【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 前神室山が美しかった神室山登山

  



-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
神室山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  西ノ又口
神室山
 200名山 神室山山頂   1365m
神室山
 

  神室山(かむろさん)の案内地図


 神室山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   神室山の近辺

大きな地図で見る

 神室山【電子国土基本図参照】神室山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
神室山

神室山
 神室山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H21.11.8 -13    

 
 
 

  神室山の山行記録  H21年11月8日

 ■秋の景色を楽しみながら歩きました。

 Ε01.【6:30】西ノ又登山口から出発します。車が2台ありました。標高約430m。
        山頂まで約6km。頑張りましょう。  《C!地図》
西ノ又登山口

 Ε02.【6:45】ここから山道です。落ち葉の道。4分して吊り橋渡りました。
山道

 Ε03.【6:55】川沿いのゆるやかな道です。大きな木がありますよ。 \(^_^)/
道

 Ε04.山の稜線が見えます。目指す地点は不明です。【7:00】二つめの吊橋です。
山の稜線

 Ε05.道をよく確認しながら歩きます。 γ(▽´ )ツ
道

 Ε06.第3渡渉点を通過して、【7:40】三十三尋の滝です。\(^_^)/
三十三尋の滝

 Ε07.【7:51】川沿いに登っていくと不動明王です。 標高約750m。《C!水場》
不動明王

 Ε08.【7:59】かなり急な胸つき八丁坂です。空気をよく吸って登ります。
胸つき八丁坂

 Ε09.【8:37】太陽が見えました。やっと山陰からでそうです。きつかったぁ。
道

 Ε10.前神室山の山頂 1342mが見えだしました。γ(▽´ )ツ
前神室山

 Ε11.【8:51】高い木が減りました。飛行機の音がします。 o(^▽^)o
景色

 Ε12.左手側に栗駒山が見えだしました。ズームしてみますね。ヾ( `▽)ゞ
栗駒山

 Ε13.下の方に水が流れています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
川

 Ε14.平原の中の山です。暑いのでシャツ1枚にしました。  \(^_^)/《C!大》
平原の中の山

 Ε15.前神室山がきれいに見えますよ。 γ(▽´ )ツ  《C!大》
前神室山

 Ε16.【9:06】御田の神、1230m。\(^▽^)/ 山頂まで1km。
御田の神

 Ε17.【9:12】クマザサの道です。べちゃ道でした。 (・∀・)
道

 Ε18.【9:19】神室山山頂1365mが見えます。山頂の下の方に雪。o(^▽^)o
神室山

 Ε19.船形山の方向です。雲海が広がっていましたよ。  \(^_^)/
船形山の方向

 Ε20.【9:21】稜線を登っていきます。静かでした。  ヾ( `▽)ゞ
稜線

 Ε21.【9:29】稜線の分岐です。 神室山まで0.4km。  γ(▽´ )ツ
分岐

 Ε22.山形側も雲海が広がっています。鳥海山はうっすら見えていました。
山形側

 Ε23.神室山山頂に近づいています。 ヽ(゚◇゚ )ノ  もうすぐですよ。
神室山

 Ε24.【9:42】神室山山頂 1365m。登りましたよ!  \(^▽^)/
神室山

 Ε25.山形方向です。月山がうすく見えました。避難小屋がありますよ。 《C!大》
山形方向

 Ε26.高松山です。 遠くに焼石岳が見えるんですね。(左の奥)   ヾ( `▽)ゞ
高松山

 Ε27.栗駒山(左)と虎毛山です。  ほんとに360度の展望ですね。o(^▽^)o
栗駒山

 Ε28.昨日登ったかむろ岳(小鏑山)を探しました。宮城側も雲海です。γ(▽´ )ツ
かむろ岳

 Ε29.蔵王の方向です。 山形側は雲海ですよ。  \(^_^)/  《C!船形山》
蔵王の方向

 Ε30.雲海の切れ目にダムが見えます。あそこから登ってきた人に会いました。
ダム

 Ε31.【10:17】前神室山を見ながら移動開始します。  ヽ(゚◇゚ )ノ 《C!大》
前神室山

 Ε32.【10:26】さきほどの稜線の分岐。ここから前神室山の道へ。 ヾ( `▽)ゞ
分岐

 Ε33.【10:30】鏑山大神宮。(・A・) 岩に文字がありますよ。 《C!稜線》
鏑山大神宮

 Ε34.【10:36】分岐です。左が新庄のダムへの道(8km)。ヽ(゚◇゚ )ノ
分岐

 Ε35.前神室山1342mのビューポイントです。きれいですね。\(^_^)/
前神室山

 Ε36.また急な登りになりました。休みながら登りますよ。暑いですね。(・∀・)
急な登り

 Ε37.【11:00】また前神室山山頂が見えてきました。 γ(▽´ )ツ  《C!神室山》
前神室山山頂

 Ε38.【11:01】また分岐です。左だと水晶森への道ですよ。ヽ(゚◇゚ )ノ
分岐

 Ε39.【11:05】神室山頂から2kmです。前神室山山頂 1342m  \(^▽^)/
前神室山山頂

 Ε40.神室山1365mを振り返って眺めます。 ヾ( `▽)ゞ
神室山

 Ε41.登山口方向です。あと4.5km。山道も見えますね。 o(^▽^)o
登山口方向

 Ε42.【11:27】昼食後下山開始します。道はどうかな? (・∀・)
下山開始

 Ε43.【11:38】下って少し登りなおして第3ピーク1288mです。\(^_^)/
第3ピーク

 Ε44.【11:42】高松山や国道に近づいていると感じます。 γ(▽´ )ツ 《C!景色》
高松山

 Ε45.【11:50】急なザンゲ坂を7分ほど下ります。 w(゚o゚)w
ザンゲ坂

 Ε46.【12:09】第1ピークです。木が増えて展望ありませんね。ヾ( `▽)ゞ
第1ピーク

 Ε47.ふもとの紅葉が見えますよ。車で通った集落ですね。ヽ(゚◇゚ )ノ
ふもと

 Ε48.まだ空が青くてきれいです。  \(^_^)/
空が青

 Ε49.【12:39】登山口まで1km。前神室は3.5km。ヾ( `▽)ゞ
道

 Ε50.【13:00】水の音が聞こえてきて、駐車場に到着しました。ヽ(゚◇゚ )ノ
登山口

 Ε51.登山口を振り返りました。 \(^_^)/
登山口

 Ε52.【13:19】車で移動中です。帰りも鳥居を車でくぐりました。(・A・)
鳥居



 

  神室山の山行日記  H21年11月8日

 また秋田の友人と約束して、山登りにでかけました。土曜日にレンタカーで移動しました。昼から禿山にいっしょに登りました。天気が良いです。神室山が見えていますが、どれが山頂か悩みます。その後、秋の宮温泉に泊まって休みました。

 翌日明るくなって移動します。西ノ又登山口から登り始めました。ふたりだと気合が入ります。静かな朝の山ですが、数人登っているようです。私達も沢沿いに登り、大滝や三十三尋の滝を眺めます。夏だと涼しい景色ですね。今は秋の寒い感じです。

 不動明王から、急坂でかなりきつくなりました。休みながら登ります。前神室山が見えてきたら感動します。日が当たってきれいな山肌です。クマのひるね坂を越すと、広い平原のような感じになります。御田の神に到着しました。景色が広がっています。前神室山が、さらに大きく見えてきました。

 快晴とまではいきませんが天気がよかったです。なだらかに歩きます。ササの間の道は濡れていて、ベチャ道でした。稜線にでると、神室山が見えてきました。うれしくなりますね。あそこが目的の山頂です。山肌に少し雪が残っていました。もう降ったんですね。

 分岐から山頂まで往復します。大きな木がないので景色がよく見えます。ひとり山頂にいるのが見えました。紅葉を探しながら歩いていきます。そして山形・秋田県境の山頂に到着しました。空気がおいしいですよ。さぁ、景色を楽しみましょう。

 昨日登った禿山が見えます。方向で確認できました。虎毛山や高松山は近いからよくわかります。有名な山では、焼石岳、栗駒山、船形山が見えています。鳥海山はうっすらと見えていました。蔵王は自信ありません。町もあるのでしょうが、雲海ができていて見えません。

 南のすぐ下に避難小屋が見えます。山形側も雲海がありますが、少しダム湖が見えています。そこから登った人が山頂に到着したので話を聞きました。まだ早い時間なので、移動開始します。さきほどの稜線の分岐まで戻り、そこからまた新しい山道を楽しみます。

 下ってまた登ります。景色のよい山道です。日が当たります。登りが急だとやはり疲れますね。いくつかの分岐を過ぎて、前神室山に到着しました。ここで昼食休憩にしました。ここまで見晴しがよい場所です。景色は神室山山頂からの方が遠くが見渡せました。

 下山開始します。しばらくして樹林帯に入っていきます。前神室山山頂から4.5kmとまだ長い山道です。急なところもあります。下っていくと、紅葉した葉っぱが残っていたりしました。ひたすら下るので汗もかきます。水の音が聞こえてきました。駐車場に戻ったのです。道もわかって無事下山できました。

 宿に戻って、またお風呂を使わせていただきました。さっぱりできてよかったです。このあとは仙台空港まで、ひとりドライブです。焼石岳の時と違って1時間くらい余裕ありました。



【反省点】
  ・宿から車1台で往復すればよかった。
  ・山頂で避難小屋まで往復できたらよかった。
  ・坂道のペースが早かったかもしれない。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム