【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 秋の湿原を眺めて登った夕張岳

  


-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
夕張岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  夕張岳ヒュッテ手前
夕張岳
 200名山 夕張岳山頂   1668m
夕張岳
 

  夕張岳の案内地図


 夕張岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   夕張岳の近辺

大きな地図で見る

 夕張岳【電子国土基本図参照】夕張岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
夕張岳
 夕張岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H20.09.06 -12    

 
 
 

  夕張岳の山行記録  H20年9月6日

 ■夏が終わった夕張岳です。山頂は赤とんぼがたくさんいました。

 Μ01.車で登山口に向かっています。曇っていました。【6:55】駐車場到着
駐車場へ

 Μ02.登山口周辺は明るくて花が咲いていました。ヾ( `▽)ゞ 《C!地図》
花

 Μ03.【7:20】登山届けをだして出発します。3人です。  o(^▽^)o
登山届け

 Μ04.10分歩いて分岐です。山頂まで6.7kmの冷水コースに進みました。
冷水コース

 Μ05.山道は急になります。沢の水場がありました。 \(^_^)/
冷水コース

 Μ06.【8:20】前岳の沢です。頂上まで4.7kmとありました。4分で分岐です。
前岳の沢

 Μ07.【8:42】石原平。展望のない樹林帯を登っています。頑張れ―。 ヽ(゚◇゚ )ノ
石原平

 Μ08.【8:51】石の多い道を歩いています。  (・∀・)
道

 Μ09.姫山1353mが良く見えるところがありました。γ(▽´ )ツ
姫山

 Μ10.【9:15】 ササの間の道を歩いています。(前岳1501m)
道

 Μ11.【9:33】前岳湿原に入って木道を歩いています。 o(^▽^)o
前岳湿原

 Μ12.湿原の草です。見事な岩が見えています。  ヽ(゚◇゚ )ノ
前岳湿原

 Μ13.【9:44】ガマ岩です。標高1433m。キリがありますよ。 \(^_^)/
ガマ岩

 Μ14.さらに5分歩くと、ひょうたん池です。静かでした。 (・∀・)
ひょうたん池

 Μ15.楽しい木道歩きです。夕張岳に雲がかかっていました。
木道

 Μ16.【9:59】ベチャ道歩いて、水場に到着です。補給しました。
水場

 Μ17.秋色を眺めながら木道を歩きます。  γ(▽´ )ツ
木道

 Μ18.大きな池が見えます。リンドウがありました。
大きな池

 Μ19.お花畑を楽しく歩いています。山頂まであと1.2kmです。
お花畑

 Μ20.また急な山道です。松と笹の間を歩きました。 (・∀・)
山道

 Μ21.山頂まで、あと500m地点です。ヾ( `▽)ゞ。
山道

 Μ22.【10:18】金山との分岐を右に登っていきます。
夕張岳

 Μ23.祠を通過して山頂をめざします。もうすぐですよ。
夕張岳

 Μ24.【10:32】夕張岳山頂 標高1668mです。 \(^▽^)/
夕張岳

 Μ25.山頂はそんなに広くありません。赤とんぼ多いです。o(^▽^)o
夕張岳

 Μ26.【11:05】下山開始します。 ヽ(゚◇゚ )ノ
夕張岳

 Μ27.祠に参拝しました。注意して下山しますね。
祠

 Μ28.釣鐘岩が良く見えます。
釣鐘岩

 Μ29.ミヤマアケボノソウが咲いています。 o(^▽^)o
ミヤマアケボノソウ

 Μ30.ゆるやかな木道です。同じ道を下っています。山頂見えません。
木道

 Μ31.【11:57】水場で水をもらいました。\(^_^)/
水場

 Μ32.【12:09】望岳台で少し休みました。  ヽ(゚◇゚ )ノ (トリカブト)
望岳台

 Μ33.石原平です。シラネアオイが多いですよ。実がついていました。
石原平

 Μ34.【12:34】分岐です。今度は右の道で下山しました。
分岐

 Μ35.小さなかわいいキノコです。  o(^▽^)o。
キノコ

 Μ36.【13:18】夕張岳ヒュッテです。静かでした。ヾ( `▽)ゞ
夕張岳ヒュッテ

 Μ37.川を渡ってさらに下り、【13:35】登山口に戻りました。\(^_^)/
登山口

 Μ花  ふもとの庭に咲いていた花−1
花

 Μ花  ふもとの庭に咲いていた花−2
花



 

  夕張岳の山行日記  H20年9月6日



 なかなか行けない北海道の山登りは、とても楽しみです。9月 になると山に雪が降り始めるので装備をしっかりしなくてはなり ませんね。

 神奈川の山仲間ふたりと札幌で合流しました。すすきので食事 をしましたが、夏が終わった北海道の空気です。明日は晴れて欲 しいと願いながら眠りました。

 朝早くレンタカーで移動します。だんだん明るくなってきます が、くもっていました。メロンで有名な夕張の町を通過します。 以前十勝岳に行くときに通った道です。順調に夕張岳登山口に到 着しました。

 早い時間ですが寒くはなかったです。まだ紅葉した草木があり ました。何台か車が止めてあります。私達もさっそくスタートし ます。7時20分なので余裕です。山頂までは約7kmになりま す。頑張りましょう。

 足が慣れるまでしばらく時間がかかります。温めながら歩いて いきます。樹林帯はちょっとたいくつです。水場がありましたが まだ飲みたくないです。遅咲きの花を探しながら歩いています。

 1時間歩いて前岳の沢です。山頂まで4.7kmと書いてあり ました。2kmちょっと進んだことになります。石が多い石原平 を通過します。リンドウの花がありました。

 1353mの姫山が見えたころから、景色がよくなりました。 ササの間の道を歩きます。池をすぎて湿原帯の木道になります。 霧がかっていたので、ゆっくりと歩きました。

 9時半に前岳湿原だから、また1時間経ったことになります。 この季節はお花畑も花がなくなっています。早朝登山の人とすれ 違いました。早い下山ですね。しかしなかなか山頂が見えません。

 キリがかったガマ岩が見えます。とても目立つ大きな岩山です。 標高は1433m。さらに少し歩くと、静かなひょうたん池でし た。何かひそんでいそうです。

 また木道の道になりました。木道歩きは楽しいです。近くに水 場があります。帰りに汲もうと思います。広い湿原帯です。池も あります。山頂まで1.2kmになりました。あともう少しです。

 まだ急な道がありました。ササとマツの間の道です。マツの葉 がちくちくします。冬は雪で隠れそうな道でした。尾根もキリが かっています。山頂がはっきりしません。道を進んでいきます。

 また少し歩いて祠が見えた時に山頂が見えました。あともう少 し頑張って、10時半に夕張岳に登頂しました。約3時間で登り ました。1668mです。

 山の上にはトンボがたくさん飛んでいます。秋を感じますが、 ここはすぐに冬になるんでしょうね。キリで視界が短いのが残念 です。しばらく山頂で空気を味わいました。

 天気がよくなりそうにありません。食事も済んだので、同じ道 を下ります。時間に余裕があります。のんびりと下ることにしま す。湿原の木道を音をたてて歩くのが楽しいです。

 ガマ岩を過ぎて次の湿原を通過してどんどん下り、石原平先の 分岐で、夕張ヒュッテに向かいました。なるべく違う道を歩きた いからです。 距離があったので、帰路は足が疲れていました。

 13時半に駐車場に戻りました。約6時間の山行でした。天気 がちょっと残念でしたが、いつか夏の花を探しながらまた登って みたいです。このあとは翌日の樽前岳のために移動しました。



【反省点】
  ・もう少し休憩をとればよかった。
  ・赤トンボの写真を撮っておけばよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム