【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 帝釈山まで往復した女峰山

  



 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
女峰山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  霧降高原口
女峰山
 200名山 女峰山山頂   2483m
女峰山
 

  女峰山の案内地図


 女峰山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   女峰山の近辺

大きな地図で見る

 女峰山【電子国土基本図参照】女峰山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
女峰山

女峰山
 女峰山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]
関東山行K90に記録    

 
 
 

  女峰山の山行記録  H17年9月18日

 ■時間がかかると思って、早朝から登りました。

 Ш01.【2:18】 霧降高原で車中泊。月が明かるいです。車6台います。o(^▽^)o
霧降高原

 Ш02.【5:13】朝食後に明るくなったので出発。まだ写真がうまく撮れません。
霧降高原

 Ш03.【5:39】静かに登っています。日の出時間なので何度も振り返ります。
日の出

 Ш04.【5:45】小丸山です。赤薙山が見えます。すぐに通過します。γ(▽´ )ツ
小丸山

 Ш05.日光市街と鳴虫山(右上)が見えます。朝の景色ですよ。 \(^_^)/
日光市街と鳴虫山

 Ш06.朝日を浴びている山です。暑くなりそうですね。 ヽ(゚◇゚ )ノ
山

 Ш07.奥に高原山が見えています。まだ白黒の水墨画のような景色です。γ(▽´ )ツ
高原山

 Ш08.【6:19】赤薙山に向かっています。朝の色です。  \(^_^)/
景色

 Ш09.【6:23】焼石金剛の標識です。高原山の方向。  (・∀・)
焼石金剛

 Ш10.【6:30】赤薙山に近づいています。あともう少し。頑張れー。
赤薙山

 Ш11.きれいなキノコがありました。見てるだけです。 (・∀・)
キノコ

 Ш12.【6:49】赤薙山山頂 2010m到着。 \(^▽^)/ 赤薙山神社に参拝。
赤薙山山頂

 Ш13.ロープの向こうに注意して歩いています。  w(゚o゚)w
道

 Ш14.前女峰と女峰山がよく見えます。左の奥が男体山です。 o(^▽^)o
前女峰と女峰山

 Ш15.次はあの峰かと考えながら歩いています。左が女峰山です。(・∀・)
左が女峰山

 Ш16.白い木が並んできれいな山道です。 γ(▽´ )ツ
山道

 Ш17.【7:45】赤薙神社奥社跡です。出会った人と歩いています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
赤薙神社奥社跡

 Ш18.【7:59】山道を登ってヤハズに到着です。\(^_^)/
山道

 Ш19.女峰山がまだ遠いです。でも美しいですね。 ヾ( `▽)ゞ
女峰山

 Ш20.【8:25】広い峰の一里ケ曽根です。明るいですよ。γ(▽´ )ツ 《C!田代山》
一里ケ曽根

 Ш21.【8:41】一度下って水場の案内発見。すぐ近くでした。 o(^▽^)o
水場

 Ш22.白い木としゃくなげの明るい道です。狂い咲きのイワカガミがありました。
道

 Ш23.心配でしたが、だいぶ近づいています。まだ体力ありますよ。ヾ( `▽)ゞ
道

 Ш24.太郎山が見えました。うれしいです!この時まだ登ってませんでした。
太郎山

 Ш25.振り返って登った道を見ています。あとで下ります。遠くの山が気になります。
燧ケ岳

 Ш26.【9:14】女峰山と帝釈山(右)を眺めて登ります。 \(^_^)/
女峰山と帝釈山

 Ш27.ハイマツの間の細い山道を登ります。ちくちく。  ヾ( `▽)ゞ
山道

 Ш28.石のある道を歩いていくと山頂はもうすぐです。 γ(▽´ )ツ
道

 Ш29.女峰山山頂ですよ。話し声が聞こえます。  (・∀・)
女峰山山頂

 Ш30.日光白根山が見えます。 感激ですよ。 \(^_^)/
日光白根山

 Ш31.【9:41】女峰山山頂に到着 2483m。 \(^▽^)/ 晴れてますよ。
女峰山山頂

 Ш32.男体山と大真名子山がよく見えますね。ヤッホー。 ヽ(゚◇゚ )ノ
男体山と大真名子山

 Ш33.戦場ヶ原がぼんやり見えます。  ヾ( `▽)ゞ
戦場ヶ原

 Ш34.帝釈山です。時間があるので行ってみます。奥に太郎山が見えます。
帝釈山

 Ш35.【10:00】帝釈山に向かって、山道をどんどん進みます。 o(^▽^)o
山道

 Ш36.【10:09】専女山です。このまま通過しますね。 \(^_^)/
専女山

 Ш37.帝釈山に近づきました。あともう少しです。  ヽ(゚◇゚ )ノ
帝釈山

 Ш38.【10:19】帝釈山山頂です。2455m。 \(^▽^)/
帝釈山

 Ш39.太郎山が大きく見えています。その左奥に白根山があります。
太郎山

 Ш40.再び女峰山めざします。ちょっと曇ってきました。 o(^▽^)o
道

 Ш41.ハイマツで歩きにくいところがありました。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 Ш42.【11:01】再び女峰山山頂です。ちょっと下の祠に参拝して休憩します。
女峰山山頂

 Ш43.【11:15】下山開始しました。雲がかかってきています。 (・∀・)
道

 Ш44.同じ道をどんどん下っています。またイワカガミが咲いていました。
道

 Ш45.【11:48】90度に東の方に曲がって進んでいるところです。 ヾ( `▽)ゞ
道

 Ш46.【11:58】水場まで戻りました。1リットルほど補給します。 γ(▽´ )ツ
水場

 Ш47.【12:12】一里ケ曽根です。さらに頑張って下りましょう。 o(^▽^)o
一里ケ曽根

 Ш48.少し疲れてきました。ヤハズを通過します。  (・∀・)
ヤハズ

 Ш49.【12:45】また少し登って奥社跡です。ここから下ります。 γ(▽´ )ツ
奥社跡

 Ш50.【13:26】赤薙山の祠です。ふたり休んでいました。 \(^_^)/
赤薙山の祠

 Ш51.【13:45】焼石金剛です。明るい草原を下っていきます。 ヾ( `▽)ゞ
焼石金剛

 Ш52.イワヨモギが咲いていました。 o(^▽^)o
イワヨモギ

 Ш53.石がごろごろしているところを歩きます。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 Ш54.【14:04】小丸山です。リフトで上がってきた人たちです。 \(^_^)/
小丸山

 Ш55.早朝と違って明るくなっています。リフトのスピーカーから音楽が流れてます。
道

 Ш56.【14:27】登山届けの箱のところに下山しました。 γ(▽´ )ツ
下山

 Ш57.【14:28】霧降高原の駐車場に戻りました。 o(^▽^)o
霧降高原



 

  女峰山の山行日記  H17年9月18日

 横浜に住んでいた時です。関東百山制覇めざしていましたが、女峰山にとても苦労しそうで、いろいろ計画を考えていました。長い行程を日帰りでチャレンジしてみたいです。そのために前日から霧降高原の駐車場で車泊していました。月がきれいな夜でした。同じようにしている人が何人かいました。

 眠いけどうす明るくなったので起きます。簡単に食事をして、5時すぎに出発です。夏が終わって涼しくなっています。朝はちょっと寒いですね。トンネルをくぐって登山届前から山道に入りました。まだうまく撮影できません。これから明るくなっていきます。

 登り始めて20分もすると、日が昇ってきました。ちょうど大きな木がないところで、何度も振り返って眺めました。日の出がきれいです。明るくなると日光の町も見えてきました。さらに小丸山に向かって登ります。まだ静かな朝です。

 小丸山を通過します。日光の鳴虫山が見えています。まずは赤薙山まで頑張りましょう。標高がだんだん上がっていきます。高原山も見えてきました。白黒の景色です。焼石金剛の標識を過ぎて、草原帯から樹林帯へと入っていきます。山道がいくつかあるように見えましたが、とにかく上を目指して進みました。

 7時前には赤薙山山頂に着きました。神社に参拝します。標高は2010mです。女峰山山頂と470m差ですが、アップダウンが予想されます。さらに尾根を登っていきます。岩もあります。また展望のよいところにでました。なんと前女峰と女峰山がよく見えています。さらに男体山も見えてきました。しかも青空です。うれしいですね。

 元気がでて張り切って歩きます。登っている人が何人かいますが、ちょうど同じくらいのペースの男性といっしょにしゃべりながら歩きました。お酒が入ったビニール袋を手に持っています。山頂でじっくり休むそうです。歩きにくそうに見えるのですが早いです。

 女峰山の手前にまだ峰が見えます。あれも越すのかと思うと、行程が長いのを実感します。進むしかないです。白い木の間の山道に日がさしこみます。まだ草が緑色です。7時45分には奥社前を通過します。木に札がありました。女峰山がとても美しく見えます。早く登りたいですね。

 8時半には一里ケ曽根に着きました。峰のピークですが、広くて展望がよいです。ちょっと休憩。そして一度下ります。水場の案内がありますが、すぐ近くです。ちょっと飲みましたが冷たかったです。暑くなってくる時間帯です。枯木が多くあります。なんと季節外れのイワカガミの花がありました。

 だいぶ進みました。やがて太郎山が見えてきます。こうなるとうれしいですね。日光に来ていることを実感します。この時はまだ男体山も太郎山も登頂していませんでした。振り返って登ってきた山を眺めます。あとで下るところです。遠くにも山が見えますが、どの山か気になります。

 また道が急になってきました。そして女峰山と帝釈山が見えました。近づいていますね。もう少しです。とにかく頑張りましょう。景色がよいところです。が、ハイマツの間の細い山道だから少しチクチクします。やがて石が散らばる道になるともうすぐです。話し声が聞こえます。

 山頂に人がいるのが見えます。小屋泊まりの人のようですが、何人か休んでいます。景色を眺めると、白根山が見えています。関東最高です。そして9時41分に女峰山に登頂しました。約4時間半かかりました。思ったより早く着きました。

 男体山と大真名子山が大きく見えます。きれいですね。いつか登りますよ。よーく見ると洗浄ケ原が見えます。ズームして撮影。遠くが見えるとうれしいです。帝釈山の向こうに太郎山が見えるようになりました。時間があるので帝釈山まで往復することにします。縦走できないのが残念です。

 見晴らしのよい尾根道です。途中、専女山の表示がありました。岩を眺めて歩いていましたが、また樹林帯になります。上り坂です。力を入れて歩いていくと、帝釈山山頂に着きました。約20分かかりました。狭いけど何人か休んでいます。ここからは太郎山が大きく見えました。

 目的達成なので、また女峰山に戻ります。11時になったのでお昼をいただきました。のんびりすればいいのですが、長い下山に備えて下山します。曇ってきたので景色は朝方の方がよかったです。同じ道を戻るので迷うことはないでしょう。登山時を思い出しながら下っていきました。

 しばらくはゆるやかに歩いていました。水場で水を補給します。冷たいのでありがたいです。そしてまた登って一里ケ曽根になります。アップダウンはほんとに体力消耗します。男体山には雲がかかっていました。さらに進みます。奥社跡を通過します。赤薙山まで長く感じました。

 赤薙山から下っていきます。展望のよいところもあります。草原帯の下りは楽しいです。小丸山に着きました。リフトが動いているので、観光客が上がってきています。スピーカーから音楽が流れていてにぎやかでした。冬はスキー客でいっぱいでしょうね。

 最後は樹林帯を下って登山届の入口にでました。すぐに駐車場です。時刻は14時半、下山は3時間ちょっとかかりました。このあとレンタカーを返しに宇都宮へと移動します。やっかいだと思っていた女峰山に登れてよかったです。



【反省点】
  ・山頂周辺の写真をもっとしっかり撮ればよかった
  ・車だから縦走はできなかった
  ・水をもう少し持っていけばよかった
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム