【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 百名山眺めて登った奥大日岳
 
  


 
  -山道歩の祈幸日本二百名山-

トップ
ページ
現在頁
奥大日岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  室堂口
奥大日岳
 200名山 奥大日岳山頂   2606m
奥大日岳
 

  奥大日岳の案内地図


 奥大日岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   奥大日岳の近辺

大きな地図で見る

 奥大日岳【電子国土基本図参照】奥大日岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
奥大日岳

 
奥大日岳
 奥大日岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22 .7.25 -22    

 
 
 

  奥大日岳の山行記録  H22年7月25日

 ■室堂から大日岳まで往復しました。

 $01.【6:36】朝の大日岳です。車窓から撮影しました。大阪からの夜行バスです。
大日岳

 $02.【6:52】続いて奥大日岳が見えます。車窓からの撮影です。\(^_^)/ 《C!大》
奥大日岳

 $03.【7:00】立山の室堂で準備。幸運なことに立山の頭の雲が取れてきました。
室堂

 $04.【7:10】玉殿の湧水を汲んでから出発しまーす。 o(^▽^)o
出発

 $05.みくりが池にはまだ雪がありますよ。冷たそうです。 γ(▽´ )ツ
みくりが池

 $06.【7:30】地獄谷の分岐です。硫黄の臭いが強いです。雷鳥平へ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
地獄谷の分岐

 $07.地獄谷の蒸気です。たまに目が痛いですよ。景色は独特だぁ。 ヾ( `▽)ゞ
地獄谷の蒸気

 $08.地獄谷と奥大日の独特な景色です。 \(^_^)/
地獄谷と奥大日

 $09.【7:46】雷鳥平です。立山の稜線がよく見えます。テントが多いなぁ。
雷鳥平

 $10.【7:50】木橋を渡ります。ストックをだしました。γ(▽´ )ツ
木橋

 $11.【8:00】花を見ながらゆっくり歩きます。  \(^_^)/
道

 $12.ハクサンイチゲがきれいに咲いていますよ。 ヾ( `▽)ゞ
ハクサンイチゲ

 $13.チングルマの花が咲く道を歩きます。 γ(▽´ )ツ  《C!チングルマ》
チングルマ

 $14.イワイチョウの花が咲いています。 o(^▽^)o
イワイチョウ

 $15.奥大日岳がそびえています。\(^_^)/  《C!大》
奥大日岳

 $16.【8:30】雪解け水が流れています。リンドウの花が咲いています。
道

 $17.【8:39】左の山から右の奥大日をめざします。  \(^_^)/
道

 $18.剱岳が大きく見えてきました。うれしいてですね。 o(^▽^)o  《C!大》
剱岳

 $19.地獄谷も含めて立山全体がきれいに見えますよ。 ヾ( `▽)ゞ 《C!弥陀ケ原》
立山

 $20.【8:49】遠くに白雪が残る白山が見えますよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
白山

 $21.ピークから一度下ります。雪がありました。  (・∀・)
道

 $22.キンバイの花が咲いています。 o(^▽^)o
キンバイ

 $23.【9:04】ゆるやかな山道です。人が歩いているのがよく見えますよ。
山道

 $24.称名方向の深い渓谷です。 γ(▽´ )ツ
景色

 $25.薬師岳や笠ヶ岳が見えますよ。 \(^_^)/  《C!大》
薬師岳や笠ヶ岳

 $26.残雪を歩いて、奥大日岳山頂に向かいます。 o(^▽^)o  《C!大》
道

 $27.花畑の道です。山の上に小さな池がありました。  ヾ( `▽)ゞ
道

 $28.白い岩がある山頂です。広くありません。人がまだ少ないです。
奥大日岳山頂

 $29.【9:27】奥大日岳山頂です。 標高2606m。  \(^▽^)/
奥大日岳山頂

 $30.山頂から中大日岳と大日岳を望みます。美しいですよ。 γ(▽´ )ツ
中大日岳と大日岳

 $31.登ってきた山道と3000m級の立山でーす。 \(^_^)/
立山

 $32.弥陀ケ原の奥に薬師岳、穂高連峰が見えますよ。 ヾ( `▽)ゞ
薬師岳

 $33.穂高をズーム。水晶岳、鷲羽岳など見えていますよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
穂高

 $34.剱岳がきれいに見えますよ。稜線が荒々しいですね。 \(^_^)/ 《C!大》
剱岳

 $35.【9:45】今度は大日岳目指して進みます。一度下りますよ。(奥大日岳)
道

 $36.【9:58】残雪と池があります。  o(^▽^)o 花も咲いています。
道

 $37.キヌガサソウの花が大きいですね。  ヾ( `▽)ゞ
キヌガサソウ

 $38.【10:10】クサリやハシゴを使ってくだりますね。  w(゚o゚)w
ハシゴ

 $39.大日岳が大きく見えますね。頑張りましょうね。 \(^_^)/  《C!大》
大日岳

 $40.あそこまで下りますよ。あとで戻ってきます。花がたくさんありました。
くだり

 $41.【10:27】クサリがありますよ。 ヾ( `▽)ゞ
クサリ

 $42.【10:35】残雪の上を歩いて大日岳に向かいます。 ヽ(゚◇゚ )ノ
残雪

 $43.【10:48】七福園に入りました。岩が多いですよ。\(^_^)/
七福園

 $44.七福園のパノラマです。剱岳、奥大日岳、別山、立山よく見えます。《C!大》
剱岳、奥大日岳、立山

 $45.【10:55】こんなところにも木道と池があります。  ヾ( `▽)ゞ
木道

 $46.中大日岳のピーク目指して登っていきます。  γ(▽´ )ツ
中大日岳

 $47.【11:03】中大日岳から下ります。大日岳が見えますよ。 o(^▽^)o 《C!大》
大日岳

 $48.【11:10】大日平への下山路分岐です。雨災害後なので中止しました。
分岐

 $49.山頂までもうすぐ。雪がまだありますよ。  ヽ(゚◇゚ )ノ
大日岳

 $50.【11:27】大日岳山頂到着 2501m。  \(^▽^)/ 広くないです。
大日岳

 $51.シャクナゲの花です。雲がでてきました。 o(^▽^)o
シャクナゲ

 $52.【11:43】下山開始です。立山に雲がかかってきました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 $53.【11:52-12:00】大日小屋に戻って休憩します。雪で水を冷やしていました。
大日小屋

 $54.【12:10】中大日岳から帰路を眺めます。まだ遠いですね。往復しています。
景色

 $55.【12:25】大日岳から1.5km、奥大日岳まで1.6kmの地点です。
道

 $56.【12:52】ハシゴがあるところです。頑張れー。(・∀・)
ハシゴ

 $57.【13:07】雪渓と池のある岩場を通過して、奥大日岳に登ります。
道

 $58.【13:25】今日2回目の奥大日岳です。人が増えていますね。\(^_^)/
奥大日岳

 $59.【13:35】朝頑張って登った山道を下ります。  (・∀・)
山道

 $60.【13:50】次のピークから下っています。立山を見ながら歩いています。
立山

 $61.【14:07】ケルンのある場所まで戻りました。 ヾ( `▽)ゞ
山道

 $62.【14:19】左に別山への山道を眺めて下り、雷鳥平が見えてきました。
山道

 $63.【14:38】雷鳥平の木橋を渡ります。  γ(▽´ )ツ
橋

 $64.【14:53】地獄谷を眺めて歩きます。たまに目が痛いです。 o(^▽^)o
地獄谷

 $65.黄色いのは湯ノ花でしょうね。  \(^_^)/
地獄谷

 $66.【15:15】室堂に戻りました。このあと雲がかかってきます。
室堂



 

  奥大日岳の山行日記  H22年7月25日



 もう最高の山登りでした。雨災害で山道が崩れて、称名滝に縦走ができないから、室堂からの往復で計画しました。標高差は少ないのですが、奥大日岳と大日岳ふたつの頂に立つつもりででかけました。

 夜行バスで室堂に到着しました。早朝ですが明るくなっています。やはり牛ノ首の道が封鎖されていました。さっそく準備して出発します。見事な立山が大きくそびえていました。夏なので人が多いです。奥大日に行く人は、その中のわずかでした。

 ミクリガ池を眺めて、雷鳥平を通って、剱岳の道と分かれて、斜面を登っていきます。木道があるところは助かります。白いハクサンイチゲやチングルマがたくさん咲いていました。そして白い雪が残っているところもあります。

 尾根沿いになるとすごいです。北東に剣岳が大きく見えました。晴れていてよかったです。剱岳に登った時は雨で姿が見えませんでした。幸せですね。振り返ると室堂、地獄谷、立山が広く見えます。さらに登ると雪渓歩きのところが少しありました。

 キンバイの黄色い花が咲いていて、にぎやかなお花畑です。きれいですよ。小さな池がありました。すでに山頂が見えています。そして本日の最高点の、奥大日岳に到着しました。何人か休んでいます。ここからは薬師岳、槍ヶ岳、平ケ岳なども良く見えました。

 山頂は広くないです。これから行く大日岳を眺めます。一度大きく下ることになります。けっこうアップダウンの標高差があるので、往復となるとめんどうに思います。縦走したいですね。でも展望がよい道です。日が当たっています。

 鞍部まで下ると、大きなキヌガサソウが咲いていました。雪解け水があります。さらに下ります。クサリやハシゴがありますが、急なところは注意しています。今度は登ります。楽しみのひとつ、七福園の景色を眺めて、湿原の木道を歩きます。こちらにも山上なのに池がありました。

 中大日岳を越して、大日小屋に下ってきました。こちらも人が休んでいます。雪の間に水を冷やして、大日岳を往復することにしました。まだ白い雪が残っている山肌です。さらに頑張って山頂に到着しました。目的達成です。団体さんが下ると山頂をひとり占めできました。

 大日岳山頂も広くありません。剱岳や奥大日岳がよく見えます。雲がでてきていたので、山が一部しか見えないところもありました。山登りは朝早い方がいいなと思いました。また下って登るのかと思いますが、日ざしの強い中、再び奥大日岳をめざします。

 同じ道を逆に歩いています。青空だったのが、白い雲がまじっています。たまに人とすれ違います。奥大日岳に戻ると人が増えていました。学生さんが楽しそうに騒いでいました。このあとはペースを上げて下ります。水が少なくなり、のどが渇いてきました。

 雷鳥平に戻り、地獄谷を眺めて室堂に戻りました。すごい人ですね。大勢の人で混雑しています。16時発の富山行きバスを申し込んで、近くを散策していました。この時、室堂周辺はキリがかってきました。たくさんの山を眺めて歩いたので、ほんとに楽しかったです。



【反省点】
  ・水がもう少し必要だった。天気よかったので氷水が欲しい。
  ・日焼け対策をもっとしておけばよかった。
  ・夜行バスで室堂からの日帰り登山はもったいなかったかも。。。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム