【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 急坂を頑張って登った夏の守門岳

  


 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
守門岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  二口平口
守門岳
 200名山 守門岳山頂   1537m
守門岳
 

  守門岳の案内地図


 守門岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   守門岳の近辺

大きな地図で見る

 守門岳【電子国土基本図参照】守門岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
守門岳
 守門岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H19.06.23 -11    

 
 
 

  守門岳の山行記録  H19年6月23日

 ■越後駒ケ岳に登る前日です。

 Θ01.【9:15】飛行機で移動中です。富士山眺めてますが、良い天気です。
富士山

 Θ02.【12:30】二口平に到着しました。\(^_^)/ 空港から2時間です。《C!地図》
二口平

 Θ03.【12:33】登山届をだします。天気良すぎです。頑張りましょうね。o(^▽^)o
登山届

 Θ04.ブナ林を歩きます。アザミが咲いてました。 γ(▽´ )ツ
ブナ林

 Θ05.【12:59】護人清水 おいしい水ですよ。 ヾ( `▽)ゞ
護人清水

 Θ06.【13:27】樹林帯の道を歩いています。山頂まで3.4km地点です。
道

 Θ07.【13:31】尾根道です。山が見えますが山頂見えません。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 Θ08.【13:48】左手に滝が見えます。 o(^▽^)o
滝

 Θ09.【13:58】中間点 標高1000m ウワバミの滝です。\(^_^)/《C!》
道

 Θ10.栃尾の方を眺めます。 γ(▽´ )ツ
栃尾の方

 Θ11.【14:16】暑いから木陰が助かります。本当に急な道です。
急な道

 Θ12.【14:36】暑いです。でも前に進みますよ。  ヾ( `▽)ゞ
道

 Θ13.【14:45】花が増えてきました。探しながら歩きます。
道

 Θ14.山の様子です。山頂見えません。右手の山には雪が見えました。
山

 Θ15.【15:10】二口コース分岐。イワカガミやゴゼンタチバナが咲いています。
二口コース分岐

 Θ16.大岳 1432mが見えます。下山者とすれ違いました。  ヽ(゚◇゚ )ノ
大岳

 Θ17.守門岳登頂のため、まずは青雲岳をめざします。 γ(▽´ )ツ
青雲岳

 Θ18.【15:26】青雲岳のピークです。1487m \(^_^)/ 誰もいません。
青雲岳

 Θ19.地塘があります。なにかいそうでした。
地塘

 Θ20.【15:27】守門岳眺めて歩きます。あと少しです。虫が多いのが困ります。
守門岳

 Θ21.木道がありました。まだ新しいです。歩くのが楽でした。 o(^▽^)o
木道

 Θ22.ゆるやかな道が続きます。息が整いました。またひとりすれ違いました。
木道

 Θ23.【15:44】守門岳山頂 1537m。  \(^▽^)/
守門岳山頂

 Θ24.三角点を確認しました。   ヽ(゚◇゚ )ノ
守門岳山頂

 Θ25.山を眺めます。時間があれば行ってみたいです。
山

 Θ26.ニッコウキスゲが咲いてました。 ヾ( `▽)ゞ
ニッコウキスゲ

 Θ27.【15:54】青雲岳を望みながら下山開始です。右側は大岳です。
青雲岳

 Θ28.木道は楽しいからゆっくり歩きたいですね。o(^▽^)o
木道

 Θ29.ヨウラクが咲いています。  γ(▽´ )ツ
ヨウラク

 Θ30.雪渓があります。コバイケイソウがもう少しで咲きそうです。
雪渓

 Θ31.【16:06】青雲岳です。急いで下山しますよ。
青雲岳

 Θ32.あっ シラネアオイ! 急がずにゆっくり撮影します。
シラネアオイ

 Θ33.【16:20】二口コースの分岐まで戻りました。この先急坂が待ってます。
二口コースの分岐

 Θ34.日本海の方を眺めます。海が見えないかなぁ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
日本海の方

 Θ35.【16:56】中間点です。 標高1000m  マイペースで下りまーす。
中間点

 Θ36.崩壊している山道です。その先に三角点があります。 (・∀・)
山道

 Θ37.【17:16】樹林帯に入って下ります。
樹林帯

 Θ38.まだ明るいです。
道

 Θ39.【17:31】護人清水です。 またお水をいただきまーす。おいしいです。
護人清水

 Θ40.【17:54】下山完了。  \(^_^)/
登山口



 

  守門岳の山行記録  H19年6月23日



 百名山の越後駒ケ岳にチャレンジするために新潟に向かいました。前日は朝一便の飛行機で移動します。どうせなら、どこか手頃な山に登りたいと考えていました。二百名山のガイドを見て、途中にある守門岳を選びました。大岳を回る周遊は時間がかかるので、守門岳の往復です。

 天気が良い日です。朝一で登りたいところです。飛行機からの景色ですが、標高の高い山は雪が残っています。空港について車を借り、登山口に向かいました。途中、栃尾の町を通過しています。軽く食事をしながら移動です。12時半前に二口コースの登山口に着きました。車が何台か停まっています。

 私もすぐに準備して出発です。荷物を軽くしています。ガイドの参考時間は往復約6時間です。夏至の頃だから安心ですが、ペース落ちたら引き返すつもりです。すでに暑い夏です。ブナの木陰の道は助かりました。バテない程度に頑張って登ります。

 最初の休憩は、護人清水です。おいしい水をいただきました。すぐに歩きます。この先は道が急になっていきます。尾根を歩いてますが、しばらく展望ありません。そのうちに高い木が減ってきます。中間点に着いたら、右前方にウワバミの滝が見えます。近寄りませんが、涼しい流れをズームしてみます。

 展望のあるところは、山が見えます。白いのは残雪がある証拠です。道がまた急になります。直登です。足を踏ん張って、滑らないようにしています。たまに下山者とすれ違います。早く登られた方です。人がいると安心して登れます。頑張って登ると、大岳への道がある分岐に到着しました。ここからゆるやかになります。

 道がなだらかで落ちつきました。守門岳の頭がなかなか見えません。青雲岳が見えます。まずはあそこに登らなくてはなりません。この辺りは花が多く咲くそうです。登りは上を見ていたので、今回は下りでいろいろ探しました。それでも、ゴゼンタチバナやマイヅルソウが咲いているのがわかります。

 青雲岳ピークは木道できれいです。守門岳の眺めも抜群です。まだ登り坂があるようです。雪も見えています。道にないことを願います。木道を歩くと、ペースが早いです。わりと楽に坂道を登れました。まだ人がいましたので、寂しくはないです。16時になる前に守門岳山頂に到着しました。遅くならなくてよかったです。

 山頂には鐘があるので、鳴らしてみます。静かな山に響きます。ここからは、まわりの山が見渡せます。山道がまだ奥の方まで続いてるようです。藤平山への道もありました。付近で花を探します。ニッコウキスゲの黄色い大きな花がひとつ咲いていました。これはうれしいです。山がだんだん緑深まっていくのがうなづけました。

 10分しか滞在しませんでしたが、山頂をあとにして下山開始します。また木道を歩きます。足音が楽しいです。ナナカマドが白い花を咲かせていました。ヨウラクが咲いています。コバイケソウも白いつぼみがついていました。今回は、下山時によく見つけました。登山時は前に進むことに集中していたんですね。

 青雲岳の木道を通過します。そして大岳への道がある分岐に着きました。なにか紫色のものが、草むらの中に見えます。よく見ると、なんとシラネアオイの花でした。こんなところに咲いていたんですね。これまた大きな花でうれしいです。なるべく近づいて撮影しました。同じ道を戻りますが、この先は急だから注意しなくてはなりません。

 どんどん下っていきます。こけないように注意しています。先に下山された方が、ゆっくり休憩されていました。余裕で明るい内に下山できる時間です。中間点も下っていきます。樹林帯を下ります。護人清水でまたおいしいお水をいただきました。早く下れたので、明るい内に車で町まで戻れました。



【反省点】
  ・午後からの登山はやはり気があせってしまう。
  ・翌日が駒ヶ岳だけど、大岳も行くべきだったか悩む。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム