【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 雲の中を歩いた会津朝日岳

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
会津朝日岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  赤倉沢口
会津朝日岳
 200名山 会津朝日岳山頂   1624m
会津朝日岳
 

  会津朝日岳の案内地図


 会津朝日岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

大きな地図で見る

 会津朝日岳【電子国土基本図参照】会津朝日岳周辺・・・クリックで拡大      地図閲覧サービス(ウォッちず)
会津朝日岳

会津朝日岳
 会津朝日岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22.07.05 -12    

 
 
 

  会津朝日岳の山行記録  H22年7月5日

 ■いわなの里口から、朝日岳を往復しました。

 λ01.【5:52】移動しながら山を眺めます。曇りの天気。(・∀・)
山

 λ02.【6:20】登山届け記入して出発(下山時写真)。車は途中に駐車。
登山届

 λ03.いきなり石の上を踏んで 渡河しました。  ヽ(゚◇゚ )ノ
渡河

 λ04.草の間の土道を進みます。山の上には雲がかかっています。
土道

 λ05.【7:02】山道に水が流れていました。草地を歩きます。 o(^▽^)o
山道

 λ06.【7:10】ロープを持って川を渡ります。道はわかりやすいです。
渡河

 λ07.ヤグルマソウが咲いています。  ヾ( `▽)ゞ
ヤグルマソウ

 λ08.【7:33】三吉ミチギの冷たい清水 標高1000mにいます。
三吉ミチギ

 λ09.【7:51】道がつづら折になりました。歩きやすくなりました。
道

 λ10.葉っぱの水滴で濡れたシャツを着替えて再出発します。倒木ありました。
道

 λ11.【8:42】人見の松です。 山頂まで2.6km 雲の中にいますよ。
人見の松

 λ12.キリの中の尾根道を歩いています。  γ(▽´ )ツ
尾根道

 λ13.【9:01】叶の高手です。 標高1430m 雲の中。展望ありません。
叶の高手

 λ14.下ってすぐに、ひとつ目の大クロベの木があります。山頂まで約2km。
大クロベ

 λ15.しばらくしてふたつ目の大クロベの木があります。 ヾ( `▽)ゞ
大クロベ

 λ16.【9:23】山頂まで1.5km表示 雨のあとで道がぬかるんでました。
1.5km

 λ17.熊の平です。 山頂まで0.9km 避難小屋はすぐですよ。
熊の平

 λ18.【9:41】避難小屋です。中を見てみました。誰もいません。ヽ(゚◇゚ )ノ
避難小屋

 λ19.【10:08】ここからロープもある急坂になっていきます。キリがかってます。
道

 λ20.残雪もあります。道を確認しながら上を目指しました。
道

 λ21.滑らないように登って、稜線前で右に進みます。 \(^_^)/
稜線前で右

 λ22.けっこうミヤマクワガタが咲いています。
ミヤマクワガタ

 λ23.満開のヨウラクです。山上は花が多いです。 ヾ( `▽)ゞ
ヨウラク

 λ24.【10:31】キリが流れて日がさしてきました。 不思議です。
会津朝日岳

 λ25.【10:35】会津朝日岳山頂です。1624m 鳥が鳴いています。\(^▽^)/
会津朝日岳山頂

 λ26.雲で遠くの景色が見えません。 残念。  w(゚o゚)w
景色

 λ27.少しの間 南側の谷が見えました。  \(^_^)/
南側の谷

 λ28.【10:48】雲で展望悪いから、下山開始します。  (・∀・)
下山開始

 λ29.ヒメサユリの大きなつぼみです。 ヾ( `▽)ゞ 咲いたのないかなぁ。
ヒメサユリ

 λ30.岩場を慎重に下りました。3人すれ違いました。 γ(▽´ )ツ
●

 λ31.【11:22】坂を下って避難小屋まで戻りました。
避難小屋

 λ32.ベチャ道はやっぱり嫌だなぁ。 横にサンカヨウが咲いていました。
ベチャ道

 λ33.【11:35】山頂から1.5km。腐敗臭のあるベチャ道です。靴汚れました。
ベチャ道

 λ34.上側の大クロベの木まで戻りました。ここは登りです。
大クロベ

 λ35.【11:51】叶の高手です。 あと4.1km表示ですよ。 \(^_^)/
叶の高手

 λ36.雲が流れて展望あります。駒ケ岳方向です。15分ほど昼休憩します。
展望

 λ37.【12:26】人見の松が見えます。 視界がありました。
人見の松

 λ38.【13:11】川を渡ります。  ヽ(゚◇゚ )ノ
川

 λ39.川を渡って、【13:42】登山口の駐車場に下山しました。 \(^_^)/
登山口

 λ40.イワナの里です。距離はここからカウントしているかもしれません。
イワナの里



 

  会津朝日岳の山行日記

 ∧125 会津朝日岳   2010年7月5日

 200名山めぐりをしていました。まだ梅雨なので雨覚悟です。帝釈山登って、燧岳も登ってから、只見の町に移動していました。午後はかなり雨が降りましたが、そのあと晴れてきました。只見の町も初めてでぶらぶら散歩していました。駅前の宿でぐっすり休んでいます。

 翌朝レンタカーで移動します。いわなの里から入って、車道横に車を停めて登ります。終点の駐車場まで、道が悪いから、そうしました。1台先客がいるので話をします。少し安心です。先にスタートしました。どんよりしていますが雨は降っていません。水で靴が濡れる覚悟で登山しました。

 道が荒れてわかりにくいところがあります。崩れていたところもありました。少し不安です。川が細くなってからは、道が安定しました。沢沿いの三吉ミチギに到着しました。水がありますが、喉が渇いていません。急坂なのでゆっくり歩いています。

 山の上の方が、雲で見えません。叶の高手をすぎて、視界の悪い稜線を歩きます。どろベチャの道を歩きました。熊の平には避難小屋があります。誰もいませんでした。この先は残雪が近くにあります。雲の中で視界が悪いです。ロープを持って岩場を上がります。滑らないように注意していました。

 大きな木がなくなると、まわりが明るくなりました。ピークみたいなのが見えたので、直進したら道がありません。手前で右でした。花が増えてきます。ゆるやかに最後の道を歩きました。そして会津朝日岳の山頂に到着です。この日の一番のりです。山頂を独り占めしました。

 雲がうすくなって、うす日がさす時もありました。山頂周辺はミヤマクワガタやヒメサユリなどの花があります。雲で展望がないのが残念です。写真撮影をしたので下山します。注意して下ります。途中から雲の下にでました。朝日の町が見えています。昼食を急いで食べました。

 下山してから、車を運転しだしたら、天気が良くなっていきました。このあとは東吾妻山登山のために移動します。猪苗代湖めざして、山の道をドライブです。途中、御神楽山の案内があったので、登りたくなります。またいつか登りに行く山です。今回は朝日岳に登れてうれしかったです。

 夜は宿で、ホタルを見ているから、そんな季節だったんですね。翌日の東吾妻山、特に湿原がきれいでした。



【反省点】
  ・もう少し、花を探して歩いてみたらよかった。
  ・山頂から展望がなかったのが残念。梅雨時は悩みます。
  ・こちらからの御神楽山の情報持っていたら、計画したかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム