【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 ツツジを眺めて登る愛鷹山の越前岳

  


 
 
 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
愛鷹山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  十里木口
愛鷹山
 200名山 愛鷹山山頂(越前岳)   1504m
愛鷹山
 

  愛鷹山の案内地図


 愛鷹山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   愛鷹山の近辺

大きな地図で見る

 愛鷹山【電子国土基本図参照】愛鷹山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
愛鷹山
 愛鷹山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]
関東山行K053に記録    

 
 
 

  愛鷹山(あしたかやま)の山行記録  H17年6月4日

 ■富士山が見えなかったけど、富士山の近くの愛鷹山です。

 ∈01.【7:58】十里木高原の駐車場より登山開始します。標高860m地点です。
十里木高原

 ∈02.駐車場を振り返ると こんな感じです。  o(^▽^)o
駐車場

 ∈03.【9:08】展望台です。曇っていて富士山が見えませんでした。
展望台

 ∈04.越前岳の山上に雲がかかっています。  (・∀・)
雲

 ∈05.【9:21】木陰に入りました。その後ほそい山道になります。ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 ∈06.【9:26】馬の背です。 標高1099m。 \(^_^)/
馬の背

 ∈07.ウツギが咲いています。他にもドウダンなど咲いていました。o(^▽^)o
ウツギ

 ∈08.シャツに露がつく山道です。  (´・_・`)
山道

 ∈09.つつじが満開です。きれいですね。春ですね。  \(^_^)/
つつじ

 ∈10.【9:52】山道が濡れています。急坂になりました。 γ(▽´ )ツ
山道

 ∈11.【10:21】分岐です。右の越前岳に進みます。 ヾ( `▽)ゞ
分岐

 ∈12.山頂付近にもツツジの花があります。  o(^▽^)o
ツツジ

 ∈13.【10:28】愛鷹山の越前岳山頂1504m 酸性雨の観測容器です。\(^▽^)/
越前岳山頂

 ∈14.ここが一番高い場所ですね。展望はよくないです。 γ(▽´ )ツ 《C!別方向》
越前岳山頂

 ∈15.山頂からの景色です。呼子岳の方向ですがキリで見えません。(・∀・)
呼子岳の方向

 ∈16.残念ながら視界が悪いです。  (´・_・`)
キリ

 ∈17.【10:55】下山開始します。周遊コースです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 ∈18.【11:11】富士見台です。でも富士山見えませんでした。 (・∀・)
     昔の50銭札にはここからの富士山が印刷されています。《C!》
富士見台

 ∈19.ギンリョウソウ発見。白い花ですね。  o(^▽^)o
ギンリョウソウ

 ∈20.【12:10】富士見峠(山頂から2.5km)です。愛鷹山荘の上側です。ヾ( `▽)ゞ
富士見峠

 ∈21.黒岳分岐の近くにベンチがあります。昼休憩にしますね。\(^_^)/ 《C!》
黒岳分岐

 ∈22.【13:13】1時間も休憩しました。下山再開です。  γ(▽´ )ツ
黒岳分岐

 ∈23.【13:17】富士見山荘と水場です。  o(^▽^)o
富士見山荘

 ∈24.濡れている山道を下りました。  ヾ( `▽)ゞ
山道

 ∈25.【13:37】きれいな山道を下ります。歩きやすいです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 ∈26.【13:45】山の神様(・A・) ここは登山口です。すぐ下が車道。\(^_^)/
山の神様

 ∈27.【14:05】バス路線に合流しました。すぐ左がバス停です。 o(^▽^)o
バス路線に合流

 ∈28.【14:33】ひたすら車道を歩いて駐車場に向かっています。濃霧になります。
車道

 ∈29.【15:07】駐車場に着きました。トイレがあります。キリの中です。(・∀・)
駐車場

 ∈30.濃霧の駐車場と登山口です。こんなに視界が悪くなるんですね。
濃霧



 

  愛鷹山(あしたかやま)の山行日記  H17年6月4日

 6月になったので雨が降りやすい季節です。それでも暑くなる前に山登りにでかけました。横浜に住んでいましたが3人ででかけました。くもっています。静岡県に入って、のんびりした風景の中、車で移動しました。

 広い駐車場に車をとめてスタートです。8時になりました。いきなり急な階段です。振り返ると公園が広く見えていました。この時点では視界がまだよかったです。富士山に近いのに、富士山が見えないのが残念です。

 ササが茂っています。電波塔があります。越前岳の頭は雲で隠れていました。心配ですが登っていきます。何人か登っていました。休憩している時に追い越します。馬の背を通過します。明るいけど雲で遠くが見えません。ウツギやツツジが咲いているので、眺めながら歩きました。

 木陰で展望のない樹林帯です。前夜の雨で山道がぬかるんでいます。靴に泥がつきます。滑らないように注意します。分岐で越前岳に向かいます。道が狭くなると、歩いたときに草木に当たります。露がついて濡れてきました。山頂付近にもツツジが咲いていてきれいです。愛鷹ツツジが咲く山です。

 10時半には越前岳の山頂に着きました。雨は降っていません。雲の中なので視界はよくありません。明るい山頂だから、晴れた時に景色見ながらのんびりしたいものです。登山救助の練習をされている女性の方も登ってこられました。大きな荷物をもっておられました。

 富士見台に向かって下山します。やはり濡れた山道でした。樹林帯ですが、富士見台は展望があります。が、今回は白い景色です。昔の50銭札に描かれている富士山が見えるところです。富士山見たいですね。

 12時過ぎました。富士見峠に着きます。黒岳分岐近くの小広場で昼食にしました。いつもは昼休憩は短いのですが、この時はのんびりしました。珍しくビールを飲みました。好きな方がおられたのです。しかしこのあと少し目がまわるので、このあとの登山は途中でビールを飲むのをやめました。

 お腹いっぱいになって下山再開です。富士見山荘がありました。水場もあります。この時は人の気配がしませんでした。大きな小屋ではないから、少人数で泊まるところのようです。トイレの使用料は50円になっていました。緑のきれいな葉っぱを見ながら下っていきました。

 車道まで下ってきました。山の神様が奉ってあります。ここまで下れば雨が降っても安心です。車でここまできて登る人もいるようです。途中出会った人の車が置いてあるようでした。植林横の車道を歩きます。やがてバス路線にでました。

 さぁ、舗装路をてくてく歩きましょう。車から見る景色と同じです。登山後の足慣らしになっています。雨は降りませんが、キリっぽくなっています。時間かかりましたが十里木に着きました。なんと白いキリの世界です。これだけ濃霧になるのは珍しいです。気をつけて車で帰りました。



【反省点】
  ・ビールは飲むべきではなかった。運転しないけど山道で少し酔った。
  ・くもり空だから、晴れた時にいけばよかったかも。
  ・もっとピント合わせて花を撮影したかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム