【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ

 石狩岳で、美しい山と花を眺める山行

  


 
 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
トップ
ページ
現在頁
石狩岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  シュナイダ―コース口
石狩岳
 200名山 石狩岳山頂   1967m
石狩岳
 

  石狩岳の案内地図


 石狩岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   石狩岳の近辺

大きな地図で見る

 石狩岳【電子国土基本図参照】石狩岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
石狩岳
 石狩岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22.06.18 -13    

 
 
 

  石狩岳の山行記録  H22年6月18日

 ■雪でニペソツ山途中断念した翌日の登山です。

 ∧01.【4:36】車で国道から林道に入ります。登山届提出。《C!クマネシリの日の出》
林道

 ∧02.【5:00】登山口到着。準備しますね。 《C!4:40ニペソツ登山口との分岐》
登山口

 ∧03.【5:26】出発!6.5km表示があります。この先の弁慶堂に参拝します。
登山口

 ∧04.【5:55】沢沿いに歩いて、ここは水量多いのではだしで渡ります。ヽ(゚◇゚ )ノ
渡渉

 ∧05.【6:05】靴はいたのに、また渡渉します。冷たい雪解け水です。w(゚o゚)w
渡渉

 ∧06.【6:17】山頂まで4.5kmの表示を通過します。ニリンソウが開く前です。
山頂まで4.5km

 ∧07.川から離れて急坂のシュナイダーコースになりました。
シュナイダーコース

 ∧08.【6:43】岩の上から左側の川上岳方向を写します。ニペソツも見えてきます。
川上岳方向

 ∧09.樹間に石狩岳が見えてきました。\(^_^)/   (ニペソツ山)
石狩岳

 ∧10.【7:19】樹林帯です。10mくらいの残雪歩きが2箇所ありました。
残雪歩き

 ∧11.【7:31】ニペソツ山がよく見えます。  γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
ニペソツ山

 ∧12.晴天の下の石狩岳がよく見えます。まだ樹林帯歩きます。 o(^▽^)o
石狩岳

 ∧13.【8:07】かくれんぼ岩通過。山頂まで1.5km表示板もありました。
山頂まで1.5km

 ∧14.【8:29】左手後方に糠平湖(中央)が見えてますね。  \(^_^)/
糠平湖

 ∧15.樹林帯を抜けて、マツの間の道を登ります。桜が咲いていました。《C!石狩岳》
道

 ∧16.【8:52】石狩の肩です。ヾ( `▽)ゞ 右が音更山への道。左へ進みます。
石狩の肩

 ∧17.なんと大雪山系が見えますよ。すごい!右が旭岳ですね。 o(^▽^)o 《C!大》
大雪山系

 ∧18.シャクナゲの花です。きれいですよ。 \(^_^)/
シャクナゲ

 ∧19.黄色い花も咲いています。
花

 ∧20.白いイチゲが咲いています。エゾハクサンイチゲかなぁ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
イチゲ

 ∧21.石狩岳を眺めながら、あの道を登っていきますね。  ヾ( `▽)ゞ
石狩岳

 ∧22.【9:13】残雪の道です。雪崩に注意しましょう。天気が良いです。
道

 ∧23.だんだん近づいています。たまに曇ります。日ざしが暑いです。(・∀・)
石狩岳

 ∧24.【9:30】音更山を振り返りました。きれいな山です。今回登りません。
音更山

 ∧25.人の気配がありません。たまに鳥が鳴いています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
石狩岳

 ∧26.左側の谷を眺めます。遠くに西クマネシリ山や糠平湖が見えますよ。
西クマネシリ山

 ∧27.【9:44】もうほとんど山頂です。あと少し頑張れ―。(・∀・)
石狩岳

 ∧28.【9:46】石狩岳山頂 1967mです。 左うしろは大雪。\(^▽^)/
石狩岳

 ∧29.トムラウシ山が見えます。白い雪景色です。 γ(▽´ )ツ  《C!五色沼》
トムラウシ山

 ∧30.大雪山をズーム。左が最高峰の旭岳ですよ。   ヾ( `▽)ゞ
大雪山

 ∧31.小石狩岳、川上岳の奥に、ニペソツ山が見えます。熊注意だそうです。
ニペソツ山

 ∧32.【10:24】小石狩岳まで歩きました。写真を撮って戻ります。(・∀・)
小石狩岳

 ∧33.石狩岳を眺めます。日が照ると石狩岳の斜面が明るいですね。 \(^_^)/
石狩岳

 ∧34.谷を眺めてみます。白い雪があります。急ですね。  γ(▽´ )ツ
谷

 ∧35.【10:42】石狩岳から下山開始します。残雪の上は注意して歩きます。
石狩岳

 ∧36.大雪山旭岳を眺めながら下っています。   ヾ( `▽)ゞ
大雪山旭岳

 ∧37.シャクナゲを見ながら昼休憩します。天気よいですね。 o(^▽^)o
シャクナゲ

 ∧38.小石の多い稜線です。広いし花が多いです。ヒメイチゲ咲いてました。
稜線

 ∧39.なんとコマクサが咲いていました!すごい!けっこうありました。\(^_^)/
コマクサ

 ∧40.【11:34】石狩の肩を下りました。ここはけっこう急です。(・∀・)
石狩の肩

 ∧41.【12:21】下りは上りりもペースが早いですよ。ゴゼンタチバナ咲いてます。
道

 ∧42.【12:40】朝方景色を眺めた岩場です。 (・∀・)
道

 ∧43.【13:03】山頂から4.5km地点です。道ゆるやかです。
山頂から4.5km

 ∧44.ニリンソウの花が開いていました。   ヾ( `▽)ゞ
ニリンソウ

 ∧45.【13:10】靴を脱いで渡渉します。やはり冷たいです。2回渡りました。
渡渉

 ∧46.明るい山道をどんどん歩きます。誰とも出合いませんでした。(・∀・)
山道

 ∧47.弁慶堂に参拝します。ありがとうございました。 (・A・)
弁慶堂

 ∧48.【13:41】駐車場に戻りました。下山完了です。まだ早い時間でした。
駐車場

 ∧49.北海道の道をドライブして楽しみます。気分いいですよ。γ(▽´ )ツ
ドライブ

 ∧50.シラカバの木がきれいでした。   \(^_^)/。
シラカバ



 

  石狩岳の山行日記  H22年6月18日



 北海道で山登りをしようと、休みを利用して行きました。新千歳空港からレンタカーを使用しています。初日(17日)に、ニペソツ山にチャレンジしましたが、雪で道が隠れており、残念ながら断念しました。さい先悪いスタートです。近くの石狩岳も不安があります。でもやはり達成したいものです。

 17日に降っていた雨が上がって、18日は天気が良くなっています。宿から急いで出発しました。途中まで、ニペソツ山登山口までの道と同じです。国道273号から、林道に入って、シュナイダーコース登山口に到着しました。やはり私ひとりの登山です。すでに青空が広がっているので、早く登りたいです。石狩岳の山頂が白く見えていました。

 準備後、登山口に入り、弁慶堂にお参りしてから、歩きました。山頂まで6.5kmの標識があります。(ガイドは片道約5km。標識が古い距離みたいです) 最初の2kmはなだらかです。ただ2回川を渡りますが、雪解け水で、増水しています。そのため裸足になって渡河しました。冷たい水です。足を乾かすのがめんどうです。靴を履いたのに、2回目があったのが、えぇーーとなりました。

 山頂まであと4.5km標識を見ました。ここから急になっていきます。水の音が離れて行きました。標高差は約1100m、頑張らなくてはいけません。急な道になります。花がほとんどありません。ガイドでは往復9時間50分とありますが、これを短縮するつもりです。気合い入れて登りました。

 樹林帯を抜けるまで、ほぼ展望がありません。とにかく上をめざします。熊避けにラジオを鳴らしていました。最初は雪がなくて土が見えて安心ですが、やがて残雪を歩くところがでてきました。そんなになかったです。道がよくわかったので助かります。

 途中にあった岩の上に立つと、川上岳やニペソツ山が見えました。そしてぎりぎり石狩岳も見えています。天気がよくて楽しみです。ただ白い雪が見えたのが心配です。また歩きます。急すぎる時は木をつかんで登ります。樹林帯を抜けて、ハイマツ帯になると、見晴らしがよくなりました。そしてすぐに石狩の肩に到着しました。

 あまり休まなかったので、時間短縮できました。音更山との分岐の石狩の肩からは、しばらく稜線の道がなだらかになります。見晴らしが効いて、展望もよくなりました。特に大雪山が見えるのが素晴らしいです。見とれますよ。晴れていてよかったです。この辺の小石の草原には、コマクサやシャクナゲなどの花が咲いて、とても感激する場所です。

 また少し急になって、山頂に向けて高度を上げていきます。振り返ると音更山がきれいに見えています。さらに上がると、道が雪渓で隠れていたりします。まだ固い残雪の上を歩きましたが、雪崩に注意しています。道がわかるのと、山頂が見えることで、安心して山頂に到達できました。

 石狩岳山頂!やりました。この日は1967mの山頂をひとり占めです。そんなに広くはありませんが、360度の展望です。トムラウシ山、十勝岳、ニペソツ山などがきれいに見えます。ほんとに天気が最高です。風は冷たくても、日ざしが暑いです。

 電話しましたが、携帯がつながりました。ラジオも鳴っています。熊はいませんでした。ついでにニペソツ山の手前に見える、小石狩岳まで往復することにしました。時間があります。日が良く当たった石狩岳の景色がきれいです。トムラウシ山の雪景色も美しいです。手前には五色沼があるので、ズームして眺めました。再び石狩岳山頂に戻ります。

 時間に余裕ありましたが、車で野移動もあるので、下山開始しました。途中で昼食をしています。あったかいラーメンです。帰路は同じルートだから、道がはっきりわかります。音更山やユニ石狩岳も気になりますが、雪がまだあるでしょうね。石狩の肩で花を探して楽しみました。そしてまた下ります。

 朝と違って、同じ樹林帯でも明るいです。ペースが速いです。展望なくなると、休憩はあまりいりません。足を痛めないように歩きました。やがて水の音がして、また裸足で2回川を渡ります。その後は快適な山道歩きです。弁天堂でお礼を述べて駐車場に戻りました。石狩岳を眺めると、雲が増えていました。朝のきれいな景色を堪能した山登りでした。このあとは層雲峡に移動して翌日の黒岳に備えました。



【反省点】
  ・早く下山できるのなら、もっと散策したらよかった。
  ・渡渉があるのを、前日宿の方から聞いた。知らないと道に悩む。
  ・雪渓の道は、もっと注意すべきだった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム