【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 最高所の相馬岳まで登った妙義山

  


 
 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
妙義山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  妙義神社前(松井田駅口)
妙義山
 200名山 妙義山山頂(相馬岳)   860m
妙義山
 

  妙義山の案内地図


 妙義山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   妙義山の近辺

大きな地図で見る

 妙義山【電子国土基本図参照】妙義山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
妙義山

妙義山
 妙義山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]
関東山行K070に記録    

 
 
 

  妙義山の山行記録  H17年5月1日

 ■奇岩が楽しめる山でした。八重桜満開の春です。

 η01.【7:21】松井田駅到着。タクシーいませんでした。妙義山見えています。
松井田駅

 η02.【7:47】車道を歩いて妙義神社めざしています。  o(^▽^)o
車道

 η03.白いヤマブキが咲いています。 o(^▽^)o
ヤマブキ

 η04.八重のヤマブキも咲いています。 春ですね。 \(^_^)/
ヤマブキ

 η05.【7:56】妙義山に近づいています。  γ(▽´ )ツ
妙義山

 η06.【8:07】黒門坂を登ります  ヾ( `▽)ゞ。
黒門坂

 η07.黒門を通過します。   o(^▽^)o
黒門

 η08.ボタンが咲く季節です。「大」の字が見えます。\(^_^)/
「大」の字

 η09.【8:16】鳥居です。ここが登山口です。  ヽ(゚◇゚ )ノ
鳥居

 η10.【8:21】石段を上がって仁王門を通過します。 (・∀・)
仁王門

 η11.妙義神社に参拝します。 (・A・)
妙義神社

 η12.【8:31】案内図を確認して山道を歩きます。  (・∀・)
山道

 η13.神社から0.6km。大の字への分岐があります。 γ(▽´ )ツ
分岐

 η14.【8:45】暑くないですよ。景色見ながら歩いています。 ヾ( `▽)ゞ
山道

 η15.町を眺めます。左下の方が登山口です。  \(^_^)/
町

 η16.ツツジ、ウツギ、チゴユリなどが咲いています。 o(^▽^)o
ツツジ

 η17.【8:52】大黒の滝です。細いですね。  γ(▽´ )ツ
大黒の滝

 η18.第二見晴から眺める相馬岳です。  ヾ( `▽)ゞ  《C!天狗岳》
相馬岳

 η19.【9:08】先に進みます。人が減ってきました。  (・∀・)
道

 η20.【9:20】荷物を半分おいてタルワキ沢を登ります。相馬岳往復。《C!看板》
道

 η21.【9:45】くさり場です。険しいところがありますよ。注意して登ります。
くさり場

 η22.石道を歩きます。ひとりすれ違いました。注意して。 ヽ(゚◇゚ )ノ
石道

 η23.【10:04】峠です。ここから稜線の道です。たまに人が歩いていました。
峠

 η24.天狗岳が見えています。険しい山ですね。 w(゚o゚)w
天狗岳

 η25.稜線の山道です。もうすぐ相馬岳山頂です。明るいです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 η26.【10:17】相馬岳山頂 1104m\(^▽^)/ 
相馬岳山頂

 η27.金洞山が見えています。 γ(▽´ )ツ    《C!大》
金洞山

 η28.鼻曲山や浅間隠山が見えているかなぁ。 o(^▽^)o
景色

 η29.【10:32】峠に戻りました。天狗岳に登らずに下ります。(・∀・)
峠

 η30.クサリ場を下ります。しっかりとクサリを確認して、、、ヽ(゚◇゚ )ノ
クサリ場

 η31.【11:11】中間道に戻りました。ザック回収。人がいませんでした。
中間道

 η32.【11:20】本読みの僧です。ヤマブキが咲いていました。 ヾ( `▽)ゞ
本読みの僧

 η33.【11:37】アップダウンしながら東屋に着きました。 o(^▽^)o
東屋

 η34.【11:47】石門に向かいます。ここより上りの道です。 γ(▽´ )ツ
道

 η35.【11:53】ひとり静かに歩いています。雰囲気がまたよくなってきました。
道

 η36.【12:00】岩の下の道を歩きます。 γ(▽´ )ツ 。
道

 η37.【12:12】新緑の道を歩いていきます。  o(^▽^)o
道

 η38.大砲岩です。人が乗ってますよ。発射!  ヾ( `▽)ゞ 《C!大砲岩》
大砲岩

 η39.クサリ場を登ります。人が多いですね。  (・∀・)
クサリ場

 η40.【12:20】相馬岳を振り返ります。  \(^_^)/
相馬岳

 η41.不安定な岩がある景色です。おもしろいですね。  w(゚o゚)w
岩

 η42.洞門の方も眺めます。  ヾ( `▽)ゞ
洞門

 η43.中之岳を見上げました。  o(^▽^)o
中之岳

 η44.みんな岩の上でくつろいでいます。  \(^_^)/
岩

 η45.大砲岩を下から振り返りました。  γ(▽´ )ツ
大砲岩

 η46.【12:31】第4石門をくぐって振り返ります。 ヾ( `▽)ゞ
第4石門

 η47.【12:38】またくさり場がありましたよ。 (・∀・)
くさり場

 η48.妙義の奇岩を眺めます。  \(^_^)/
奇岩

 η49.石門を見上げて通過します。またクサリ場です。 w(゚o゚)w
石門

 η50.【12:53】車道に合流しました。  γ(▽´ )ツ
車道に合流

 η51.妙義さくらの里の八重桜を見て歩きます。きれいですね。 o(^▽^)o
さくらの里

 η52.【13:02】登山口の妙義神社に向かいます。 (・∀・)
道

 η53.【13:16】下山中です。けっこう疲れています。がんばれー。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 η54.【13:46】駐車場が見えてきました。  o(^▽^)o
駐車場

 η55.【14:04】黒門に戻りました。ヒメシャガが咲いています。 γ(▽´ )ツ
黒門

 η56.【14:47】松井田駅です。普通電車で鶴見駅に移動しますね。\(^_^)/
松井田駅



 

  妙義山の山行日記  H17年5月1日

 妙義山は遭難が多いということを聞いています。稜線の上級者コースはかなり危ない山道だそうです。関東のガイドブックは中間道の散策になっていました。二百名山ガイドは点線のコースです。覚悟していきました。

 新幹線の車窓からも見える妙義山です。春に行くことになりました。普通電車で行っています。天気は曇っていますが、雨は降らないでしょう。松井田駅についたのが7時21分。タクシーがいないので、頑張って歩きますよ。駅から妙義山が見えますが、ほんとに変わった形の山です。

 山に近づいていますが標高は高くありません。里にはチューリップなどの春の花が咲いています。ヤマブキやアヤメなどを見ながら歩きました。水車もまわっています。黒門を通過して、妙義神社の境内に入りました。広い神社です。カラフルな本殿に参拝して山道に向かいました。

 上級コースは避けます。でも目的は最高所です。相馬岳の山頂には行きたいです。案内図を見てから中間道に入りました。けっこう人が歩いています。中間道を歩く人が多いようです。道はきれいに整備されています。案内板も多いです。「大」の字への分岐がありますが、このまま通過します。

 山道から町が見えます。くもっていますが見えていました。景色を見ながら歩くのは楽しいです。ツツジの花が咲いています。他にもウツギやヤマブキなどが目を楽しませてくれます。大黒の滝を見ました。細く流れている滝です。その後第二見晴に到着しました。

 相馬岳が見えています。今から登りますよ。天狗岳も見えます。険しい岩山だと感じます。分岐の近くにザックを置いて、小さい袋を背負って登ることにしました。注意書きの看板があります。タルワキ沢沿いに登って、やがて急になります。クサリ場もありました。

 稜線にでたら、山道がなだらかになりました。そんなに危ないという感じはしません。この辺りは歩きやすいところだったのでしょう。樹林帯を歩いて相馬岳山頂に登頂しました。山頂に立ててうれしく思います。山頂からは金洞山などの山々が眺められました。

 上級者コースを歩いている人に会います。私は同じ道を下って中間道に戻りました。置いていたザックを回収して先に進みます。人が少なくなって、静かな中間道でした。みんな岩場に向かったのでしょう。本読みの僧や東屋に寄りながら、楽しい中間道を歩いていきます。

 石門に向かっています。階段や岩の下を歩く道があっておもしろいです。5月なので新緑があります。明るい緑です。やがて岩が見えました。大砲岩です。どこを狙っているのでしょうか。砲頭に立つと怖そうですね。近づいていきます。急な岩をクサリをつかんで登りますが、とてもおもしろかったです。

 振り返れば相馬岳があります。さきほどいたところです。やはり険しく感じます。いろんな岩がありますが、岩の上に丸い石がありました。不安定で落ちそうです。でも落ちないのでしょうね。中之岳を見上げます。こちらも岩山です。何人か岩に乗って楽しんでいます。アスレチックみたいな感じですね。

 さらに岩を見てまわります。石門もくぐります。時間の都合で全部まわることはできません。道の途中に岩場があり、クサリがあります。クサリをつかんで登るのが楽しかったです。注意して登っています。人が集まるのがわかりました。

 岩場のあとはさくらの里に向かいます。八重桜が満開できれいでした。春の季節がいいですね。その後、案内を見ながら黒門へと戻ります。そしてまた車道を歩いて松井田駅に戻りました。今度は晴れている時に岩の景色を眺めてみたいです。



【反省点】
  ・もっといろんな岩を探せばよかった。
  ・クサリで岩登りするのも楽しい。時間があれば、、、
  ・駅から歩く時間がロス。レンタルサイクルあればなぁ。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム