【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 雪解けを待って再チャレンジしたニペソツ山

  




-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
ニペソツ山
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  十六の沢口
ニペソツ山
 200名山 ニペソツ山山頂   2012m
ニペソツ山
 

  ニペソツ山の案内地図


 ニペソツ山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   ニペソツ山の近辺

大きな地図で見る

 ニペソツ山【電子国土基本図参照】ニペソツ山周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
ニペソツ山
 ニペソツ山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22.06.17 -5断念 H22.08.20 -18  

 
 
 

  ニペソツ山の山行記録  H22年8月20日

 ■朝早く登ったけど、残雪で道が不明。悔しいけど断念です。

 ゞ01.【5:11】十六の沢登山口からスタート。雨止んでいます。 o(^▽^)o
十六の沢登山口

 ゞ02.【7:09】まだアイゼンなしで登っています。キリがかっています。 w(゚o゚)w
残雪

 ゞ03.【7:21】白い残雪です。道が埋まっています。たまにピンクリボンあります。
残雪

 ゞ04.小天狗の辺りです。 悩みながら道や目印を探しています。
小天狗の辺り

 ゞ05.この先の高いところが前天狗ではないのか?とあちこち道を探しました。
道を探す

 ゞ06.1時間ちょっと歩きまわって断念決定。元の道を戻ります。 (´・_・`)
断念決定

 ゞ07.近くの線路跡などを眺めてから宿に向かいました。翌日は石狩岳成功です。
線路跡

 
 
 ■同じ年に、再度チャレンジしました。もう雪はありません。

 ゞ08.【5:25】十六沢登山口出発します。 標高1030mです。  o(^▽^)o
十六沢登山口

 ゞ09.【6:53】天狗のコルの岩場を通過します。雪がないです。思い出の岩でした。
天狗のコル

 ゞ10.雪のない道を歩きます。糠平や帯広の方向です。雲海が見えますよ。
道

 ゞ11.【7:04】山頂まで4.0kmの表示があります。山がきれいですね。\(^_^)/
山頂まで4.0km

 ゞ12.テント張れる広さがあります。全回雪の上を歩きまわっています。(´・_・`)
道

 ゞ13.きれいな北海道の青空です。景色が楽しみです。ヾ( `▽)ゞ
青空

 ゞ14.木のトンネルが長く続きます。雪があったら隠れているわけです。ヽ(゚◇゚ )ノ
木のトンネル

 ゞ15.【7:30】トンネル抜けて、大雪山旭岳を見ながら休憩します。o(^▽^)o
大雪山旭岳

 ゞ16.石狩岳が見えます。素晴らしい景色ですよ。\(^_^)/
石狩岳

 ゞ17.クマネシリの山が見えてるからズームしてみます。 γ(▽´ )ツ
クマネシリ

 ゞ18.【7:47】高い木がありません。道に石が増えてきました。展望良いです。
道

 ゞ19.トムラウシ山(左)が見えてきました。大雪山まで続いてます。ヾ( `▽)ゞ
トムラウシ山

 ゞ20.【8:02】石垣のような斜面が見えてきました。本当にお城みたい。《C!石》
石

 ゞ21.【8:09】標識があります。岩場を登っていきます。前天狗を歩いています。
標識

 ゞ22.【8:14】幌加コースとの分岐、風強いです。着替えます。休憩中。(・∀・)
分岐

 ゞ23.前天狗からニペソツ山が見えだした すごい!右は天狗岳です。 《C!大》
ニペソツ山

 ゞ24.【8:32】谷部に降りて天狗平を眺めます。岩の上を歩いてまた登ります。
谷部

 ゞ25.【8:39】天狗岳斜面を、しばらくゆるやかに歩きます。花を探します。
天狗岳斜面

 ゞ26.ニペソツ山頂までまだ時間かかりそうです。この先大きく下ります。w(゚o゚)w
ニペソツ

 ゞ27.ハイマツの道を下っていきます。木が育っています。o(^▽^)o
道

 ゞ28.ニペソツ山が大きく広がっています。景色がすごいですね。\(^_^)/《C!大》
ニペソツ山

 ゞ29.左手側に糠平湖が見えます。あそこからこちらが見えますね。ヾ( `▽)ゞ
糠平湖

 ゞ30.松の枝が成長していて行く手を阻んでいます。力がいりますよ。(・∀・)
松の枝

 ゞ31.白い雪渓も見えるトムラウシ山です。近づきました。ヽ(゚◇゚ )ノ
トムラウシ

 ゞ32.【9:09】谷部から登っています。道狭くて歩きにくいです。
道狭

 ゞ33.一気に標高が上がります。景色がずっといいところです。 \(^_^)/
道

 ゞ34.【9:34】ジャリ場の山道を見ながら歩きます。あともう少しですよ。
道

 ゞ35.あと少しです。花を探しながら歩きました。  γ(▽´ )ツ
道

 ゞ36.【9:52】ニペソツ山山頂 2012m。 \(^▽^)/ 現在独占中!
ニペソツ山

 ゞ37.クマネシリが見えます。広い大地ですよ。 (o^-^o)
クマネシリ

 ゞ38.糠平湖が見えますね。  ヽ(゚◇゚ )ノ
糠平湖

 ゞ39.十勝岳や美瑛岳が見えていますよ。 \(^_^)/
十勝岳

 ゞ40.トムラウシ山が見えています。きれいですね。 ヾ( `▽)ゞ
トムラウシ

 ゞ41.大雪山の旭岳は北海道最高峰! いいですね。  γ(▽´ )ツ
大雪山の旭岳

 ゞ42.石狩岳や音更山がきれいに見えますよ。   \(^_^)/
石狩岳

 ゞ43.天狗岳です。先ほど歩いた道が見えます。あれをまた戻るのかぁ。w(゚o゚)w
天狗岳

 ゞ44.【10:26】下山開始です。このあと登ってくる人が多いですよ。 (・∀・)
下山開始

 ゞ45.ウラシマツツジの紅葉が始まっています。o(^▽^)o
ウラシマツツジ

 ゞ46.【10:56】鞍部からまた登っていきます。コマクサの花を見つけました。
鞍部

 ゞ47.【11:14】天狗岳山頂を眺めて歩きます。  ヾ( `▽)ゞ
天狗岳

 ゞ48.【11:28】天狗岳山頂に立ち寄りました。\(^_^)/ 特に標識はないです。
天狗岳山頂

 ゞ49.【11:39】また少し下って前天狗を登ります。  ヽ(゚◇゚ )ノ
前天狗

 ゞ50.【12:10】前天狗の同じ道を下っています。  (・∀・)
道

 ゞ51.小天狗を眺めます。 山道を目で追います。
小天狗

 ゞ52.【12:29】木のトンネルを抜けて、ゆるやかな道です。花を探して歩きます。
道

 ゞ53.【12:35】小天狗へと登っていきますよ。
小天狗

 ゞ54.【12:45】前天狗に別れを告げます。  γ(▽´ )ツ
前天狗

 ゞ55.【13:32】ひとり静かに下山中です。
下山中

 ゞ56.【13:44】十六沢登山口に下山完了です。   o(^▽^)o
十六沢登山口

 ゞ57.【14:17】林道にある登山ポストです。
登山ポスト



 

  ニペソツ山の山行日記  H22年8月20日



 初夏となった6月18日に、ニペソツ山にチャレンジしています。車中泊して小雨の中を登ったのに、天狗のコルの先は、一面の残雪帯でした。雪の上は楽に歩けます。目印もなくて道がわかりませんでした。リボン探してあちこち歩きました。どこに山道があるのかわからないので断念しました。

 同じ年の8月に再度チャレンジしました。どこに道があったのか気になります。雪も解けているでしょう。千歳からレンタカーで移動して、糠平で車中泊していました。登山口は寂しすぎるから嫌です。前日の天気が良くなかったので心配でした。

 早朝起きて、十六の沢登山口に移動します。記憶に新しいところです。もう5台いました。ガイドによると、全14km10時間40分のコースです。今度こそ成功させるつもりで、気合いを入れました。めんどうですが、同じ道を登ります。展望がないのでちょっとたいくつです。

 標高が上がると明るくなってきました。前回と違って晴れたので、明るい景色です。展望場からはオッパイ山(クマネシリ山)が見えます。雪がないので楽に小天狗に到着しました。この辺りは緑一色です。ササが多いです。その間に山道が続いていました。分岐がない限り、前に歩くだけです。

 雪で全部埋まっていたところですが、日が当たる草原帯には、花が咲いています。前回わからなかった道です。もう少し進むと、前天狗への入り口に、木のトンネルがありました。このトンネルが雪で隠れたら、初めての人ではわからないし、通るところもありません。こんな山だったんですね。けっこう長いトンネルでした。

 キキョウやウメバチソウを、眺めながら歩きます。稜線歩きは展望が開けて、とても素敵な景色です。まずは大雪山が見えます。北海道最高峰の旭岳です。その右に石狩岳です。6月に登った懐かしいところです。少し肌寒いです。まわりに何人かいるので寂しくないです。

 高い木がない石道を登ります。景色が楽しいです。天然のお城みたいに見えます。なかなかニペソツ山の頭が見えないのが困ったものです。天狗岳がさえぎっていました。それでもまずは、前天狗を歩きます。道のピークに幌加コースとの分岐があります。ここからニペソツ山の頭が見えました。とても感動です。まだ距離があります。

 一度下って、鞍部からまた登ります。すぐに天狗岳の斜面ですが、山頂に寄らずに進みます。ゆるやかな道は楽しいです。楽園を歩いている感じです。やがて道が急に下ります。けっこう下るので帰りが心配になります。ハイマツが増えてきました。この木が道をふさぐため、前に進むのにかなりの力がいります。

 雄大なニペソツ山を望みながら登ります。まだしばらくハイマツと戦っています。カメラがひっかかって一度落としました。気付いてあわてて取に戻りました。あってよかったです。すでに下山者がいます。早いですね。この山に登るのだから、初心者とは違います。私も標高を上げていきました。

 あと少しです。ちょうど山頂に誰もいない時間帯でした。風が冷たいです。360度の大展望は、自然を眺めるものです。人工の建物が見えませんね。クマネシリ山が見えます。糠平湖がわかります。広いですね。十勝岳、トムラウシ山、大雪山、そして石狩岳と見渡せます。素晴らしい景色です。ニペソツ山山頂は感激しました。めったに来れるところではないですね。

 今回は成功して良かったです。休憩しながら景色を眺め、息も落ちついたので、同じ道を下山開始しました。まだ戻る途中で景色を楽しめるから、わくわくした気分です。石狩岳がずっときれいに見えています。一度下って天狗岳に登り直すのは、ちょっとめんどうですが頑張りましょう。途中にコマクサが1株あり、花が残っていました。うれしいですね。

 帰路は天狗岳山頂に立ち寄ります。特に何かあるというわけではありませんが、ピークを撮影しました。赤トンボがいる季節です。このあとは、木のトンネルを下って、天狗のコルを通って下山しました。下りは早いです。天気がよくて、よい山行になりました。その後、芽室岳に登るために移動しています。



【反省点】
  ・時間あったので8月は山頂周辺をもっと歩けばよかった。
  ・6月は道がわからなかった。断念は正解だった。と思う。
  ・カメラが木にひっかかって、100mほど拾いに戻った。
 

 ◆ルピナス
登山ポスト



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム