【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 聖平から軽装で登った上河内岳
  

-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 

 
 
トップ
ページ
上河内岳前半
前日の聖岳HP
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  聖平小屋口 (便ヶ島口)
上河内岳
 200名山 上河内岳山頂   2803m
上河内岳
 

  上河内岳の案内地図


 上河内岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   上河内岳の近辺

大きな地図で見る

 上河内岳【電子国土基本図参照】上河内岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
上河内岳
 上河内岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H20.11.2 -12    

 
 
 

  上河内岳の山行記録  H20年11月2日

 ■体調悪くて光岳への縦走断念。上河内岳往復しました。
   前日の聖岳登山のサイトはこちらです。  聖岳の山行

 б01.【6:25】聖平小屋(標高2260m)を出発します。遅く出発。《C!小屋》
聖平小屋

 б02.【6:42】昨日の雪がまだ残っていました。霜柱もあります。ヽ(゚◇゚ )ノ
雪

 б03.聖岳に朝日が当たっています。朝の色ですね。 o(^▽^)o
聖岳

 б04.【7:00】静かな樹林帯を軽装で歩いています。荷物は小屋です。
樹林帯

 б05.【7:07】標高があがって、聖岳が大きく見えますよ。明るいです。
聖岳

 б06.雪があるところは踏みながら歩きます。標識があります。 (・∀・)
雪

 б07.【7:23】風が吹いてます。山道を登ります。  ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 б08.えびのしっぽができています。   γ(▽´ )ツ
えびのしっぽ

 б09.急な坂道です。後ろに下がらないようにふんばって歩きました。
道

 б10.聖岳の右奥に赤石岳が見えだしました。  ヾ( `▽)ゞ
赤石岳

 б11.【7:40】南岳山頂はもうすぐです。頑張れ―。 o(^▽^)o
南岳

 б12.【7:46】南岳山頂でーす。標高2702m。上河内まで1.5km。\(^_^)/
南岳

 б13.富士山が見えました。 幻想的ですよ。   γ(▽´ )ツ
富士山

 б14.ズームして赤石岳を眺めます。
赤石岳

 б15.上河内岳に近づいています。前方に人が見えました。 (・∀・)
上河内岳

 б16.右側の様子ですが、中央アルプスが見えています。o(^▽^)o
中央アルプス

 б17.【8:09】あせらずにゆっくり登っています。峠までもうすぐ。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 б18.【8:18】分岐です。みんなここから山頂まで往復しています。ヾ( `▽)ゞ
分岐

 б19.急な斜面。一気に登りますよ。風がありますが、まだ歩けます。o(^▽^)o
急な斜面

 б20.茶臼岳や光岳の方向です。山がつながっていますね。\(^_^)/
茶臼岳

 б21.上河内岳の山上です。風が強すぎます。強風。なんとか前に進みました。
上河内岳

 б22.【8:26】上河内岳山頂 2803m。 \(^▽^)/ 少しハイマツあり。
上河内岳山頂

 б23.まずは聖岳と赤石岳です。美しいですよ。ヾ( `▽)ゞ 《C!パノラマ》
聖岳

 б24.富士山が見えていますよ。頭が白いですね。  γ(▽´ )ツ
富士山

 б25.畑薙湖のほうが見えます。あそこから赤石岳めざしましたよ。o(^▽^)o
畑薙湖

 б26.すぐ下に竹内門があります。茶臼岳はまたいつかチャレンジしますね。。
茶臼岳

 б27.ゆっくりしたいけど時間見ています。光岳は断念していました。(・∀・)
景色

 б28.【8:40】下山開始します。まずは先ほどの分岐です。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 б29.同じ道を戻ります。雷鳥が5羽いました。写真は2羽です。ヾ( `▽)ゞ
雷鳥

 б30.【9:00】右手前の南岳をめざしています。下りはテンポいいです。
南岳

 б31.【9:18】人がいない南岳を通過します。(急斜面に注意してます)
南岳

 б32.【10:07】聖平に戻りました。荷物を取りに行きます。
聖平

 б33.【10:12-45】聖平小屋です。水を汲み、軽く食事しました。下山再開です。
聖平小屋

 б34.【11:05】薊畑分岐まで登りました。聖岳からの下山者もいますよ。
薊畑分岐

 б35.【11:23】大きな木の間を下山します。昨日と同じ道です。 o(^▽^)o
道

 б36.【11:40】苔平の標識を確認しました。そのまま通過です。 γ(▽´ )ツ
苔平

 б37.【12:12】紅葉しているところまで下ってきました。  ヾ( `▽)ゞ
紅葉

 б38.【12:48】足が疲れてきましたが、とにかく下りました。 (・∀・)
道

 б39.【13:15】沢を渡りました。このかごは力がいりますよ。
かご

 б40.広い山道。紅葉見ながら歩きました。 o(^▽^)o
紅葉

 б41.上河内岳を振り返ります。青空ですね。 \(^▽^)/
上河内岳

 б42.【14:00】登山口の聖光小屋に到着しました。挨拶して帰りますね。
聖光小屋



 

  上河内岳の山行日記  H20年11月2日



 前日に聖光小屋に泊まってから聖岳登山していました。体調悪くなかったけど、どこかで冷えていたんでしょうね。山の上は樹氷できれいでしたが、夜は服を7枚着て寝袋に入っても寒かったです。テント持ってきましたが、みんながいる小屋で寝ていました。

 朝起きると、寒気がします。これは体調崩したなと感じました。みんなは準備して、次々に出ていきました。あまり食欲ありませんが、食べておきます。光岳へ縦走してテント泊するのが計画ですが、断念して下山することにしました。時間がたったら、よくなってきたので、様子を見て荷物を置いて上河内岳を往復することにしました。

 6時半出発だから、小屋泊にしては遅いです。荷物軽いとペースも早くできます。体を熱くして風邪の元を滅したいですね。天気がよいから楽しみです。樹林帯を歩きますが、早く景色がみたくてたまりません。北斜面はまだ雪が残っていました。長い霜柱もできています。松の木などに、えびのしっぽができているものもありました。

 さて南へと登っていきます。まわりに人がいませんでしたが、前の人に追いつきました。重い荷物の人には勝ちますね。雪道は踏ん張ってのぼりました。戻るのは嫌です。後を振り返ると、昨日登った聖岳がものすごくきれいなんですよ。この景色は素敵です。何度も振り返りました。朝日の赤っぽい山から、すっきりした昼の色に変わってきました。

 頑張って登っています。聖岳の右奥に赤石岳の頭が見えてきました。これも感動ですね。小屋から1時間ちょっと歩いたら、南岳に着きました。2702mです。上河内岳まで1.5kmです。ここは高い木がないから展望がいいですよ。なんと富士山が見えてるんです。またまた感動ですね。美しいです。

 見晴らしのよい山道歩きです。前方に人が見えます。右手側には中央アルプスが見えました。楽しいです。空気は冷たいけど、体は熱いですよ。白い雪を見ながら歩いています。ライチョウがいるのですが、登り時は隠れました。下山時にまた探します。急なとこを登ると、上河内岳山頂への分岐でした。みんな荷物を置いて往復しています。

 急斜面の石道だけど、ジグザグに登ります。すでに南に茶臼岳や光岳が望めます。まだ遠いですね。楽しそうな道です。いつかまたチャレンジすることを誓います。ずっと風が強かったけど、さらに強くなってきました。体重があるからまだ大丈夫ですが、前かがみで歩いています。そして広い山上になりました。

 この山上はもっと風が強いです。こんなに強い風はほとんど経験ありません。大朝日岳に登った時くらいでしょうか。一度反対の斜面で体制をとり直します。風がある時は岩影など、弱いところを見つけるのがいいですね。山頂からも、聖岳、赤石岳、富士山の美しい山々が見えています。きれいな景色ですね。撮影に集中しました。

 体重の軽い女性の方など、苦労して山頂にたどりつかれました。私は下山します。体を冷やさないように急ぎます。分岐に戻って、同じ道を南岳めざしました。途中ライチョウが5羽もいました。人がいなくなって、エサを探していたようです。あまり逃げません。かわいいですね。写真撮れました。

 10時すぎましたが、聖平に戻りました。テント泊のふたりが下山の準備をしています。私と同じように上河内岳を往復して戻っていました。私も食事をして下山の準備です。この時間帯は、小屋のまわりは人がいませんね。30ほどゆっくりしてから、重たいテント入り荷物を背負って出発しました。

 まずは薊畑分岐まで登ります。この時は登りがめんどうでした。11時ですが、聖岳に登る人も含めて、峠に何人かいました。賑やかです。そのまま樹林帯に入って下山しました。同じ道だから確認が楽です。足も疲れますが、たまに休みます。標高が下がると、紅葉した葉っぱが目を楽しませてくれました。

 西沢渡まできました。登山時は岩の上を歩きましたが、下山時はカゴに乗りました。テント泊のふたりが下山して食事していたのですが、手伝ってくれました。けっこう力がいるカゴでした。このあとは、のんびりと広い山道歩きです。14時に登山口の聖光小屋に到着しました。小屋のおじさんに挨拶して帰りました。このあとも天気がよいからもったいないけど、体調を戻すのが優先です。また後日、光岳にチャレンジしました。



【反省点】
  ・体調くずしてしまった。寒さ対策不十分だった。不覚。
  ・テントが重かった。でも縦走計画で必要。(初めて持参)
  ・のどを痛めた。(風邪がながびいた)
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム