【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 暑寒別岳まで行けなかった暑寒南岳

  




-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 


トップ
ページ
現在頁
暑寒南岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  暑寒南荘口
暑寒南岳
 200名山 暑寒南岳山頂   1296m
暑寒南岳
 

  暑寒南岳の案内地図


 暑寒南岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   暑寒南岳の近辺

大きな地図で見る

 暑寒南岳【電子国土基本図参照】暑寒南岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
暑寒南岳

暑寒南岳
 暑寒南岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H15.6.21     

 
 
 

  暑寒南岳の山行記録  H15年6月21日

 ■遠くの山登りを始めたころだったんです。

 Å01.【3:53】登山口に移動中です。ダムのまわりもキリがかっていました。
ダム

 Å02.【4:40】南暑寒荘です。車をとめて登山口をスタートしました。o(^▽^)o
南暑寒荘

 Å03.【5:00】水の流れを見ながら歩きます。冷たそうです。  ヽ(゚◇゚ )ノ
水

 Å04.【5:14】白竜の滝です。ここちより音がします。虫が飛んでいます。
白竜の滝

 Å05.第二吊橋を渡ります。山に入れるようにしてありました。 γ(▽´ )ツ
第二吊橋

 Å06.残雪があります。リュウキンカが咲いていますね。  o(^▽^)o
残雪

 Å07.【6:00】三合目を通過して、雨竜湿原に入りました。靴の裏を洗います。
三合目

 Å08.いきなりミズバショウがたくさん咲いていましたよ。  \(^_^)/
ミズバショウ

 Å09.雪解け水がたまっている湿原です。  ヾ( `▽)ゞ
雪解け水

 Å10.ミズバショウが白くてきれいです。  o(^▽^)o
ミズバショウ

 Å11.イワイチョウの小さな花が咲いています。  γ(▽´ )ツ
イワイチョウ

 Å12.【6:25】木道を歩いています。雪のある暑寒南岳の斜面が見えますよ。
暑寒南岳

 Å13.ヒメシャクナゲが咲いています。  o(^▽^)o  小さい花!
ヒメシャクナゲ

 Å14.ここから一方通行で木道を歩くようになっています。  (・∀・)
木道

 Å15.湿原が広がっていますね。中に入ったらズブズブ埋まりそうです。w(゚o゚)w
湿原

 Å16.チドリが咲いていました。  ヾ( `▽)ゞ
チドリ

 Å17.まだまだ木道がつづきます。ミズバショウが多いです。 《C!ミズバショウ》
ミズバショウ

 Å18.赤いミズバショウ! ではなくて、ザゼンソウ発見。  γ(▽´ )ツ
ザゼンソウ

 Å19.黄色のリュウキンカがきれいですね。  \(^_^)/
リュウキンカ

 Å20.【7:21】曲がったシラカバの木。今回2回も頭を木にぶつけました。
シラカバ

 Å21.【7:30】キリがかった残雪の上を歩きます。道がわかりにくいです。悩みます。
残雪

 Å22.ムシカリ(オオカメノキ)の白い花です。  o(^▽^)o
ムシカリ

 Å23.ベチャ道があります。オタマジャクシがいました。 γ(▽´ )ツ
ベチャ道

 Å24.マツがあります。八合目を通過しました。 ヾ( `▽)ゞ
八合目

 Å25.これは歩きにくいなぁ。雪解け水です。桜が咲いていました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
雪解け水

 Å26.また残雪の上を歩きました。十分注意しています。  (・∀・)
残雪

 Å27.【8:55】暑寒南岳山頂。1296m。\(^▽^)/ 無線している人いました。
暑寒南岳山頂

 Å28.山頂で悩みます。ゴゼンタチバナなどの花を見ました。別岳断念します。
ゴゼンタチバナ

 Å29.【9:39】暑寒南岳山頂をよく見てから下山開始します。  ヽ(゚◇゚ )ノ
暑寒南岳山頂

 Å30.【10:36】雲の下に出て、視界が広がりました。暑寒南岳です。o(^▽^)o
暑寒南岳

 Å31.水たまりにオタマジャクシがたくさん泳いでいました。  γ(▽´ )ツ
オタマジャクシ

 Å32.【10:52】雨竜湿原が見えますよ。  \(^_^)/
雨竜湿原

 Å33.【11:17】湿原の木道を歩いています。鳥が飛んでいました。 ヾ( `▽)ゞ
木道

 Å34.【11:32】暑寒南岳が見えだしました。o(^▽^)o 木道歩きは早いです。
暑寒南岳

 Å35.キスゲやワタスゲがありました。湿原はおもしろいです。 γ(▽´ )ツ
湿原

 Å36.【11:45】湿原から出るころにシラネアオイを見つけました。きれいです。
シラネアオイ

 Å37.【12:22】同じ道を下山中です。イチゴがありました。ブヨがいます。
イチゴ

 Å38.橋を渡って登山口に戻っているところです。  ヽ(゚◇゚ )ノ
橋

 Å39.【12:40】白竜の滝に戻りました。朝より明るくなっています。\(^_^)/
白竜の滝

 Å40.ウツギが咲いていました。  γ(▽´ )ツ
ウツギ

  ★ 【15:50】早く下山したので、増毛の海を眺めました。 \(^_^)/
海



 

  暑寒南岳の山行日記  H15年6月21日

 関西でハイキングをして楽しんでいました。遠くの山に登ってみたくて、湿原のある暑寒別岳を選びました。距離が長いから自分の体力測定もできると思ったのです。登山初期のころだから、ストックなしで、スニーカー使用しています。

 前日は雨でした。十勝岳のふもとで観光しています。山登りの時は晴れてほしいものです。川原の公園の広場に車をとめてそのまま眠りました。朝早く行動するためです。

 北海道の朝は早く明るくなります。夏至の時期も幸いします。さっそく暑寒南荘まで移動しました。スムーズです。駐車場も広かったです。入山料を払ってスタートしました。

 登山時期になって、橋の板がはめられていました。すでに登っている人もいるようです。安心して歩きました。ウツギなどの花が咲いていますが、まだ撮影するには暗い感じです。近くに残雪が少しありました。

 ブヨやアブがいます。雪解けの季節はいますね。うっとおしいです。白竜の滝を眺めてさらに歩きます。けっこう登りはきついなぁと感じました。今ならどうでしょうか。

 三合目を過ぎて、雨竜湿原に入りました。靴の裏を洗ってタネを持ち込まないようにします。木道歩きですが、目の前に湿原が広がっています。川の水面が見えますが、白いミズバショウがたくさん咲いていました。

 花が咲いているから楽しいですね。きれいなモデルはないかと探します。黄色いリュウキンカの花が明るく咲いています。木道のそばの花しか見れませんが、ヒメシャクナゲが咲いていてかわいかったです。

 分岐があります。木道が一方通行になっていました。時計回りです。シーズンは人が多いのでしょうね。まだ早い時期だし、朝方でもあります。音を立てて木道を歩きました。

 鳥が風をきる音が響きます。空が曇っていますが暑寒南岳の斜面が見えます。まだ先が長いです。そんなに暑くはありません。木道出口で赤いザゼンソウを見てから、分岐を山道に入りました。

 木がある山道です。雪の重みで曲がった形のものがあります。いたっ。頭をぶつけてしまいました。よく見ないといけません。汗止めのヘアバンドをしておくと痛さが少ないです。雪解けのベチャ道も歩いて登りました。靴を濡らさないように。。。でも濡れますね。

 水たまりに黒いものが動いています。小さなオタマジャクシがたくさんいました。カエルがたくさんいそうです。やがて残雪が見えてきました。広いです。標高があがって、キリで視界が悪くなっています。無事山道がわかるか心配です。

 足跡がはっきりしません。以前にチャレンジした残雪の札幌岳や男体山は断念しています。不安がよぎりますが、雪が固いので埋まることはありません。少し迷いましたが、山道を見つけることができました。残雪帯は2回ありました。

 キリがかっていますが、棒が見えます。暑寒南岳の山頂です。ここまで登ってきたのでうれしいです。時間はまだあります。キリで展望のない山頂で40分くらい考えました。別岳に行くべきかどうか。残雪と視界の悪さ、そして靴が濡れたのでここまでにしました。

 ということで、今回の山登りは、暑寒南岳が目的となりました。登頂成功おめでとう。と納得して下山します。ゴゼンタチバナなどの花を見ながら下ります。朝よりもまわりが明るくなっていました。オタマジャクシも観察します。

 いてっ、また頭をぶつけました。慣れない時はよくあります。その後はぶつからなくなりました。山道から雨竜湿原が見えるとうれしいです。地塘がたくさん見えました。分岐から木道に入ります。

 新しく歩く場所です。人が増えていましたが、混雑はありません。振り返ると暑寒南岳が見えてきていました。でも暑寒別岳は見えません。黄色いキスゲが咲いていました。これからどんどん咲くことでしょう。出口のあたりにシラネアオイが咲いていました。

 また急な道を下っていきます。ブヨがまたきました。嫌ですね。でも下りは早いです。白竜の滝を眺めて吊橋を渡って暑寒南荘に戻りました。日が照っていました。

 別岳に行かなかったから時間があります。増毛に行って海を眺めました。こちら側にも暑寒別岳の登山口があります。いつか登ってみたいけど、また湿原みたいです。

 H25年6月にまたチャレンジしに行きました。この年は残雪が多いということで、入山禁止でした。とても残念です。車が1台もないので足跡もないことでしょう。いつかまたチャレンジします。



【反省点】
  ・時間あったので、経験があれば別岳まで行けたのに。。。
  ・木に頭を2回もぶつけてしまった。
  ・ブヨやアブがうっとおしかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム