【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 馬坂峠口から登る帝釈山と田代山

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
帝釈山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  馬坂口
帝釈山
 200名山 帝釈山山頂   2060m
帝釈山
 

  帝釈山の案内地図


 帝釈山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   帝釈山の近辺

大きな地図で見る

 帝釈山【電子国土基本図参照】帝釈山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
帝釈山
 帝釈山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22. 7. 3 -5    

 
 
 

  帝釈山の山行記録  H22年7月3日

 ■田代山登頂の時に登れなかった帝釈山です。

 θ01.車で桧枝岐から馬坂峠に移動中です。今度は登頂したいですね。o(^▽^)o
移動中

 θ02.【13:00】馬坂峠登山口出発。下山者とすれ違いながら登ります。《C!地図》
馬坂峠

 θ03.ギンリョウソウがいくつかありますよ。 ヾ( `▽)ゞ
ギンリョウソウ

 θ04.木の道や階段があり整備されています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 θ05.急な山道も登ります。雨は完全にやみました。  \(^_^)/
道

 θ06.ピークが見えてきました。すぐそこですよ。  γ(▽´ )ツ
帝釈山山頂

 θ07.【13:30】帝釈山山頂2060m。登山口から0.9km。\(^▽^)/
帝釈山山頂

 θ08.台倉高山2067mです。燧ケ岳は雲の向こうですよ。(・∀・)
台倉高山

 θ09.【13:36】田代山目指して進みますね。  γ(▽´ )ツ
道

 θ10.栃木県側は雲です。田代山も雲の中ですね。  (´・_・`)
雲

 θ11.一度くだっていきます。道は雨のあとで泥ベチャでした。 w(゚o゚)w
道

 θ12.シダの新緑がきれいで明るいです。  o(^▽^)o
新緑

 θ13.ベチャ道でも木道は助かります。  γ(▽´ )ツ
木道

 θ14.【14:36】田代の避難小屋です。山頂から1.9kmです。 ヾ( `▽)ゞ
田代の避難小屋

 θ15.少し歩くと湿原帯になります。人がいません。一方通行看板見落としました。
田代

 θ16.ガスっていますが2本の木道が続きます。 (・∀・)
木道

 θ17.ワタスゲです。湿原ですね。  γ(▽´ )ツ
ワタスゲ

 θ18.木道歩きは楽しいです。足音がします。  o(^▽^)o
湿原

 θ19.ニッコウキスゲです。2輪の花のみ見つけました。 ヾ( `▽)ゞ
ニッコウキスゲ

 θ20.長い木道が続いています。田代山の山頂標識はピークにありません。
湿原

 θ21.チングルマの穂です。  γ(▽´ )ツ
チングルマの穂

 θ22.田代山山頂1926m。\(^▽^)/ 小屋辺りが最高所と思う。
田代山山頂

 θ23.小さな川が流れています。木賊の方向です。  (・∀・)
湿原

 θ24.会津駒ケ岳の方がうっすら見えますよ。  o(^▽^)o
会津駒ケ岳

 θ25.最初の湿原入口まで戻ってきました。【15:00】小屋前通過。  ヽ(゚◇゚ )ノ
湿原

 θ26.同じ道を歩いて、帝釈山に向かっています。 γ(▽´ )ツ
道

 θ27.【15:55-15:59】再び帝釈山山頂です。視界が悪いです。(・∀・)
帝釈山山頂

 θ28.近くの燧ケ岳が見えないのが残念です。  (´・_・`)
景色

 θ29.どんどん下っていきます。もう誰もいませんでした。 
道

 θ30.【16:20】馬坂峠です。下山完了。 \(^_^)/
馬坂峠

 θ31.車で移動中に眺めた帝釈山です。  o(^▽^)o
帝釈山



 

  帝釈山の山行日記  H22年7月3日

 以前 田代山に登ったことがあります。ゲートがあったので長い林道を歩いて登山口に到着しました。この時は残雪があったのと、帰路の時間を考えて、帝釈山に登ることができませんでした。この時の目的は田代山だったので気にしていません。今回は二百名山の帝釈山が目的です。

 ゲートに邪魔されないように、桧枝岐から登山口に向かいます。午後からの登山です。なんとなく車を運転して馬坂峠に着きました。けっこう車がとまっています。人気のあるコースなんですね。さっそくスタートします。小雨がぱらつきましたが、すぐにやみました。

 帝釈山名物のオサバグサがたくさん咲いています。葉っぱの形がおもしろいです。山道は木道や木の階段があって歩きやすいです。そして何より登山口から900mなのですぐに着きました。ちょっと早すぎてあっけないですね。山頂は広くありません。展望は良いのですが、雲がまわりの山を隠しています。

 さぁここから田代湿原に向かいます。夏の花が楽しみです。一度下りますが、雨のあとで道が泥ベチャです。滑らないように、靴を汚さないように歩きました。下山者ともすれ違います。私が最後の登山者のようです。約2kmの道を急ぎました。

 避難小屋が見えてきました。懐かしいところです。今回は残雪がありません。さっそく湿原に入りました。早く見たくて、うっかり標識を見落としていました。一方通行の案内があったのです。湿原には数人の姿しか見えていません。なんか独り占めしているみたいですね。

 花を探していますが、チングルマの花が終わって穂になっています。前みたいに花いっぱいの景色ではありませんでした。ワタスゲがあります。リンドウもありました。黄色いニッコウキスゲ、ふたつほどきれいな花がありました。あってよかったです。

 田代山はピークに山頂標識がありません。湿原の中央の休憩場みたいなところにあります。ここで休んでいた人と話をしましたが、以前の登山口からのコースは土砂崩れで通行禁止になっているそうです。知らなかったから、あちらに行かなくてよかったです。

 時間の都合で一周まわらずに戻りました。なぜか避難小屋までゆるやかな上りです。足音が面白いです。静かな湿原をあとにして、私も下山開始します。同じ道なので、一度帝釈山に戻ります。燧ケ岳が見えるとこなのに、雲で見えないのが残念でした。

 登山口に戻ると何人か帰る準備をしていました。栃木側への道を確認しますが、こちらの道は以前土砂崩れで通れなかったところです。道が悪かったので運転したくないところでした。もう見るものもないので宿に移動します。翌日は小雨の中を燧ケ岳に登り、その後、会津朝日岳に向かいました。

 宿でデジカメの写真を確認しました。撮影したデータが消えていました。ショックです。こんなことはそんなにありませんが、この時使用していたデジカメは調子が悪かったです。後日復活ソフトで何枚か復元できました。撮影には注意しなくてはいけませんね。



【反省点】
  ・カメラ2台で撮影しておいたらよかった。
  ・登山道の状況を事前に調べておけばよかった。
  ・湿原で標識をよく確認すればよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム