【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 
 

 和山コースで登った鳥甲山

  


 
 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
鳥甲山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  和山口 1020m
鳥甲山
 200名山 鳥甲山山頂   2038m
鳥甲山
 

  鳥甲山の案内地図


 鳥甲山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   鳥甲山の近辺

大きな地図で見る

 鳥甲山【電子国土基本図参照】鳥甲山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
鳥甲山
 鳥甲山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22.05.29 -13    

 
 
 

  鳥甲山の山行記録  H22年5月29日

 ■屋敷コースの登山口が変わってました。シーズンオフで案内板なし。
   和山コースに変更しました。下山後見たら看板が立てられてました。

 т01.【5:30】屋敷駐車場出発 案内ない?(この日昼に設置)《C!4:30の鳥甲山》。
屋敷駐車場

 т02.ガイドではここが登山口。登ってみたが悪路すぎます。断念。(変更してた)
閉鎖されてた登山口

 т03.【6:20】和山登山口に移動して登りなおしました。ガイドでは上級者用。
和山登山口

 т04.険しい道があるそうです。暑くなりそうなので日焼け止め使用します。
険しい道があるそう

 т05.【6:50】道が急になっています。コースは6.2km。(・∀・)
道

 т06.【7:07】残雪です。この上で尾根にでると展望がありました。ヽ(゚◇゚ )ノ
残雪

 т07.尾根から眺める、この時の苗場山方向は平べったいです。 γ(▽´ )ツ
苗場山方向

 т08.ヤシオツツジが咲いています。  \(^_^)/
ヤシオツツジ

 т09.イワウチワがたくさん咲いています。 可憐ですね。 o(^▽^)o
イワウチワ

 т10.進みながら景色を見ます。新潟方面には雲がかかっています。雲海ヾ( `▽)ゞ
新潟方面

 т11.【7:35】暑い中どんどん登ります。クサリ・ロープ場です。w(゚o゚)w
クサリ・ロープ場

 т12.佐武流山の方を眺めます。
佐武流山

 т13.【7:49】ゆるやかな道です。コブシが咲いてます。右斜面にキリが、、、
道

 т14.振り返ると、裏岩菅山が見えます。  \(^_^)/
裏岩菅山

 т15.【8:04】尾根沿いを登ります。鳥が鳴いています。シャクナゲが咲いています。
尾根沿い

 т16.まだまだ上に登らなくてはなりません。頑張れ。 ヽ(゚◇゚ )ノ  《C!大》
頑張れ

 т17.岩道を登っていきます。マンサクが咲いていますよ。 o(^▽^)o
岩道

 т18.【8:31】白ーピークめざして登ります。  γ(▽´ )ツ
道

 т19.赤ーが見えます。断念した屋敷コースです。(登山口わかれば可能)
赤ー

 т20.シラネアオイを発見。明るくなって開きました。やったー。ヾ( `▽)ゞ
シラネアオイ

 т21.ヒメイチゲが咲いています。もう春ですね。 o(^▽^)o
ヒメイチゲ

 т22.黄色のスミレが咲いています。ヽ(゚◇゚ )ノ
スミレ

 т23.【8:52】樹林帯を歩いています。ショウジョウバカマが咲いています。
樹林帯

 т24.【9:09】残雪歩きです。なだらかで助かりました。道をよく確認します。
残雪歩き

 т25.【9:11】白ーの標識ありましたぁ。1944m です。 \(^_^)/
白ー

 т26.雪渓はルートが不明。アイゼン付けて、地図を見ながら下ります。w(゚o゚)w
雪渓

 т27.鳥甲山です。近づいています。γ(▽´ )ツ  《C!大》
鳥甲山

 т28.【9:36】雪渓終わり ササの中の道を進みます。クサリの道があります。
雪渓終わり

 т29.【10:09】両側とも険しい道です。クサリがありますがかなり注意します。
険しい道

 т30.まだ険しい道が続きます。帰りが恐そうです。  w(゚o゚)w
険しい道

 т31.【10:36】屋敷コースとの分岐です。振り返って撮影。 ヽ(゚◇゚ )ノ
分岐

 т32.雪が溶けて水が流れています。濡れないように、、、
雪が溶けて水

 т33.【10:43】標識がありました。鳥甲山山頂 2038mです。\(^▽^)/
鳥甲山山頂

 т34.山頂から眺める裏岩菅山です。 o(^▽^)o  木の間からズーム。
裏岩菅山

 т35.なぁーんと、あれは妙高山と火打山ではないですか?やっほー。
妙高山と火打山

 т36.【10:53】下山開始します。昼にはまだ早いですね。 ヽ(゚◇゚ )ノ
下山開始

 т37.屋敷コースを眺めます。ほんとは周遊する計画でした。赤ー見えますよ。
赤ー

 т38.反対には、これから下る白ーが見えています。同じ道です。o(^▽^)o
白ー

 т39.【11:03】急坂を下ります。要注意ですよ。慎重にね。  (・∀・)
急坂

 т40.ピンクのきれいなイワナシが咲いてました。 ヾ( `▽)ゞ
イワナシ

 т41.【11:19】断崖岩山をこれから越えます。緊張続きます。 (・A・)
断崖岩山

 т42.日が当たる時がきれいです。白ーに登っています。足跡たどります。o(^▽^)o
白ー

 т43.【12:08-27】白ーで昼食でーす。ここまできたらほぼ安心です。 \(^_^)/
白ー

 т44.【12:39】尾根道を下っていきます。少し雲が近づいてます。
尾根道

 т45.ツバメオモトが咲いてますよ。  γ(▽´ )ツ
ツバメオモト

 т46.イワカガミの花です。  o(^▽^)o
イワカガミ

 т47.シャクナゲがきれいですね。  ヾ( `▽)ゞ
シャクナゲ

 т48.ロープがある岩場をくだりますよ。注意して、しっかりとつかんで。
岩場

 т49.石のある道を下っています。朝より楽です。 (・∀・)
道

 т50.【14:10】下山完了です。 本日他の登山者なしです。独占でした。
下山完了



 

  鳥甲山の山行日記  H22年5月29日



 まだ雪があるでしょうが、信越の山めぐりにでかけました。大阪からの1便で新潟空港に着くと、レンタカーで弥彦山に向かいます。以前に神社はお参りしていますが、今回は山頂まで登りました。曇って霧がかっています。その後、与板城跡を見た後に秋山郷めざして移動しました。

 今回は、新潟からの周遊コースだったんです。それだけ秋山郷の行き方に悩みました。でもこの道は、苗場山に登った時の懐かしい道です。あの時は初秋の時期でした。今回は春のイメージです。体力使う予定です。神社前に車を止めてひっそりと寝ていました。

 翌朝、トイレに寄ってから登山口を探します。すでに鳥甲山が見えています。周遊するつもりで、時間をたっぷりとっています。屋敷登山口の駐車場はすぐにわかりました。しかし案内板がありません。ガイドを見て山道入口を探します。トンネル抜けてここだと思うところを探しました。

 かなり荒れています。靴を濡らして苦労しながら登ります。やはりおかしいので戻りました。時間のロスであせります。早く断念すべきでした。急いで車で和山登山口に向かいました。ここも駐車場がすぐにわかりました。案内板があったので安心です。ただこちらのルートが熟達者向になっているのが不安です。

 山道に入りました。日が当たるので日焼け止めを塗りました。樹林帯になります。どんどん登って展望の良い岩棚に到着しました。裏岩菅山が大きく見えています苗場山は平べったく見えています。佐武流山の方も眺めます。まだ登ってないから特定難しいけど、明日チャレンジします。

 尾根道は日がよく当たります。すでに体が暑いです。花が咲いています。スミレやシャクナゲ、、、シラネアオイがあったのはうれしかったです。大きな花ですね。岩場が見えます。近づいたらクサリがありました。注意して登ります。初心者だったら悩むかもしれませんが、今までの経験で登れました。

 さらに進むと、苗場山も違う形に見えます。新潟方向は、まだ雲海に隠れています。雪がでてきました。まだアイゼンなしで、靴で踏んで登ります。すぐに土道になりそのままピークへ。白ーの頭に着いた時は一安心です。が広い雪原帯を見て驚いています。道が不明です。どうしましょうか?足跡つけていきましょう。

 アイゼン付けて下っていくと、天気が良かったので鳥甲山が見えます。方向もあっています。地図を見ながら下って、鞍部でササの間の道を見つけました。ここからまたずっと登りです。ただの登りではありません。険しい道です。断崖の岩の横を歩き、両側谷の細い尾根を歩き、急坂を登ります。かなり注意しなければならないとこばかりでした。

 屋敷ルートとの分岐をすぎて、もうしばらく登ります。やがてピークが見えて、そのまま山頂に到着です。達成できてうれしかったです。これでまたひとつ登頂できました。屋敷ルート断念した時は不安だったので、達成できて喜んでいます。山頂は少し展望があります。裏岩菅山が見えます。そしてなんと、妙高山と火打山まで木の間に見えています。素晴らしい景色でした。山頂は木が育っていたので、展望はそんな良いとは言えません。ルートを戻りながら眺めます。

 昼ごはんには早いので、同じ道を戻ります。展望があるところは楽しいですが、朝よりも雲が増えてきました。険しい道を下って、険しい尾根を歩いて、険しい断崖の横を通過しました。そしてササ道を抜けて、また雪原に入ります。アイゼンつけて楽しく歩きます。頑張って登るしか、早く下山する方法はないです。ピークの白ーについて昼食にしました。

 食後は下山を再開します。まだ展望のよい岩棚を歩きます。ツバメオモトやイワカガミも咲いています。花があるといいですね。尾根から左に曲がって斜面を下ります。道がはっきりしているから早いです。どんどん下って駐車場に戻りました。登山者は他にいなかったようです。山菜取の車が1台ありました。

 着替えて車で移動します。時間があったので、屋敷登山口近くの民族資料館に向かいました。その時に登山口の標識(トンネル中に置いてあった)が設置されていました。土砂崩れで別の道が用意されていたのです。明日が山開きなのでしょう。もう少し早くしてくれたら縦走できたのに、という思いです。このあとは秋山郷に宿泊して佐武流山に登ります。



【反省点】
  ・ガイドにある古い屋敷ルートは、早く断念すべきだった。
  ・岩場の道は、もっと用心してもよかった。雪原もルート確認必要。
  ・新しい靴で、足首に負担がかかって、靴擦れになってしまった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム