【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 岩場を登った雨の八海山

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
八海山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  二合目口
八海山
 200名山 八海山山頂   1778m(入道岳)
八海山
 

  八海山の案内地図


 八海山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   八海山の近辺  入道岳を中心にしています。

大きな地図で見る

 八海山【電子国土基本図参照】八海山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
八海山
 八海山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.10.11 -16    

 
 
 

  八海山の山行記録  H21年10月11日

 ■雨がよく降りました。キリの山登りでした。

 ψ01.【6:25】二合目駐車場 標高460m 登山届けだして出発。  o(^▽^)o
二合目駐車場

 ψ02.増水時用のかごがあります。川に下りて木橋を渡りました。 γ(▽´ )ツ
かご

 ψ03.植林帯を登って、【6:50】三合目到着。稲荷社があります。 (・A・)
三合目

 ψ04.【7:09】ロープのある渡渉場です。テンポ良く渡りましょうね。 (・∀・)
渡渉場

 ψ05.【7:20】清滝の避難小屋が左奥に見えます。 ヽ(゚◇゚ )ノ
清滝

 ψ06.【7:22】四合目の標識です。小屋は右で、登山道は左ですよ。 ヾ( `▽)ゞ
四合目

 ψ07.【7:35】ここからがクサリの開始です。登り専用ですよ。 \(^_^)/
クサリ

 ψ08.振り返ると町が見えています。西の方に日が当たって、変な天気ですね。
西の方に日

 ψ09.【7:56】五合目です。うれしいですね。天気心配。あと四合で千本檜ですよ。
五合目

 ψ10.赤くなっているナナカマドです。 ヾ( `▽)ゞ
ナナカマド

 ψ11.【8:12】雨がパラつき、10分間傘で雨宿り。巻機山は雲で隠れています。
巻機山

 ψ12.クサリ場が続く道です。登れますが注意しています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
クサリ場

 ψ13.【8:48】この石柱が六合目だと思います。 (・∀・)  《C!次はあそこ》
六合目

 ψ14.あまり下を見ないように登っています。 γ(▽´ )ツ
クサリ場

 ψ15.キリの中に入っていきました。まだクサリ場が続きます。 w(゚o゚)w
クサリ場

 ψ16.【9:12】七合目、摩利支天。雨が降るのでしばらく待機します。《C!像》
七合目

 ψ17.鐘があるのも忘れられない景色になりそう。9:32まで動かずにいました。
鐘

 ψ18.【9:44】沢沿いの岩道を登ります。靴の中が濡れてきました。 \(^_^)/
岩道

 ψ19.【9:57】クサリ場です。軍手を何度も絞っていますよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
クサリ場

 ψ20.【10:05】八合目の石柱です。あと1合で千本檜ですよ。ヾ( `▽)ゞ
八合目

 ψ21.【10:22】曇っています。稜線歩きなので頑張りましょう。(・∀・)
稜線歩き

 ψ22.千本檜の小屋が見えました。声が聞こえます。 o(^▽^)o
千本檜

 ψ23.千本檜小屋を通過します。すぐに九合目の標識がありました。ヽ(゚◇゚ )ノ
千本檜小屋

 ψ24.【10:42】天気が悪いので迂回路に進みます。 ヾ( `▽)ゞ
迂回路

 ψ25.迂回路は八つ峰を巻いています。クサリやハシゴがありますよ。
クサリ

 ψ26.ゆるやかに歩いています。こんなとこに石柱がありました。 (・∀・)
石柱

 ψ27.【11:04】新道と大日岳の分岐です。上に登りました。 \(^_^)/
分岐

 ψ28.ハシゴ場が続きます。ゆっくり丁寧に上りました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
ハシゴ場

 ψ29.【11:16】尾根分岐です。大日岳と入道岳が書いてないので? w(゚o゚)w
尾根分岐

 ψ30.五龍岳の方に進みます。草紅葉していました。 γ(▽´ )ツ
山道

 ψ31.紅葉を見ながら歩きました。  o(^▽^)o
紅葉

 ψ32.石柱があります。山頂ではないですね。  w(゚o゚)w
入道岳

 ψ33.【11:37】山頂です。1778m。丸ケ岳と記載。入道岳の文字ない。《C!》
入道岳

 ψ34.少し歩いてみましたが、五龍岳の方の景色も見えません。昼食。(´・_・`)
景色

 ψ35.【12:00】大日岳に向かいます。同じ道を戻りますよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
景色

 ψ36.あれが大日岳のようです。山頂はあの奥でした。 (・∀・)
大日岳

 ψ37.順番待ちして【12:32】大日岳です。八海山山頂1710m。 《C!》
大日岳

 ψ38.【12:55】順番待ってクサリを下り、その後、同じハシゴ場をゆっくり戻ります。
大日岳

 ψ39.紅葉している葉を眺めます。 ヾ( `▽)ゞ
紅葉

 ψ40.【13:16】分岐(27)に戻って、新道への道を注意して進みました。(・∀・)
分岐

 ψ41.季節外れのイワカガミの花を見つけました。  \(^_^)/ 《C!八海山》
イワカガミ

 ψ42.【13:34】新道のクサリのない山道にでました。ここから歩きやすいです。
山道

 ψ43.【13:52】八合目、あと6合下りますよ。 【14:00】日ざしが強くなりました。
八合目

 ψ44.【14:14】振り返って紅葉を眺めました。天気は回復傾向です。 ヾ( `▽)ゞ
紅葉

 ψ45.【14:32】五合目の標識を見て、どんどん下ります。 o(^▽^)o
五合目

 ψ46.【14:50】四合目稲荷社通過。駐車場まで1.5kmですよ。γ(▽´ )ツ
稲荷社

 ψ47.【15:08】八海山ロープウェーが見えます。【15:14】三合目です。
ロープウェー

 ψ48.ススキの穂に 日が当たってきれいですよ。 ヾ( `▽)ゞ
ススキ

 ψ49.【15:32】広い林道に出ました。歩くのが楽になりましたよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
林道

 ψ50.【15:42】二合目駐車場に下山完了しました。 \(^▽^)/
二合目駐車場

 ψ51.近くの神社に参拝。(・A・) 昔の登山口は神社の奥にありました。
神社

 ψ52.【16:00】雲が流れた八海山を撮影します。 o(^▽^)o 《C!ズーム》
八海山



 

  八海山の山行日記  H21年10月11日

 二百名山めぐりのため、新潟に来ていました。前日に空港で車を借りて、雨の中の二王子山に登っています。秋の雨はなるべく避けたいですね。もうひとつの登山計画が八海山でした。六日市の宿でゆっくり休んで、登山意欲を高めていました。雨がやみますように。。。

 早朝に宿をでます。二合目登山口は近かったです。雨は止んでいましたが、どんよりした天気です。けっこう車が止まっていました。みんな早くから登りますね。まだリフトは動いていません。静かな朝です。岩場の屏風道に進みます。川を渡って、ガスっている樹林帯歩きをします。

 しばらくは川沿いでゆるやかです。道もしっかりしています。沢の水が多く流れていました。体が慣れた頃に清滝あたりに着きました。ここからクサリのある岩場となります。覚悟しなくてはいけませんね。けっこう登り甲斐があります。たまに雨がぱらつきました。

 標高が上がると、岩場だけあって、南の展望が開けます。巻機山が見えますが頭が見えません。苗場山も見えそうなのですが、、、あちらの町の方は日が当っているようです。雲が流れてほしいです。頑張って登りますよ。軍手をして、しっかりとクサリを握ります。岩も安定したところに足をのせています。

 雨が降り出したので、カッパを二重に着ていました。それでも摩利支天の七合目では傘さして20分くらい待機しました。ここは鐘もある小広場です。引き返すにも、下りが危険なコースです。九合目の稜線にでたら人が多そうなので、まだまだ頑張れそうです。いざとなればロープウェーもありますね。

 けっこうクサリ場が続きます。あれだけあるとあきるかもしれません。雨で濡れているから要注意です。何度も軍手をしぼりました。とにかく体力勝負。このコースは上り専用。下りは禁止と思って力を入れていきます。前後に人がいなかったんですよ。

 千本槍小屋に着いたら一安心です。九合目です。けっこう人がいましたよ。ゆるやかな稜線の道になりました。雲の中なので岩峰の道を避けました。迂回路を歩きます。晴れてほしいですね。道も濡れています。靴はかなり濡れてきたので、歩きやすいようにしていました。

 雨はやんでいました。何人かすれ違います。下山の時に使用する新道との分岐を上ります。ハシゴが多い道になりました。やがてピークを結ぶ稜線です。先に大日岳に登りたいけど、分岐に表示がないので、右だと信じて進みました。やはり違ったみたいで、最高所の入道岳が先になりました。

 ピークの山頂には丸ケ岳と表示されていました。まわりにここより高い山がありません。雲の中で、遠くが見えないのが残念です。お弁当を食べて休憩しました。でも早く大日岳に行けばよかったです。木の葉が紅葉しているので、きれいなのがあれば眺めていました。

 分岐まで引き返して岩峰の道に進みます。10人くらい順番待ちをしています。ほぼ垂直のクサリを登ります。大日岳山頂はにぎやかでした。天気が悪いのが残念です。展望は得られませんでした。八海山はNHKの大河ドラマのオープニングで、映像が出ていたので興味深いです。

 大日岳の山頂には仏像があり、ロウソクを立てた跡がたくさんありました。信仰の場なんですね。私も祈りを奉げてから下山開始しました。団体さんの後を順番待っています。みんなロープウェーの方に行ってくれました。私はカッパ倉への新道に進みます。団体さんがいなくなるとスピードがでました。

 天気が回復傾向です。標高も下がって雲の下になったようです。紅葉がきれいに見えました。1合ごとに石標がありますが、ちょっとおかしいとこがあるように思いました。時間が合いません。どんどん下って、三合目辺りでは、ススキの穂が光っていました。

 林道になると気が楽です。すぐに二合目の駐車場に戻りました。近くに鳥居があるので、神社に寄って参拝しました。この頃になると、雲が流れて、八海山の山頂が見えていました。リフトも動いています。またいつか天気の良い日に登ってみたいですね。今度は花の多い夏がいいかもしれません。



【反省点】
  ・早く大日岳に登っておけばよかった。クサリの順番待ち。
  ・雨がよく降る時に、動かなかった。カッパは着ていた。
  ・靴を濡らさないように歩くべきだった。でも安全のため。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by 埃取タオル by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム