【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 平標山から往復した仙ノ倉山

  



 
  -山道歩の祈幸日本二百名山-
 
トップ
ページ
現在頁
仙ノ倉山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  平元新道口(火打峠から)
仙ノ倉山
 200名山 仙ノ倉山山頂   2026m
仙ノ倉山
 

  仙ノ倉山の案内地図


 仙ノ倉山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   仙ノ倉山の近辺

大きな地図で見る

 仙ノ倉山【電子国土基本図参照】仙ノ倉山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
仙ノ倉山

仙ノ倉山
 仙ノ倉山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
関東山行K78に記録    

 
 
 

  仙ノ倉山の山行記録  H17年9月4日

 ■雷雨の翌日に登った平標山と仙ノ倉山です。

 Ж01.【5:44】車で三国トンネルに入ります。昨夜は雨がよく降りました。
三国トンネル

 Ж02.【6:11】登山口の駐車場です。平元新道の方に向かいます。松手山は下山時。
駐車場

 Ж03.【6:31】またゲートを通ります。キリっぽいですね。γ(▽´ )ツ
ゲート

 Ж04.【6:58】ここから山道です。天気が回復しているところです。 ヾ( `▽)ゞ
山道

 Ж05.階段を登っていきます。  \(^_^)/   《C!カタツムリ》
山道

 Ж06.【7:23】クマザサの茂る道です。植林から抜けました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
クマザサ

 Ж07.【7:47】整備された階段を登っています。  ヾ( `▽)ゞ
階段

 Ж08.【8:00】道が湿っています。空が開けています。 o(^▽^)o
道

 Ж09.【8:08】山の家に到着しました。 \(^▽^)/
山の家

 Ж10.【8:20】山が見えてきましたよ。平標山もきれいに見えます。《C!仙ノ倉》
平標山

 Ж11.【8:32】24分休憩しました。キリに包まれたので出発します。 γ(▽´ )ツ
山の家から出発

 Ж12.イワショウブの花がたくさん咲いていました。  《C!》  ヾ( `▽)ゞ
イワショウブ

 Ж13.【8:47】花を見ながら木道を歩いています。  o(^▽^)o
花

 Ж14.【8:54】稜線がよく見えますよ。  \(^_^)/
稜線

 Ж15.紺色のリンドウです。  ヽ(゚◇゚ )ノ
リンドウ

 Ж16.地図に載っていた、平標山を迂回する仙ノ倉山への道は封鎖でした。
封鎖

 Ж17.平標山が目の前に見えてきましたよ。  γ(▽´ )ツ
平標山

 Ж18.【9:18】平標山山頂でーす。標高1984m。 \(^▽^)/ ここから往復!
平標山

 Ж19.人が多かったので、すぐに仙ノ倉山に向かいました。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 Ж20.【9:27】こちらのトラバース口も封鎖されていました。 (・∀・)
封鎖

 Ж21.【9:37】早く山頂につきそうだけど、まだこの向こうですよ。ヾ( `▽)ゞ
山

 Ж22.【9:43】向こうに山が見えています。真ん中らしいのですが。γ(▽´ )ツ
山

 Ж23.次はあの山です。でも山頂ではありませんでした。  w(゚o゚)w
山

 Ж24.【9:54】道がまだまだ続いていますよ。がんばれー。 \(^_^)/
道

 Ж25.トリカブトやアキノキリンソウなど見て歩いています。 o(^▽^)o
花

 Ж26.仙ノ倉山が大きく見えてきました。あとちょっと。 γ(▽´ )ツ
仙ノ倉山

 Ж27.仙ノ倉山山頂の下側です。ピークですね。  ヾ( `▽)ゞ
仙ノ倉山

 Ж28.【10:02】仙ノ倉山山頂 2026m。 \(^▽^)/ 登頂でーす。
仙ノ倉山

 Ж29.山頂にはおおばこが多かったです。キリに包まれたので下山しますね。
おおばこ

 Ж30.花や実を見ながら歩きます。平標山めざしてます。  (・∀・)
花や実

 Ж31.キリの中を歩いています。赤いのはポストではありません。 \(^_^)/
道

 Ж32.【11:07】キリがかった平標山に戻りました。  o(^▽^)o
平標山

 Ж33.【11:11】下山開始です。キリの中を歩いているところです。 (・∀・)
キリの中

 Ж34.ウメバチソウが咲いています。  ヾ( `▽)ゞ
ウメバチソウ

 Ж35.【11:37】まだまだ尾根歩きです。この辺りは花が多いです。γ(▽´ )ツ
尾根歩き

 Ж36.いろんな花を眺めて歩きました。  o(^▽^)o
花

 Ж37.【12:00】曲がりくねった階段を下ります。木がない山道です。ヽ(゚◇゚ )ノ
階段

 Ж38.【12:14】静かに歩いています。たまに登山者とすれ違います。o(^▽^)o
道

 Ж39.雲が流れたので、平標山を眺めました。  \(^_^)/
平標山

 Ж40.山道が見えます。3人こちらに向かってきていますよ。  γ(▽´ )ツ
道

 Ж41.【12:33】松手山山頂です。 すぐに通過しました。 o(^▽^)o
松手山山頂

 Ж42.【12:46】階段のところは歩きやすいですね。下りましょう。ヾ( `▽)ゞ
階段

 Ж43.【12:59】鉄塔の前を通ります。ハギが咲いています。 (・∀・)
鉄塔の前

 Ж44.【13:13】苗場のトンネル見てから、べちゃ道を下りました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 Ж45.マツムシソウが咲いています。秋を感じますね。 ヾ( `▽)ゞ
マツムシソウ

 Ж46.下山口近くで咲いていました。黄色は明るいです。  o(^▽^)o
花

 Ж47.【13:40】山道から下山。少し雨が降り出しました。  \(^_^)/
下山

 Ж48.【13:44】駐車場に到着。3分してどしゃぶりになりました。セーフ。
駐車場

 Ж49.【16:29】上毛高原駅から新幹線に乗りました。目的達成!   \(^▽^)/
上毛高原駅



 

  仙ノ倉山の山行日記  H17年9月4日

 関東の百山をめざしていた頃です。平標山(たいらっぴょうやま)が載っていて、その延長線に仙ノ倉山がありました。二百名山だけど1.5kmくらい遠いのでそうしたのでしょう。どんな山なのか登りに行かなくてはなりません。夏が終わって9月になっていました。

 駅で車を借りて山をまわっています。登山口まで行きたかったのですが、買いだしなどしていたら遅くなって暗くなり、しかも雨がよく降るので、運転をあきらめて早く寝ることにしました。そして朝早く出発します。登山口がスムーズにわかってよかったです。雨はやんでいました。

 標高約1000mの駐車場から、岩魚沢林道を歩きます。足慣らしです。キリが上がっているので期待できます。約 3km歩いて、平元新道の登山口に着きました。ここから樹林帯の山道です。まずは山の家をめざします。新潟県を歩いていますが、早く群馬県境の稜線を歩きたいものです。

 道が広くてきれいです。木で段が作られていました。ササが濡れていましたが、服にあたらなければ濡れることはありません。道が湿っています。ツルリンドウやイワオトギリを見ながら登っていくと、山の家に到着しました。8時すぎです。

 ここでゆっくり休憩します。水場もありました。雲が流れて、平標山や仙ノ倉山が見えるようになりました。小屋からの展望がいいですね。まだ標高1650m。まだ400mアップしなくてはなりません。頑張って登りますよ。何人か同じように登っていました。

 稜線にある小屋がキリに包まれてきました。出発します。木がなくなって草原帯を歩いています。きれいな木道が続きます。その上を音を立てて歩きます。キリから抜けて視界がよくなり、楽しく歩いています。近くに花がないか探しながら歩くと、気が楽であまり疲れません。イワショウブやリンドウがきれいに咲いていました。

 県境上の山道。上がよく見えます。とにかく前に進みましょう。トラバースの道は植生保護で通行禁止になっています。ピークをまわるしかないですね。さらに登って1984mの平標山道歩山頂に到着しました。ちょうど団体さんが下山開始しました。早い行動ですね。山の家に泊まっていたのでしょう。

 最初の目的は達成です。続いて仙ノ倉山に向かいます。一度下るのがめんどうですが、仕方ないですね。簡単に来れるとこではないから、頑張っていきましょう。こちらも草原が広がっていて、よい景色が続いていました。東に向かっています。シャクナゲやニッコウキスゲの多いところだそうです。

 いくつかピークがあるので、どこが山頂かなと考えながら歩きます。山が見えているとうれしいですね。このまま歩いて谷川岳まで行きたい気分です。行ったら戻るのがたいへんでしょうね。トリカブトやアキノキリンソウなどを見ながら歩きました。山道が遠くまで続いている景色です。

 10時です。最後の坂を登って仙ノ倉山山頂に到着しました。誰もいない時でした。草がまだ夏色です。風で動いています。標識がまんなかに立ってます。そして周囲にロープがあります。植生保護しているようです。オオバコが多かったのが印象に残りました。360度の展望があるのですが、キリに包まれて視界が悪くなりました。

 下山開始します。同じ道を平標山へと戻ります。また峰をいくつか越えていきます。ちょっとめんどうです。花でも見て気分転換。約1時間で平標山山頂に戻りました。日が照って欲しいけど、キリがかっています。このまま松手山へと下山していきす。

 当分の間尾根歩きです。景色が楽しい道です。県境からは離れていきます。こちらもいろんな花が咲いた跡があります。夏に歩いてみたい気になりました。フウロやウメバチソウを見ながら下りました。12時すぎるとキリが流れたのか視界がよくなりました。下りの山道が遠くまで見えます。振り返れば平標山も見えていました。

 明るい道を下っていきます。早い時間なので登山者ともすれ違います。松手山山頂を通過してさらに下ります。濡れてベチャになっているところもありました。鉄塔の横を通過し樹林帯の急坂を下って車道へと下山しました。少し雨がパラつきました。駐車場に着いて3分しら土砂降りとなり、運よく濡れずにすみました。



【反省点】
  ・登山口近くで前泊できたらよかった。(雷雨なので駅前車泊)
  ・花の多い初夏に登ったら、たくさんの花が見られた。
  ・下りは足を痛めないようにもっと丁寧に歩くのがよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム