです。いつかまたチャレンジですね。
景色

 ♪23.孔雀岳、八経ケ岳に続く道があります。縦走してみたいです。o(^▽^)o
景色

 ♪24.【8:49】小雨の中を下山中です。同じ道を戻っています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 ♪25.【8:59】千丈平です。野営場も見ておきました。  \(^_^)/
千丈平

 ♪26.【9:10】キリが流れて視界がよくなりました。γ(▽´ )ツ   《C!大》
景色

 ♪27.【9:20】しばらく雨の心配はなさそうです。  o(^▽^)o
景色

 ♪28.八経ケ岳・明星ケ岳・頂仙岳が見えてきました。うれしいですね。ヾ( `▽)ゞ
八経ケ岳

 ♪29.【9:26】もっと長居して様子見たいけど下山します。  (・∀・)
景色

 ♪30.振り返れば釈迦ケ岳も見えています。 \(^_^)/   《C!》
釈迦ケ岳

 ♪31.とがっているのが大日岳みたですね。   γ(▽´ )ツ
大日岳

 ♪32.大台ケ原が見えているようです。  o(^▽^)o
大台ケ原

 ♪33.【9:55】登山者とすれ違います。まだ早い時間です。  ヽ(゚◇゚ )ノ
景色

 ♪34.【10:22】登山口に戻りました。また雨が降り出します。\(^_^)/
登山口

 ♪35.山上の方はまたキリに包まれました。
キリ



 

  釈迦ヶ岳の登山日記  H20年5月5日

 レンタカーで伯母子山と釈迦ヶ岳のふたつの山に登ることにしました。伯母子山下山後に公園に車を止めて寝ています。明るくなった早朝移動して釈迦ヶ岳登山口へと向かいます。国道に案内看板があったので、すぐにわかりました。

 雨が降っています。天気が悪いので展望が期待できません。それでもアクセスが不便なとこだけに、どうしても山頂に登っておきたいです。登山口で雨が小降りになるのを待ちました。何台か車があるので、山登りしている人がいるようです。

 草木から水滴がつかないように、カッパを着てスタートしました。静かです。道は濡れています。まだ5月だしそんなに暑くありません。体が熱くなりますが、歩きやすい季節です。ブナの木がきれいです。まわりは白いキリに包まれて幻想的です。道を間違わないようにします。

 バイケイソウが群生する地を歩きます。花が咲いている時にみたいですね。今回は花がありませんでした。まだ寒い時期のようです。不動谷小屋との分岐を通過します。案内板があって助かります。とにかく山頂めざしましょう。急な道もあります。カッパを脱ぐことにしました。

 高い木が減りました。枯木が目立ちます。そしてササ原が広がっています。白いキリの中へと向かっています。木が浮いているように見えました。釈迦ヶ岳の頭が見えません。少し不安になりますが進んでいきます。8時には野営場との分岐を通過しました。もうすぐです。

 水場で冷たい水を飲みます。元気がでました。下山者とすれ違います。早いですね。前鬼登山口との分岐を通過します。あと10分だそうです。まわりが明るくなってピークが見えてきました。こうなると歩くのが早くなります。

 8時半、釈迦ケ岳山頂1800mに登頂です。安心しました。雨も大したことことなかったです。目的達成できたのがうれしいです。山頂にはお釈迦様が奉ってあります。まずはお礼を述べます。キリの中で、まるで何か話かけられているように感じました。

 さてまわりを見ましょう。雲の中なので視界がよくありません。景色はまたいつか登って眺めたいと思います。待っていても晴れそうにないので下山開始します。同じ道を戻ります。下りは早くなります。千丈平で野営場を見てからまた下りました。

 だんだん遠くが見えてきました。雲が流れてキリの外にでたようです。これはうれしいですね。稜線から八経ケ岳・明星ケ岳が見えてきました。振り返ると釈迦ケ岳が見えます。写真が撮れたのでよかったです。また大台ケ原の方も見えてきました。

 まだ早い時間なので、登山者とすれ違いながら下ります。静かです。花が咲いている季節も見たいものです。10時過ぎにに登山口に戻りました。車の数が増えています。服を着替えましたが、また雨が降ってきました。山上にはまた雲がかかっています。

 今回は登り始めて少ししてデジカメが故障しました。別のカメラで撮影したから写真はあります。雨の時はトラブルがあるので要注意ですね。奈良の南部の山々は、いろいろ登ってみたいです。



【反省点】
  ・レンタカーの時間で活動が制限された。
  ・雨の中を早くスタートしてもよかったかも。
  ・天気がよければ大日岳にもよってみたかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム