【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

  信仰の山の七面山

  


 
 
 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
七面山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  神通坊口
七面山
 200名山 七面山山頂   1982m
七面山
 

  七面山の案内地図


 七面山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   七面山の近辺

大きな地図で見る

 七面山【電子国土基本図参照】七面山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
七面山
 七面山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.04.26 -12    

 
 
 

  七面山の山行記録  H21年4月26日

 ■南無妙法蓮華経を聞きながら登りました。

 ●01.【2:00】目が覚めました。【4:15】食事です。  《C!昨夜の食事》
宿

 ●02.【4:45】宿を出発します。霧雨です。カッパ着用しました。
      しばらく暗い道ですが、参拝の方が大勢歩いています。 (・A・)
宿を出発

 ●03.【5:10】明るくなってきました。【5:22】羽衣地区です。橋が見えますよ。
羽衣

 ●04.【5:30】白糸の滝です。霊友会の方がもうに登っています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
白糸の滝

 ●05.【5:31】門をくぐって表参道に入ります。登山口です。o(^▽^)o
表参道

 ●06.【5:35】神力坊です。南無妙法蓮華経が聞こえます。先に登りますよ。
神力坊

 ●07.【5:58】急な道が続きます。幅は広いですよ。 γ(▽´ )ツ
道

 ●08.【6:09】肝心坊です。静かな朝です。参拝者の間は人が少ない時間です。《C!》
肝心坊

 ●09.【6:31】日がさしました。モモが咲いていました。土嚢が多いですよ。
山道

 ●10.【6:43】中適坊が見えてきました。  ヾ( `▽)ゞ
中適坊

 ●11.【7:05】休みながら登ります。たまに小雨です。  (´・_・`)
山道

 ●12.見晴し台から赤坂の集落が見えます。富士山見えなくて残念です。
赤坂の集落

 ●13.山道を登ります。たまに信者さんとすれ違います。 o(^▽^)o
山道

 ●14.【7:32】晴雲坊です。下山者がいます。上の宿泊者の方です。(七面大明神様)
晴雲坊

 ●15.休憩しながら登っています。南無妙法蓮華経が響いています。 \(^_^)/
道

 ●16.【8:07】山門到着です。下山される白装束の信者の方が多いです。
山門

 ●17.道が広くなりました。歩きやすいです。 ヾ( `▽)ゞ
道

 ●18.【8:15】見晴し台です。敬慎院より先に山頂めざします。小雪です。
見晴し台

 ●19.荷物を運ぶためのレールがあります。くぐって行きます。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 ●20.道が良いです。まだ冬の景色です。雪が降り続けます。  ヾ( `▽)ゞ
道

 ●21.あっという間に、山道が白くなりました。 w(゚o゚)w
山道

 ●22.広いとこが見えてきました。誰もいませんよ。  (・∀・)
七面山

 ●23.【9:00】七面山山頂 1982m。 登頂でーす。 \(^▽^)/
七面山山頂

 ●24.山頂のまわりは木があるから、展望はありません。  ヽ(゚◇゚ )ノ
七面山山頂

 ●25.【9:21】日がさす中、下山開始します。  o(^▽^)o
七面山

 ●26.ナナイタガレの大崩れを見ました。落ちないようにしましょう。《C!七面山》
ナナイタガレ

 ●27.【9:50】敬慎院の門をくぐって階段を下ります。もう雪が解けていました。
敬慎院

 ●28.本堂にお参りします。参拝者のいない時間でした。  (・A・)
敬慎院

 ●29.一之池です。少し日が当たっていますよ。  γ(▽´ )ツ
一之池

 ●30.【10:05】車道歩きです。お寺専用の車が走っています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
車道歩き

 ●31.【10:18】奥の院に到着です。  ヾ( `▽)ゞ
奥の院

 ●32.影コウ石を一周しました。  \(^_^)/
影コウ石

 ●33.奥の院に参拝しました。「富士山見えますように。。。」 (・A・)
奥の院

 ●34.富士山見えました。\(^▽^)/ 左に身延山見えています。 γ(▽´ )ツ
富士山見

 ●35.【10:30】北参道を下ります。敬慎院が50丁目で奥の院が40丁目です。
北参道

 ●36.【10:52】明浄坊です。建物があると安心しますね。  γ(▽´ )ツ
明浄坊

 ●37.山道を下ります。ツツジやイワカガミが咲いています。  o(^▽^)o
山道

 ●38.【11:30】安住坊です。静かでした。  ヽ(゚◇゚ )ノ
安住坊

 ●39.ご神木の大トチノキです。大きいですね。  ヾ( `▽)ゞ
トチノキ

 ●40.【12:12】7丁目の休憩所が見えてきました。 γ(▽´ )ツ
7丁目

 ●41.【12:33】七面山の鳥居です。神通坊に到着しました。 \(^_^)/
神通坊

 ●42.無事登ってこられました。ありがとうございます。  (・A・)
神通坊

 ●43.角瀬の町です。突き当りが朝の道です。【13:18】バスで移動します。
角瀬



 

  七面山の山行日記  H21年4月26日



 平塚のイベントに参加していたので、その日に移動して、早川に入っていました。宿には日蓮宗の信者さんが、大勢泊まっています。ここはそんな町だと実感しました。雨が降っているからやんでほしいです。

 翌朝暗いうちから、信者さん達が出発しました。私も遅れないように急ぎます。車道歩きなのでライト持っていたら十分です。だんだん明るくなります。白糸の滝を眺めてから、すぐに表参道の登山道に入りました。

 南無妙法蓮華経の声を聞きながら歩きます。神力坊で、登山中の白装束の信者さんを追い越しました。道が広くて休憩場所もあります。とにかく上をめざして登ります。見晴し台からの景色は、まだ雲で隠されていました。

 今度は下りの白装束の信者さんとすれ違います。離合の時はなるべく道をゆずりました。南無妙法蓮華経のリズムが頭に残ります。山上の宿坊にお泊まりしていたのでしょうね。山門に到着しました。この時から雪がちらつきす。

 山道が白くなりました。身延町の飛地に入って山頂に到着しました。山頂をひとり占めです。まわりは木が高くて展望がありません。日がさしてきました。下山の時には、道の雪が溶けていました。

 敬慎院にお参りしてから、奥の院に向かいます。ナンバープレートのない、お寺専用の車が何台かあります。どうやって運んだのか不思議です。奥の院では、少し雲が残っていますが、幸運にも富士山が見えました。

 さらに下って明浄坊です。展望があります。参道の途中に建物があると、暗い道でも安心できそうですね。イワカガミの花が多く咲いていました。次は安住坊です。栃の大木が見事でした。この辺りは花も多かったです。

 さらに山道を下って神通坊に下山しました。宿に預かってもらっていた荷物を受け取って、服を着替えてバスを待ちました。神聖な山に登れて、とても楽しかったです。



【反省点】
  ・バスの時間を気にして歩いた。30分くらいしか余裕がなかった。
  ・もう少しゆっくりお参りすればよかった。
  ・4月下旬だけど雪が降った。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム