【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 
 

 八合目から残雪帯の経ケ岳

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
経ケ岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  羽広口
経ケ岳
 200名山 経ケ岳山頂   2296m
経ケ岳
 

  経ケ岳の案内地図


 経ケ岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   経ケ岳の近辺

大きな地図で見る

 経ケ岳【電子国土基本図参照】経ケ岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
経ケ岳
 経ケ岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.05.04 -12    

 
 
 

  経ケ岳の山行記録  H21年5月4日

 ■仲仙寺口から登山開始。8合目の先は残雪でした。

 ∬01.【5:55】仲仙寺前の駐車場を出発します。まだ静かです。
駐車場

 ∬02.本堂に参拝して少し散策します。【6:15】鐘楼の奥にある山道から出発。
仲仙寺

 ∬03.いきなり分岐です。右が正解。細い道になっていきます。o(^▽^)o
山道

 ∬04.【6:48】明るい山道です。クマザサが増えました。 γ(▽´ )ツ
山道

 ∬05.ショウジョウバカマが咲いています。  ヾ( `▽)ゞ
ショウジョウバカマ

 ∬06.【7:22】4合目の分岐です。山道を登っていきますよ。(・∀・)
4合目

 ∬07.木の間から、木曽駒ケ岳が見えています。雪が白いです。\(^_^)/
木曽駒ケ岳

 ∬08.【7:43】歩きやすいです。下りは早いでしょうね。  o(^▽^)o
山道

 ∬09.【7:59】5合目到着。予想外に時間かかっています。 (・∀・)
5合目

 ∬10.【8:24】6合目です。石に座って少し休みました。 w(゚o゚)w
6合目

 ∬11.力こぶみたいな木です。記憶に残る木ですね。  γ(▽´ )ツ
木

 ∬12.急坂を登っていきます。シラカバがきれいですよ。  ヾ( `▽)ゞ
急坂

 ∬13.【8:50】7合目です。四等三角点がありました。  ヽ(゚◇゚ )ノ
7合目

 ∬14.葉がないから明るい山道です。影に残雪がありました。  o(^▽^)o
山道

 ∬15.【9:34】やっと待望の8合目です。山頂が左に見えます。\(^_^)/
8合目

 ∬16.山の稜線が見えます。雲が広がっていますね。 ヾ( `▽)ゞ
景色

 ∬17.道の下の斜面は残雪の景色です。上の様子が心配です。(・∀・)
8合目

 ∬18.【9:46】おにぎりとパンを食べました。休憩後に再出発です。ササが長い。
ササ

 ∬19.小さな残雪の上を、何度かあるいて進みます。
残雪

 ∬20.うわぁ、残雪だ。六歯アイゼンを着用して登ります。急斜面です。
残雪

 ∬21.【10:17】9合目、峰のピークで雪ありません。石仏に参拝。この先は残雪。
9合目

 ∬22.目印探して歩きます。足が埋まったら体力を消耗します。w(゚o゚)w
道

 ∬23.【10:36】山頂が見えてきました。ヾ( `▽)ゞ まだ距離ありますよ。
経ケ岳山頂

 ∬24.木があるところは木をつかんで歩きますね。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 ∬25.【10:56】経ケ岳山頂 2296m。\(^▽^)/
経ケ岳山頂

 ∬26.樹林帯だけど、雪が解けて地肌がでています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
経ケ岳山頂

 ∬27.一部展望があります。木曽駒ケ岳の方は雲が多かったです。o(^▽^)o
木曽駒ケ岳の方

 ∬28.左前方に町が見えていました。γ(▽´ )ツ 5分くらいで下山します。
町

 ∬29.【11:13】うすい雲がかかった状態です。同じ道を下山中です。(・∀・)
下山中

 ∬30.8合目が見えてきました。雲が流れています。
8合目

 ∬31.【11:56-12:22】8合目で休憩です。濡れた靴下を替えました。
8合目

 ∬32.【13:00】5合目です。 本当に下りは早いです。 o(^▽^)o
5合目

 ∬33.スミレが咲いていました。  ヾ( `▽)ゞ
スミレ

 ∬34.【14:00】仲仙寺に下山しました。お疲れさま―。 \(^_^)/
仲仙寺

 ∬35.ミズバショウが咲いていました。 o(^▽^)o
ミズバショウ

 ∬36.【15:00】小黒川パーキングから眺めた経ケ岳の景色です。
経ケ岳



 

  経ケ岳の山行日記  H21年5月4日



 前日3日に光岳にチャレンジしました。易老岳から残雪で、足跡がはっきりせずに道がわかりません。残念ながら断念しました。まだ時期が早いですね。翌日は飯田近くの山か、経ケ岳を計画していました。登頂成功して満足したいものです。早起きして飯田から伊那に移動しました。

 車が少ない時間帯です。昨日の疲れも残っていましたが、羽広から経ケ岳にチャレンジします。標高2296mの山だから雪が心配です。道がわかりやすいことを期待しています。登山口の仲仙寺に参拝します。池に水芭蕉が咲いてましたのでちょっと眺めていました。

 6時すぎましたがスタートします。鐘楼の奥から山道に入りました。体を馴染ませたいです。ちょっと固くなっていますが、じきにほぐれていくでしょう。ショウジョウバカマが咲いていました。ピンクは目立ちますね。クマザサが生えている道です。土道は乾いていて歩きやすかったです。とにかく上に登ります。

 整備された山道を登ります。一合ごとに標識があって、どこにいるのかわかりやすいです。この標識を見つけるとうれしくなりますね。別の山道と合流する分岐の四合目を過ぎると、雪で白い木曽駒ケ岳が見えるところがありました。きれいですね。登山には厳しそうです。5合目まで時間かかりましたが、疲れが残っていたようです。

 天気が曇っています。すっきり晴れて欲しいです。体が熱くなっています。山道沿いにも大きな木があります。見事な枝ぶりを眺めていきます。さらに登って、7合目の四等三角点を見つけました。こんなとこにあるんですね。次は8合目ですが、山道に雪がないから助かっています。脇の木陰に残っているところがありました。

 9時半に空が開けて、展望のある八合目に到着しました。おにぎりを食べながら休憩します。登る経ケ岳の斜面が見えています。まだ大きな木が生えていますよ。まだ先ですね。雲の上にいるようで、遠くに山の稜線が見えています。斜面の方には白い残雪が広がっていました。覚悟しないといけませんね。

 10分後に出発して、繁ったササ原を進みます。ちょっと悩みます。小さな残雪も歩きました。黒沢山分岐を過ぎると、やはり一面の白い残雪でした。道を間違えないように目印を探します。尾根沿いに登ればよいはずです。急斜面ですが、まずは9合目に到着しました。峰のピークだから雪が解けていました。

 アイゼンつけて歩いています。それでも50cmくらい埋まるところがあります。春の残雪は、これで体力消耗します。固いところを選びます。先人の足跡はよく見ないといけませんね。前方にひとりいました。あの人も早い登山ですね。人性がいたのでいくらか安心しました。

 最後の急な坂道も樹林帯です。木に赤い目印がついていました。そして石碑がならんでいるピークが見えてきました。経ケ岳山頂です。山頂も樹林帯でした。石があるところは雪が解けて地肌も見えていました。一部方向に展望があります。 雲が多くて、木曽駒ケ岳の方の頭が見えませんでした。下に雲が見えますが、切れ間から伊那の町が見えていました。

 長居せずに下山開始します。まずは8合目をめざしました。足跡をたどって下ります。何回か足が埋まりました。それでも下りは楽です。景色の良い八合目に戻って30分ほど休憩しました。この時靴下を交換しました。体力を回復して、今度は元気に下ります。下りは早くなりました。14時に仲仙寺に下山しました。雪山だけど山頂に登頂できたのでよかったです。移動時に経ケ岳を眺めて帰りました。。



【反省点】
  ・残雪を楽に歩けるように鳴らしておきたかった。
  ・山道の目印や地図の確認をもっとしたらよかった。
  ・前日にもっとよく休んでおけばよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム