【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

            裏岩菅山まで歩いた岩菅山

  






-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
岩菅山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  高天ヶ原口
岩菅山
 200名山 岩菅山山頂   2295m
岩菅山
 

  岩菅山(いわすげやま)の案内地図


 岩菅山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   岩菅山の近辺

大きな地図で見る

 岩菅山【電子国土基本図参照】岩菅山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
岩菅山

岩菅山
 岩菅山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.10.31 -15    

 
 
 

  岩菅山の山行記録  H21年10月31日

 ■晩秋ですが、晴天の暑い日の登山でした。

 Ш01.ホテル駐車場前で準備完了。これから登りますよ。γ(▽´ )ツ 《C!紅葉ツタ》
駐車場前

 Ш02.【7:28】高天原神社に参拝して登山道に入ります。  (・A・)
高天原神社

 Ш03.【7:38】急坂のゲレンデから。焼額(やけびたり)山が見えますよ。《C!ホテル》
焼額山

 Ш04.【7:44】一本の木がシルエットになっています。 《C!うっすら北アルプス》
一本の木

 Ш05.【7:52】リフト駅上の分岐です。 左に登りました。  \(^_^)/
分岐

 Ш06.【7:56】横手山がよく見えます。 塔がありますよ。  ヾ( `▽)ゞ 《C!》
横手山

 Ш07.【8:03】東館山の尾根です。振り返るとゴンドラリフトの東館山駅です。
東館山の尾根

 Ш08.道が多くてわかりにくいです。岩菅山が見えだしました。ヽ(゚◇゚ )ノ
岩菅山

 Ш09.【8:22】東館山山頂1994m 往復しました。\(^▽^)/ 引き返します。
東館山山頂

 Ш10.東館山山頂から岩菅山2295mがよく見えます。  γ(▽´ )ツ
岩菅山

 Ш11.【8:28】鳥居に戻り、寺小屋スキー場経由で登山道に向かいました。
寺小屋スキー場経由

 Ш12.【8:41】ゲレンデをだいぶん登りました。暑いです。(・∀・) 《C!景色》
ゲレンデ

 Ш13.【8:58】寺小屋峰山山頂2125m。 \(^▽^)/  樹林帯です。
寺小屋峰山山頂

 Ш14.【9:08】金山沢の頭の分岐 2130mです。 ヽ(゚◇゚ )ノ この先は下り。
金山沢の頭

 Ш15.赤石山や横手山が見えますよ。パノラマです。 ヾ( `▽)ゞ 《C!大》
赤石山や横手山

 Ш16.【9:25】美しい景色です。見事な岩菅山に近づいていますね。γ(▽´ )ツ 《C!》
岩菅山

 Ш17.【9:34】尾根沿いに進んでいます。わくわくしますよ。 \(^_^)/
尾根沿い

 Ш18.【9:55】青空の下を歩いていますよ。たまに凍ってる水あります。 o(^▽^)o
青空の下

 Ш19.【10:14】ノッキリの休憩所です。 標高2070m。ここからまた上りです。
ノッキリ

 Ш20.【10:20】山頂までもうすぐ。頑張りましょうね。 γ(▽´ )ツ 《C!大》
岩菅山

 Ш21.【10:30】岩道です。 白い岩がありますよ。  ヾ( `▽)ゞ
岩

 Ш22.【10:42】標識のようなものが見えてきました。 (・∀・) 《C!寺小屋峰》
岩菅山

 Ш23.山頂が見えてきました。 もうすぐですよ。  o(^▽^)o  《C!新潟群馬方向》
岩菅山

 Ш24.【10:45】岩菅山山頂、2295m。登りましたよ。 \(^▽^)/
岩菅山

 Ш25.横手山方向の景色です。  γ(▽´ )ツ
横手山

 Ш26.避難小屋の様子です。  ヽ(゚◇゚ )ノ
岩菅山

 Ш27.三角点は少し奥にあります。雪が少し残っていました。ヾ( `▽)ゞ
岩菅山

 Ш28.【10:52】裏岩菅山に向かいます。山頂が見えないですね。 ヽ(゚◇゚ )ノ
裏岩菅山に

 Ш29.【11:09】ゆるやかな山道です。危険はないですがアップダウンです。
山道

 Ш30.【11:16】裏岩菅山に近づいています。あそこに急坂がありますよ。o(^▽^)o
裏岩菅山

 Ш31.焼額山と志賀高原の町並みがよく見えますね。  \(^_^)/   《C!大》
焼額山と志賀高原

 Ш32.急坂を登るとゆるやかな山道になりました。のどかです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 Ш33.【11:32】裏岩菅山山頂 2341m。 \(^▽^)/ 天気最高!
裏岩菅山

 Ш34.北の方の山々です。鳥甲山などありますね。 ヾ( `▽)ゞ
北

 Ш35.【11:46】下山開始です。山道がはっきりします。途中から岩菅山が見えます。
下山開始

 Ш36.【12:17】再び岩菅山山頂に戻りました。 γ(▽´ )ツ
岩菅山山頂

 Ш37.暑い道を下って、【12:35】ノッキリに戻りました。違う道になります。
ノッキリ

 Ш38.【13:11】アライタ沢を渡ります。スキー場の西側の方にまわります。
アライタ沢

 Ш39.古代清水(底清水)を汲みました。冷たくておいしいですよ。o(^▽^)o
古代清水

 Ш40.【13:28】分岐です。右が駐車場への道。高天原は直進です。ヽ(゚◇゚ )ノ
分岐

 Ш41.水路にそった山道を歩きます。シラカバがきれいですよ。 ヾ( `▽)ゞ
シラカバ

 Ш42.【13:56】一の瀬スキー場にでました。ゲレンデを横切ります。\(^_^)/
一の瀬スキー場

 Ш43.【14:03】一の瀬バス停を通過します。街中ですよ。 γ(▽´ )ツ
一の瀬バス停

 Ш44.【14:11】高天原バス停です。ホテルの駐車場はすぐそこです。お疲れ様。
高天原バス停

 Ш45.高天原のゴンドラが動いていました。  ヾ( `▽)ゞ
高天原

 Ш46.【14:46】車で移動して池を眺めました。きれいですね。
池



 

  岩菅山の山行日記  H21年10月31日

 長野県北東部の、二百名山を登っていました。昨日の戸隠山は岩場が怖かったです。今日は標高差の少ない岩菅山です。高天ヶ原に泊まっていました。ホテルの食事とお風呂で元気いっぱいです。夜はぐっすり眠りました。外の空気が寒い季節です。

 朝早く起きました。一日じっくり時間がある日です。支度をして、車をとめたまま出発しました。朝日を浴びたツタの紅葉がきれいです。早い時間だから、リフトが止まっています。まずは高天原神社にお参りします。そしてそのまま、静かなゲレンデを登りました。

 さすがに急な斜面です。息がきれますが標高がいっきに上がります。途中何度も振り返ります。景色がいいですね。北アルプスの山もうっすら見えていました。山上駅に着くと車が通れる道が、整備されていました。案内板をよく見なかったので違う方向にいきました。

 そのせいで、東館山山頂まで往復することができました。ちょっと時間ロスしました。地図をよく見ます。寺小屋スキー場から、寺小屋峰に登ることにしました。こちらのゲレンデも急です。そして山道に入っていきました。山道の展望のあるところから、赤石山や横手山がきれいに見えます。天気がよいですね。

 金山沢の頭をすぎてヤセ尾根を歩くと、岩菅山が目の前に見えてきます。大きくて見事です。まだまだ歩きます。景色が楽しい山道です。写真も何枚も撮りました。下りの道はちょっと気が楽です。水たまりに、氷が張っていました。夜は寒いですね。やがて樹林帯に入り、ノッキリの分岐に到着しました。

 ノッキリから先は、明るい山の斜面を眺めて歩きます。このあたりから登山者をみかけます。駐車場から登る人たちでしょう。青空が広がる景色です。山は岩が多くなってきました。そろそろ上に着く頃です。石碑が見えてきました。ゆるやかな山上になると、避難小屋が見えてきました。

 岩菅山山頂に到着です。三角点は少し離れています。大きな木がないから、展望がいいです。広い景色を見ながら休みます。先ほど歩いた稜線も見えました。赤石山や横手山も見えますよ。北の方には、鳥甲山、佐武流山、苗場山などがあるはずです。特定できなかったので、経験不足ですね。

 この時は私ひとりしかいませんでした。さらに標高が46m高い裏岩菅山まで往復してきます。往復のアップダウンはやはりめんどうです。時間に余裕があったので、精神的には楽でした。裏岩菅山山頂も静かです。鳥甲山に近いですね。誰か登っている人が見えないでしょうか。休んでから、同じ道を戻りました。

 岩菅山山頂に戻り、そのまま下山します。前方に人がいます。追いついて話を聞くと、百名山制覇したので二百名山チャレンジ中だそうです。ペースも早かったですよ。ノッキリから駐車場への山道を下ります。古代清水先の分岐で、私は高天ヶ原に向かいました。

 シラカバを見ながら歩きます。午後も天気がよいです。リズムに乗って気持ちよいペースで歩きました。やがて明るいゲレンデです。横切って、ホテル街の車道にでます。シーズンオフなのか、車が少なかったです。そして高天ヶ原に戻りました。東館山に日が当っていてとてもきれいでした。その後、池で遊んで移動しました。



【反省点】
  ・もう少しゆっくりペースでもよかったかもしれない。
  ・地図を見て、山道の位置を把握しておくべきだった。
  ・お土産をゆっくり見てまわればよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム