【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 寒波の雨の中を歩いた大天井岳

  


 
 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
大天井岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  中房温泉口
大天井岳
 200名山 大天井岳山頂   2922m
大天井岳
 

  大天井岳(おてんしょんだけ)の案内地図


 大天井岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   大天井岳の近辺

大きな地図で見る

 大天井岳【電子国土基本図参照】大天井岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
大天井岳
 大天井岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.09.12 -8    

 
 
 

  大天井岳(おてんしょんだけ)の山行  H21年9月12日

 ■燕山荘から常念小屋まで、冷たい雨に濡れて歩きました。

   前日の燕岳   ⇒ 燕岳のHP
   翌日の常念岳  ⇒ 常念岳のHP

 Q01.【5:57】燕山荘です。深夜からずっと雨です。様子見てもやみそうにないです。
燕山荘

 Q02.カッパ着ました。大天井岳めざして出発しますね。  γ(▽´ )ツ
燕山荘

 Q03.【6:15】南へと進んでいきます。少し風があります。
道

 Q04.【6:42】大天井岳の道案内があります。あと3.5kmです。o(^▽^)o
道

 Q05.【7:00】谷部に下ってから、またゆっくり登ります。 (・A・)  《C!登り》
道

 Q06.【7:25】砂地の道は、たまにコマクサが咲いていますよ。雨がよく降ります。
道

 Q07.【7:48】遠くはよく見えませんが、近くを見ながら歩きます。《C!大天井岳》
道

 Q08.【7:56】槍ヶ岳との分岐です。大天荘へ向かいます。空気が冷たすぎです。
分岐

 Q09.【8:19】寒くてスピードでません。大天井岳斜面の山道です。o(^▽^)o
大天井岳斜面の山道

 Q10.【8:25】体が雨で冷たい!じっとしたら危ないです。特に手が冷たいです。
     あと少しで大天荘ですが、仲間と立ち止まっていました。(´・_・`)
道

 Q11.斜面の下もキリです。滑り落ちたら危ないですね。  w(゚o゚)w
斜面の下

 Q12.【8:30】大天荘です。みんなストーブの部屋にいました。ずっと雨です。
大天荘

 Q13.【8:45】ふたりで大天井岳山頂まで、傘とカメラ持って往復してきます。
道

 Q14.風が強いです。傘の骨が折れました。 w(゚o゚)w
道

 Q15.道が濡れています。キリの中です。 (・∀・)
道

 Q16.山頂の標識が見えました。あと少しですよ。
大天井岳山頂

 Q17.【8:48】大天井岳山頂です。 2922m。  \(^▽^)/  《C!祠》
大天井岳山頂

 Q18.【8:52】大天荘目指して戻るところです。視界が悪かったです。
道

 Q19.【9:00-9:58】大天荘で休憩させていただきました。  o(^▽^)o
大天荘

 Q20.【9:58】再び濡れたカッパと山靴はいて出発しますね。頑張れ。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 Q21.【10:11】きれいな山道です。槍ヶ岳が見たいなぁ。  γ(▽´ )ツ
道

 Q22.【10:28】石垣と石碑があります。  ヾ( `▽)ゞ
石垣

 Q23.【10:33】標識があります。東天井岳のようです。そのまま通過。寒いです。
東天井岳

 Q24.【10:38】さらになだらかな山道を進みます。休憩時も足動かしています。
山道

 Q25.横通岳の方に道が続いています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 Q26.【10:54】低い谷部に下りました。また登りますよ。冷たい。靴ぬれたぁ。
山道

 Q27.東天井岳を振り返ります。道の上が山頂2814mです。 o(^▽^)o
東天井岳

 Q28.【11:08】石道を注意して歩きます。かなり濡れています。(・A・)
石道

 Q29.【11:24】砂色が見える山道です。体をうごかしましょう。
山道

 Q30.【11:34】ここはけっこう早いペースです。 雨がやみません。(´・_・`)
山道

 Q31.谷部が見えてきました。大天荘の時点で、常念小屋までと決めていました。
山道

 Q32.ジグザグの道です。常念小屋が見えるのでうれしいですね。\(^▽^)/
山道

 Q33.常念岳2857mが見えました。少し視界よくなりました。まだ雨です。
常念岳

 Q304.【11:53】樹林帯をくだっていきます。  γ(▽´ )ツ
常念岳

 Q35.【12:00】常念乗越に到着しました。 ヾ( `▽)ゞ
常念乗越

 Q36.まだ早い時間ですが、常念小屋にチェックインしますね。  \(^_^)/
常念小屋

 
   前日の燕岳の登山記録   燕岳のサイト
 
   翌日の常念岳の登山記録  常念岳のサイト


 

  大天井岳の山行日記  H21年9月12日



 11日に大阪から長野に移動して、昼から登山で燕岳に登りました。そのまま燕山荘に泊まっています。暗くなった夜は、松本の明かりが見えていました。しかし、深夜から雨が降り出したんですよ。困ったものです。

 他の人よりゆっくり出発することにしました。様子を見ながら朝食を食べています。雨がやみそうにありません。カッパを着て歩くことにしました。高い木がない稜線が予測されるので、楽しみにしていたコースです。なんとか天気が回復してほしいものです。

 3人で並んで歩きます。最初は服が濡れていないから、まだ気分はよいです。ベチャ道もないので、すぐに靴が濡れることはありません。それにしても空気が冷たいです。雪ではありませんが、寒波がきたようです。もっと着ておけばよかったかもしれません。

 白っぽい砂の道がきれいです。コマクサがいくつか咲いています。雨でなければ、ゆっくり観察したいものです。前後の人はカッパの色でわかりますが、私たちの前後は、前に数人いる程度でした。表銀座コースを歩いています。長野県の大町と穂高町の境です。

 雨が降っているから、地図を広げたくないですね。案内標識を見て歩いています。メガネが曇って見にくいです。大下りは、クサリ場など注意しました。あまり下りたくないです。また登りがあります。岩もあるのですが、ゆっくり見る余裕がないほど、雨が冷たいです。

 ひたすら歩いています。カメラもごくたまにだしています。すぐに雨がつきます。冷たい雨に当たりすぎて、体が冷えてきます。手が冷たいです。とにかく動かないと体温が下がります。3人だから、ペースを合わせます。立ち止まっても足踏みしていました。

 やがて槍ヶ岳への分岐に到着します。ここからまた登りが急になりました。大天荘が近いはずです。頑張るしかありません。ただ途中 立ち止まってじっとした時間がありました。 なんで立ち止まっていたのか いまだに悩みます。先行して大天荘がすぐ近くだと、伝えられたらよかったです。

 キリの中ですが、大天荘に着きました。先行した登山者が、ストーブのまわりで休んでいます。私たちも温まりました。槍ヶ岳をめざしていた団体さん達は、常念小屋をめざして翌日下山する計画に変えたようです。私たちも、今日の常念岳は断念しています。

 一息ついて、ふたりで大天井岳まで往復してきました。山頂写真撮れました。キリの景色です。360度の展望があるはずなのに、お天気に負けました。風がかなり強いです。傘の骨が折れてしまいました。のんびりできないので、すぐに大天荘に戻って、ストーブの前で1時間休んでいました。こんな経験は少ないですね。

 カイロが手に入らなかったのが失敗です。持ってきておけばよかったです。9月なので油断しました。反省点です。この位置では明日の常念岳登山と下山が厳しくなるので、もう少し頑張ります。再び雨の中をカッパ着て歩きます。東天井岳、横通岳と、アップダウンが気になります。距離は4kmちょっと、頑張りましょう。

 雨音が響く静かな山道です。水が靴に染み込んできています。時間の問題でしょう。たまに手をこすっています。ビニール手袋をしたりしていますが、冷たい水が体温を奪います。普通なら暑くて、水を飲みながら休憩する山道ですが、ひたすら常念小屋をめざします。

 少しだけ視界が広がった気がします。でもまだまだ雨やみそうにないです。常念岳、槍ヶ岳など眺めたいですね。2泊分の荷物があるので、ザックは大きいのを使用していました。そして歩き続けていると、最後はジグザグの道の下に、常念小屋が見えてきました。

 うれしいですね。早く小屋に入りたいです。樹林帯を抜けて、常念乗越に着きました。まだ早い時間です。12時にチェックインするとは、、、晴れていたら蝶ヶ岳ヒュッテが考えられましたが、まだ6kmあります。小屋であたたまることにしました。

 濡れた服などを乾燥室に持っていきます。乾きますように。食堂などでくつろいだりしていました。こんな天気だから、夕刻には山を歩いていた人たちでいっぱいになりました。一度泊まってみたかった小屋なのでうれしいです。

 翌日の登山者に聞いた話ですが、雨がひどいのでふもとで登るのをやめていたそうです。翌日は強風ですが晴れました。無事、常念岳に登って、百名山を完登することができました。大天井岳の登山はたいへんでしたが、大きな事故がなくて感謝しています。



【反省点】
  ・寒さ対策が不十分だった。カイロ持っていなかった。
  ・立ち止まりが多かった。大天荘の手前は動くべきだった。
  ・天候運が悪かった。 
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム