【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 
 

 お昼から登山した栗駒山

  


 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
栗駒山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  須川温泉口
栗駒山
 200名山 栗駒山山頂   1627m
栗駒山
 

  栗駒山の案内地図


 栗駒山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   栗駒山の近辺

大きな地図で見る

 栗駒山【電子国土基本図参照】栗駒山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
栗駒山
 栗駒山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22.08.25 -11    

 
 
 

  栗駒山の山行記録  H22年8月25日

 ■午後の登山です。曇っていたのが晴れてきました。

 ξ01.【13:00】秋田と岩手の県境です。須川温泉に到着!登山準備します。
須川温泉

 ξ02.【13:20】千人風呂の前が登山口です。さぁしゅっぱーつ。 o(^▽^)o
登山口

 ξ03.温泉神社にお参りします。  (・A・)
温泉神社

 ξ04.湯の華が見えます。  ヽ(゚◇゚ )ノ
湯の華

 ξ05.名残ケ原が見えます。 天気はどんよりしていますよ。 w(゚o゚)w
名残ケ原

 ξ06.【13:35】名残ケ原の木道を歩きます。花が咲いていますよ。 ヾ( `▽)ゞ
名残ケ原

 ξ07.左上から、イワカガミ、イワイチョウ、リンドウ、コウリンカ。o(^▽^)o
花

 ξ08.【13:47】観察路分岐。左から登ります。  \(^_^)/
観察路分岐

 ξ09.大好きな モウセンゴケを見つけました。  γ(▽´ )ツ
モウセンゴケ

 ξ10.川を渡って、急な道を登ります。   (・∀・)
道

 ξ11.あれが山頂の山だろうと、眺めました。  o(^▽^)o
山

 ξ12.池があります。静かですよ。  \(^_^)/
池

 ξ13.【14:29】笊森分岐です。右上が山頂への道ですよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
笊森分岐

 ξ14.稜線をゆっくり歩きます。高い木が減りました。
道

 ξ15.ゴゼンタチバナの赤いきれいな実ですよ。  γ(▽´ )ツ
ゴゼンタチバナ

 ξ16.【14:52】雲が取れた栗駒山が見えまーす。  ヾ( `▽)ゞ
栗駒山

 ξ17.きれいな青色のリンドウの花ですね。   o(^▽^)o
リンドウ

 ξ18.【15:07】空が広がってきました。
栗駒山

 ξ19.【15:13】栗駒山山頂到着!1627m。三角点もあります。\(^▽^)/
栗駒山

 ξ20.社があります。お参りしました。  (・A・)
栗駒山

 ξ21.宮城県側の景色です。  o(^▽^)o
宮城県側

 ξ22.【15:29】山頂を後にして、ササ原見ながら縦走します。 γ(▽´ )ツ
ササ原

 ξ23.下の景色です。昭和湖が見えます。後で行きます。  o(^▽^)o
昭和湖

 ξ24.【15:44】分岐目指して下りています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 ξ25.【15:46】須川分岐です。3県県境を見に行きます。往復です。
須川分岐

 ξ26.特に説明板はありませんが3県の県境の中心あたりです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
3県の県境

 ξ27.栗駒山がこのように見えました。  \(^_^)/
栗駒山

 ξ28.【16:08】再び須川分岐です。天気がよくなってきました。o(^▽^)o
須川分岐

 ξ29.下っています。栗駒山に日が当たって明るく見えました。  γ(▽´ )ツ
栗駒山

 ξ30.展望のよい山道です。昭和湖に向かっています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
山道

 ξ31.【16:26】昭和湖は青白色です。臭いは特にしませんでした。\(^_^)/
昭和湖

 ξ32.【16:30】きれいな木道があります。須川温泉まで1.8km。
木道

 ξ33.白い木と青空がきれいですよ。  ヾ( `▽)ゞ
青空

 ξ34.振りかえれば、栗駒山が美しいです。  \(^▽^)/
栗駒山

 ξ35.【16:42】川を渡って、観察路分岐に戻りました。  (・∀・)
観察路分岐

 ξ36.名残ケ原から栗駒山を振り返ります。雲がなくてきれいに見えました。
名残ケ原

 ξ37.ゆるやかな道を下山中ですよ。 o(^▽^)o
道

 ξ38.【16:56】日が傾いています。温泉が見えました。(登山時の写真)
須川温泉

 ξ39.【17:00】須川温泉に下山完了しました。温泉入って移動します。
須川温泉

 ξ40.移動中に近くの仙人水をいただきます。冷たくておいしいですよ。
仙人水



 

  栗駒山の山行日記  H22年8月25日



 朝一便の飛行機で、大阪から秋田空港に移動しました。のどかな道をレンタカーで登山口までドライブします。やがて町から離れて、山の上に向かって走行しました。秋田県と岩手県の県境に須川温泉がありました。かなりの車が駐車していました。

 少し離れた駐車場にいました。すぐに準備して歩きます。千人風呂の前に道案内がありました。山道に入っていきます。栗駒山の登山は周遊で約8kmです。約3時間半とありますが、早く登りたいものです。温泉神社に参拝してからペースを上げました。

 名残ケ原の木道を歩きます。景色がいいですね。。山の上には雲かあります。視界が悪い雲は流れて欲しいです。草原帯ではまだ花が咲いています。この先の観察路分岐かを曲がって登りました。川を渡ります。モウセンゴケがあるから湿地ですね。さらに登ると池があり、きれいな水面でした。

 笊森分岐からさらに登ります。登山者3人とすれ違いました。高い木が減って楽しいです。リンドウが大きな花を咲かせていました。頑張って登ります。雲は流れていったようです。そして標識が見えてきました。山頂は岩手と宮城の県境です。宮城県側が良く見えていました。雲がうすくなっていたので良かったです。社にも参拝しました。

 続けて縦走します。楽しい道です。ササ原が広がっていますが、それを眺めて歩きます。昭和湖が光って見えます。あそこに下るんですね。すぐに須川分岐に着きました。ここからも宮城県側への山道があります。少し寄り道しますね。秋田・岩手・宮城県境を見にいきます。

 また少し登りがありますが、まだ体力はあります。見通しがよい道です。なんか印があるかなと思って探してみました。特に案内板がないので、峰の周辺を散策しました。地震の跡と思われる地割れがあったので、注意して歩きました。須川分岐に戻って下山再開します。さっきより明るくなって、日ざしがありました。

 展望のよい道を下ります。何回も栗駒山を振り返りました。昭和湖は白っぽい色です。温泉成分があるんでしょうね。ここから須川温泉まで1.8kmです。木道もありました。晴れてきたので、栗駒山がきれいに見えます。遅い時間になったけど、これは幸運です。観察路分岐まで戻って、同じ道を下ります。

 名残ケ原からの栗駒山もきれいに見えています。岩が見えてきて温泉の建物に近づきました。傾いている太陽がまぶしいです。車に戻って入浴の準備です。早く下山できたので、温泉に入ることができました。山と違って温泉は人が多かったです。疲れをいやしてから車で移動します。移動中に仙人水をいただきました。翌日は白神岳に登ります。



【反省点】
  ・山でもっと散策すべきだったか、温泉に入るべきか悩んだ。
  ・3県の県境をはっきりと確認したかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム