【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 富士山眺めて黒金山まで縦走した乾徳山

  



-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
乾徳山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  
乾徳山
 200名山 乾徳山山頂   2031m
乾徳山
 

  乾徳山の案内地図


 乾徳山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   乾徳山の近辺

大きな地図で見る

 乾徳山【電子国土基本図参照】乾徳山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
乾徳山

乾徳山

乾徳山

乾徳山
 乾徳山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]
関東山行K033に記録    

 
 
 

  乾徳山の山行記録  H17年5月8日

 ■黒金山からすぐに下山するはずが、西沢渓谷の道に入ってしまいました。

 ♪01.【7:49】JR車窓から景色を眺めます。右が小楢山です。天気最高。o(^▽^)o
小楢山

 ♪02.【8:08-47】バス移動。乾徳山登山口バス停で下車。乾徳公園です。ヽ(゚◇゚ )ノ
乾徳山登山口バス停

 ♪03.【9:05】案内板見てから車道を歩いています。山道入口まで1km。
山道入口まで1km

 ♪04.【9:20】乾徳山登山口です。頑張って登りましょう。 ヾ( `▽)ゞ
乾徳山登山口

 ♪05.樹林帯の道を登ります。案内板が多いです。 (・∀・)
道

 ♪06.【9:43】銀晶水です。ここでは水を飲みませんでした。 γ(▽´ )ツ
銀晶水

 ♪07.【10:04】岩が多いところを歩いています。 ヾ( `▽)ゞ
岩

 ♪08.山道をゆっくり歩きます。  \(^_^)/
山道

 ♪09.【10:22】錦晶水です。冷たくておいしかったですよ。 o(^▽^)o
錦晶水

 ♪10.【10:32】国師原です。 ヾ( `▽)ゞ
国師原

 ♪11.国師原から眺めた乾徳山です。近そうですよ。  \(^_^)/
乾徳山

 ♪12.クマザサの多い道を登ります。  γ(▽´ )ツ
道

 ♪13.【10:50】富士山が見えますよ。やったぁー。 \(^▽^)/
富士山

 ♪14.すすきがいっぱいの草原です。高い木がありませんね。ヽ(゚◇゚ )ノ
草原

 ♪15.【11:07】月見岩です。 o(^▽^)o
月見岩

 ♪16.【11:08】乾徳山山頂に向かっていますよ。景色がよくなります。
乾徳山

 ♪17.大菩薩嶺の方です。山が大きいですね。 ヾ( `▽)ゞ
大菩薩嶺

 ♪18.【11:35】クサリ場です。ストックもっていました。注意して、、、
クサリ場

 ♪19.えっ、これ登るの? 山頂への最後のクサリ場です。割れ目つかみました。
クサリ場

 ♪20.クサリ場を登りきって振り返りました。ここは山頂と言っていいでしょう。
景色

 ♪21.【11:50】乾徳山山頂 2031m。\(^▽^)/ 右上は黒金山です。
乾徳山山頂

 ♪22.金峰山が見えます。五丈岩がとがって見えますよ。 γ(▽´ )ツ
金峰山

 ♪23.南アルプスが見えていますよ。  o(^▽^)o
南アルプス

 ♪24.南アルプスの甲斐駒ヶ岳です。雪が白いですね。\(^_^)/
甲斐駒ヶ岳

 ♪25.雲がかかっているのが雲取山です。左が飛竜山。山が多いです。ヽ(゚◇゚ )ノ
雲取山

 ♪26.広瀬ダム南方の集落が見えました。ズームしています。 γ(▽´ )ツ
広瀬ダム南方

 ♪27.【12:05】黒金山めざして出発します。しばらく岩場の道です。《C!乾徳山》
岩場の道

 ♪28.乾徳山の右に富士山が見えます。  o(^▽^)o
富士山

 ♪29.黒金山への分岐で、表示をよく確認してから進みます。 (・∀・)
分岐

 ♪30.オウレンの花が咲いています。ヾ( `▽)ゞ
オウレン

 ♪31.赤テープを探して歩いています。少し残雪あります。  γ(▽´ )ツ
道

 ♪32.【12:51】笠盛山山頂 2072m  \(^▽^)/
笠盛山山頂

 ♪33.山道を進みます。乾徳から1.5km、あと1kmありますよ。o(^▽^)o
山道

 ♪34.【13:16】乾徳山の景色を眺めながら昼食です。 ヾ( `▽)ゞ
乾徳山

 ♪35.休憩後また歩いています。雪の上を何度か歩きました。 γ(▽´ )ツ
雪

 ♪36.【14:09】分岐です。西沢軌道跡めざします。 (・∀・)
分岐

 ♪37.木の階段を登ります。もうすぐですよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
木の階段

 ♪38.【14:15】黒金山山頂 2232m。 \(^▽^)/ 着きましたよぉ。
黒金山山頂

 ♪39.西の方角です。 金峰山見えませんね。 ヽ(゚◇゚ )ノ 《C!大》
金峰山

 ♪40.富士山はこのように見えています。  ヾ( `▽)ゞ
富士山

 ♪41.【14:19】下山開始します。少しの間、残雪が多くなります。w(゚o゚)w
下山開始

 ♪42.【14:42】まだ登りがあります。体力なくなってきています。  (´・_・`)
道

 ♪43.道はわかりやすかったけど、分岐がわからなかったです。 (´・_・`)
道

 ♪44.峰のピークです。標高があまり下がりません。下山かかりそうです。
峰のピーク

 ♪45.【15:07】黒金山を振り返ります。離れてはいますよ。 ヾ( `▽)ゞ
黒金山

 ♪46.甲武信岳が見えます。登ってみたいですね。この時はまだでした。γ(▽´ )ツ
甲武信岳

 ♪47.【15:18】木が倒れています。踏跡確認。たまに標識あります。
道

 ♪48.シャクナゲが咲いていました。咲き始めです。うれしいですね。o(^▽^)o
シャクナゲ

 ♪49.【15:40】軌道跡まであと1kmです。分岐間違えて軌道跡に向かっています。
軌道跡まであと1km

 ♪50.【16:10】軌道跡にでました。人がいます。ここから西沢渓谷です。γ(▽´ )ツ
軌道跡

 ♪51.10分休憩して再出発。軌道跡の道は平らで歩きやすいです。 ヾ( `▽)ゞ
軌道跡の道

 ♪52.【16:25】名瀑「七つ釜の滝」が見えています。 \(^_^)/
七つ釜の滝

 ♪53.咲き始めのつつじです。 鳥冠山が見えますね。 o(^▽^)o
鳥冠山

 ♪54.道が曲がりくねって長いです。けっこう橋があります。
橋

 ♪55.【16:58】山の神様です。静かに参拝。 (・A・)
山の神様

 ♪56.【17:08】バス停めざして急いでいます。  ヽ(゚◇゚ )ノ
景色

 ♪57.【17:15】トイレがあります。近くに甲武信岳登山口がありました。
トイレ

 ♪58.【17:30】西沢渓谷のバス停です。長い山行になりましたが到着。\(^_^)/
西沢渓谷のバス停



 

  乾徳山の山行日記  H17年5月8日

 横浜に住んでいて関東の山に登っている頃の登山です。塩山駅で友人と合流してバスで移動しました。まだ甲武信岳に登っていない時です。バス停下りて、乾徳公園で準備します。そしてしばらく車道を歩きました。

 山道の登山に入ります。けっこう登りに来ている人がいました。下山して戻って来る人が多いのですが、私たちは黒金山にも登ろうと計画しています。木陰の道を歩きます。水場があるからうれしいですね。錦晶水をいただきましたが、冷たくておいしかったです。

 国師原に着きました。ゆるやかで、乾徳山の頭が見えだしました。まだ新緑が少ない時期です。山の上は寒いのでしょう。ササが増えてきました。標高が上がると富士山が見えてきました。うれしいですね。白い雪を頭にかぶっていました。 塩山の町も見えていました。

 月見岩を通過します。視界良好です。岩が見えていましたが、ここを登るんですね。長いクサリ場がありました。しっかりと岩をもって上にあがります。油断できません。上から人の声が聞こえています。山頂です。登りました。景色がよい展望場です。

 山頂から富士山を眺めます。やはりきれいですね。大菩薩嶺や、南アルプスも見えました。空気がおいしいです。このままずっと見ていたいですね。青空の景色を想像したりしました。少しやすんで黒金山への道に進みました。踏跡がしっかりしているか、道がわかるか、不安がありますが聞いたところでは大丈夫だそうです。

 雲取山や飛龍山を眺めました。まだ花の少ない尾根道を歩いています。たまにオウレンが咲いていました。雪がほんの少しあります。藪がなくて楽に歩けました。笠盛山山頂に到着です。乾徳山と同じくらいの高さです。さらに頑張って登りましょう。乾徳山からだんだん離れていきます。

 13時過ぎたので、とりあえずお昼休憩にします。ピークまで登りたかったけど、何か食べておかないといけませんね。乾徳山を見ながらの休憩でした。雲が増えてきたようです。このあとまた頑張って登ります。たまに白い雪があります。そして本日最高所の黒金山に着きました。2232mです。

 山頂からは西の山々が見えましたよ。金峯山がはっきりわかればよかったのですが、ここでは五丈岩がわかりませんでした。富士山はまだ雲の上に頭が見えていました。下山の時間が気になるのであまりゆっくりできませんでした。少し景色を眺めてから下ります。

 下るとすぐに残雪があります。雪がやわらかいので、足がズボッと埋まります。溶けかけている雪だからすぐに靴や裾が濡れていきます。濡れるのは嫌ですね。でも転ばないようにしっかりと歩きました。その後は雪がない道になりました。

 はっきりした道を歩いています。右へと下る分岐を探していたのですが、見落としたのでしょう。ガイドでは点線の道です。距離が短いから早く下りれると思っていました。そのうちに西沢渓谷の案内板がでてきました。もうここまで下ったら渓谷まで行きましょう。失敗談です。

 まだアップダウンがあります。黒金山から離れています。甲武信岳が見えました。これはうれしいです。いつか登らなくては、、、下っているとピンクの花が咲いていました。シャクナゲが早咲きしていたのです。これもうれしいですね。満開の時も見たいものです。

 16時すぎです。軌道跡にでました。人もいます。安心しました。ここからはなだらかな遊歩道です。ただ渓谷のまわりなので道がくねっています。とにかく歩くしかありません。道沿いに、シャクナゲやツツジが咲いていました。だんだんうす暗くなっていきます。斜面の北側だと日が入らないですね。

 七つ釜の滝や鶏冠山などを眺めて歩きます。そしてようやく建物が見えてきます。甲武信岳の登山口がここにあるんですね。いつかまた来ることになりそうです。17時半には西沢渓谷のバス停に到着しました。まだ最終のバスがあってよかったです。



【反省点】
  ・黒金山からの下山道を、もっと丁寧に確認すべきだった。
  ・お昼をもう少し早く食べてもよかった。
  ・富士山をズームして撮影できるカメラを持っていればよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム