【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 岩場の山頂の御座山

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
御座山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  見晴し台ルート口
御座山
 200名山 御座山(おぐらさん)山頂   2112m
御座山
 

  御座山(おぐらさん)の案内地図


 御座山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   御座山の近辺

大きな地図で見る

 御座山【電子国土基本図参照】御座山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
御座山
 御座山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.08.29 -7    

 
 
 

  御座山(おぐらさん)の山行記録  H21年8月29日

 ■山頂の羽アリがよってきました。

 λ01.【10:30】長者の森の管理事務所です。登山口探し中です。 ヽ(゚◇゚ )ノ
長者の森

 λ02.御座山登山口案内です。 3ルートのひとつ。 車で移動します。
登山口案内

 λ03.【10:48】車をここにとめて登山開始しますよ。 標高1300m。ヾ( `▽)ゞ
登山開始

 λ04.蜘蛛の巣が多いです。キオンの花の色が明るいですね。 o(^▽^)o
キオン

 λ05.トリカブトが咲いている道を登ります。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 λ06.【11:07】体を慣らしながら登っています。草ぼうぼうの道もありました。
道

 λ07.【11:21】朱色の鉄塔が見えます。少し下りますよ。  γ(▽´ )ツ
鉄塔

 λ08.【11:27】白岩登山道と合流します。安心しました。センノウが咲いています。
道

 λ09.雲の天気で、うす暗い樹林帯の道を歩きます。ホタルブクロがありました。
道

 λ10.【11:58】見晴し台です。雲で遠くが見えません。  (´・_・`)
見晴し台

 λ11.【12:10】キリがかっている尾根を歩きます。ホツツジが咲いていますよ。
尾根

 λ12.【12:25】前衛峰 標高1992mです。  \(^_^)/ 
前衛峰

 λ13.一度下ってまた登ります。  (・_・)
道

 λ14.コケむした山道を歩いています。  ヾ( `▽)ゞ
道

 λ15.【12:52】避難小屋に到着しました。山頂付近は岩場です。o(^▽^)o
避難小屋

 λ16.標識が見えてきました。誰もいません。黒い羽アリみたいなのが飛んでいます。
標識

 λ17.【12:57】御座山山頂 2112m。 \(^▽^)/   《C!山頂》
御座山山頂

 λ18.南側の斜面です。雲がかかっています。 (・∀・)
南側の斜面

 λ19.山頂に咲いていたイワヨモギ(イワインチン)です。ヽ(゚◇゚ )ノ
イワヨモギ

 λ20.【13:15】景色が見えないので下山開始しまーす。 o(^▽^)o
下山開始

 λ21.【13:28】下りのペースは早いです。どんどん下っています。 γ(▽´ )ツ
道

 λ22.岩場が少しあります。この先が前衛峰で、そこからまた下ります。
道

 λ23.下山時は見晴し台から山が見えました。  \(^_^)/
見晴し台

 λ24.【14:03】どんどんくだっていきますね。  (・∀・)
道

 λ25.マルハダケブキが咲いていました。  ヾ( `▽)ゞ
マルハダケブキ

 λ26.【14:15】白岩道との分岐ですよ。  γ(▽´ )ツ
分岐

 λ27.【14:46】下山しました。 車をとめたところです。
道



 

  御座山の山行日記  H21年8月29日



 長野県の200名山をまわっていました。有明山に登って、穂高に泊まっていました。朝は移動して、茅野駅で仲間と合流して3人になりました。御座山に登ります。移動に時間かかりました。11時前にスタートです。

 草が生えていますが、山道には木の階段があります。鉄塔の下も通ります。そして白岩登山道と合流しました。道がはっきりしています。標高が上がると、雲の中に入ってキリに包まれていきました。見晴し台からの景色は見れません。さらに登っていきます。

 12時半には、標高1992mの前衛峰につきました。少し下ってまた登ります。もう少しですが、最後の坂を登っていきます。ゆるやかになると、避難小屋が見えました。この奥に岩があります。岩の上を歩いて山頂に到着しました。標識と祠があります。

 ちょうどお昼なので、食事にします。雲で景色が見えないのが残念です。羽アリみたいなのが飛んでいましたが、数が増えて向かってきます。噛まれたのか、痛い時があります。荷物を片付けて、下山開始しました。巣穴の近くにいたのでしょうか。避難小屋にもいました。

 同じ道を下っていきます。ちょっとペースが速いです。見晴し台から山が見えていました。白岩道と分かれて下ります。鉄塔の下も通過します。やがて車をとめた広場に戻りました。このあと、翌日の天狗山めざして移動します。



【反省点】
  ・羽アリみたいな虫に注意しておくべきだった。
  ・登山口をスムーズに見つけたかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム