【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 ドレッシングオイルで体育館床のお手入れ  詳しくは ⇒ ダンケルDの紹介
  【広告】 このHPは自作したものです。レンタルサーバーで公開中 ⇒ 自作ホームページ


 

 新緑の中を歩いた前天塩と天塩岳

  


 
 
-山道歩の祈幸日本二百名山-  .
 
トップ
ページ
現在頁
天塩岳
百名山
山行サイト
中四国地方
山行サイト
近畿地方
山行サイト
関東地方
山行サイト
チョウチョ
蝶々のサイト

 
 200名山 登山口  天塩岳ヒュッテ口
天塩岳
 200名山 天塩岳山頂   1558m
天塩岳
 

  天塩岳の案内地図


 天塩岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   天塩岳の近辺

大きな地図で見る

 天塩岳【電子国土基本図参照】天塩岳周辺・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
天塩岳

 
天塩岳
 天塩岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数) 
H22.06.20 -12    

 
 
 

  天塩岳の山行記録  H22年6月20日

 ■朝一番のりで登りました。天気が良かったです。

 ψ01.【4:09】宿泊していた当麻の朝です。明るくなったので車で移動しますね。
当麻の朝

 ψ02.天塩岳ヒュッテの前で準備します。ふたりいますが先に登りますよ。
天塩岳ヒュッテ

 ψ03.【5:48】登山口から出発します。  ヾ( `▽)ゞ
登山口

 ψ04.いくつか橋を渡って、川を渡河します。しばらく平坦な道です。
橋

 ψ05.【6:12】分岐を左に曲がります。右は新道連絡路です。(下山時使用)
分岐

 ψ06.リュウキンカの黄色い大きな花の咲く道です。  γ(▽´ )ツ
リュウキンカ

 ψ07.【6:28】分岐です。前天塩岳へと向かいます。  ヽ(゚◇゚ )ノ
分岐

 ψ08.黄色と赤色があるウコンウツギがきれいです。  ヾ( `▽)ゞ
ウツギ

 ψ09.【6:35】直進が行きどまって、細くなった山道を上りました。
山道

 ψ10.【6:52】いくつか沢を渡って歩いてます。樹林帯はちょっとたいくつです。
樹林帯

 ψ11.明るくなってきました。静かな山道を上ります。天塩岳が見えてきました。
山道

 ψ12.小石の多い急坂です。【7:52】分岐です。先に前天塩に向かいます。
急坂

 ψ13.振り返ると丸山が見えています。残雪が白いです。標高が一気にあがりました。
丸山

 ψ14.標柱が見えます。もうすぐ前天塩の山頂ですよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
標柱

 ψ15.【8:06】前天塩岳山頂 1540mヾ( `▽)ゞ 日が当たりだしました。
前天塩岳山頂

 ψ16.天塩岳を眺めます。雄大な山の景色です。今から下ってまた登りますよ。
天塩岳

 ψ17.白いイソツツジが咲いています。  (^∇^)
イソツツジ

 ψ18.【8:25】遠くに雲があります。ここから90度右に下ります。  (・∀・)
道

 ψ19.けっこう下ります。鞍部からの登りが大変そうです。木が邪魔しますよ。
道

 ψ20.朝日の当たった天塩岳がきれいです。最高。 γ(▽´ )ツ
天塩岳

 ψ21.【8:42】鞍部を少し歩いて、また登ります。花があります。エンレイソウです。
鞍部

 ψ22.【9:05】日ざしが強いです。大きな木がないです。展望は良し! \(^_^)/
道

 ψ23.【9:07】稜線の分岐です。表記見て曲がりました。 o(^▽^)o
分岐

 ψ24.稜線から眺める天塩岳です。白い雪渓が目立ちます。 γ(▽´ )ツ
天塩岳

 ψ25.黄花シャクナゲが咲いていました。白い残雪の上を歩きます。
シャクナゲ

 ψ26.【9:18】ケルンのある天塩岳山頂に到着です。1558m \(^▽^)/
天塩岳山頂

 ψ27.天塩岳山頂から眺める前天塩岳がきれいですよ。  (o^-^o)
前天塩岳

 ψ28.【9:34】下山開始します。正面の西天塩岳方向に進みます。ヽ(゚◇゚ )ノ
西天塩岳方向

 ψ29.ササ原の山道がはっきりわかります。登ってくる人に出会い始めました。
山道

 ψ30.チシマザクラが咲いていました。  ヾ( `▽)ゞ
チシマザクラ

 ψ31.サンカヨウの白い花です。  ヽ(゚◇゚ )ノ
サンカヨウ

 ψ32.天塩岳を振り返ります。きれいな形が見えます。  o(^▽^)o
天塩岳

 ψ33.【10:05-10:33】避難小屋に到着。他の登山者が休憩中です。私も昼食です。
避難小屋

 ψ34.イワウメが咲いています。  ヾ( `▽)ゞ
イワウメ

 ψ35.【10:40】丸山頂上です。奥に前天塩岳が見えています。 \(^▽^)/ 《C!花》
丸山頂上

 ψ36.丸山からどんどん下ります。見晴らしがよいです。  ヽ(゚◇゚ )ノ
下る

 ψ37.オオエンレイソウが咲いています。  ヾ( `▽)ゞ
オオエンレイソウ

 ψ38.【11:34】分岐です。右が連絡路で旧道へ下る道です。
分岐

 ψ39.ザゼンソウが咲いています。  γ(▽´ )ツ
ザゼンソウ

 ψ40.ツバメオモトが満開です。
ツバメオモト

 ψ41.【11:54】朝方の分岐に戻りました。 あと1.5kmです。(・∀・)
分岐

 ψ42.なだらかな道を歩きます。朝よりも明るいです。
なだらかな道

 ψ43.黄色いリュウキンカが、朝よりもきれいでした。 \(^_^)/
リュウキンカ

 ψ44.ニリンソウがたくさん咲いています。
ニリンソウ

 ψ45.同じ道だから、また何回か川を渡ります。
道

 ψ46.【12:13】下山しました。着替えて移動します。 ヾ( `▽)ゞ
下山

 ψ47.【12:52】車で移動中に、小さなダムがあったので撮影しました。
ダム



 

  天塩岳の山行日記  H22年6月20日



 北海道で登山中です。200名山最北の天塩岳は、やはりあこがれますね。早く登っておかなくてはなりません。前日の19日は、黒岳に登ったあと、周辺の観光をしたりして体を休ませていました。広い田園地帯の、お米の有名な当麻に泊まっていました。とても静かな宿でした。

 朝早く静かに宿をでます。そして移動しました。6時前に登山口につきました。広い駐車場ですが、まだ登山者の少ないシーズンです。残雪の心配もありますが、標高が1558mというので、いくらか安心しています。天塩岳ヒュッテがありますが、小屋には何人か泊まっていたようです。私が先に入山しました。

 しばらくゆるやかに、川沿いを歩きます。まだうす暗い樹林帯です。川の水が冷たそうでした。流れが速いのですが、雪解け水がまじっているのでしょう。雨が降った後なのか道が濡れています。いくつか木の板を歩いて川を渡りました。分岐は案内をよく見ています。

 まだゆるやかな川沿いです。たまに日が当たる樹林帯です。リュウキンカが黄色の大きな花を咲かせていました。咲き始めはとてもきれいです。ウツギの花も咲いていました。シラカバの白い幹と新緑もきれいです。先に前天塩岳に向かいます。川から離れて急坂になります。標高が上がって樹林帯を抜けると展望がよくなっていきます。

 やがて天塩岳が見えてきます。うれしいですね。めざすは前天塩岳山頂。石道を歩いて行きます。高い木がなくなって、展望がよくなりました。8時すぎに前天塩岳山頂に着きました。2時間ちょっとかかっています。360度の展望があります。雲がありますが、天塩岳が大きく見えていました。

 一度大きく下ります。天塩岳を眺めながら歩けます。イソツツジが咲いていました。山道には太い木の幹もあります。時間が経つと、雲が流れてだんだん天気が良くなっていきます。鞍部の道には、エンレイソウが咲いていました。9時すぎて、日ざしが強くなっています。汗かきながら、また急坂を登っています。ほんとに景色がいいですね。

 あともう少しで山頂ですが、白い残雪が見えています。だんだん近づいて歩いて渡りました。近くにはシャクナゲも咲いています。青空が部分的に見えていました。そして天塩岳山頂に立ちました。9時18分というのは、時間が早いためか、山頂ひとり占めになっています。

 ここは気持ちの良い360度の見晴らしです。今度は、日が良く当たる前天塩岳が美しく見えます。自然の景色が素敵ですね。山の斜面に捲き道も見えていました。向きを変えて大雪山の方ですが、こちらは曇っていました。

 西天塩岳の方に下っていきます。これから歩く道が見えるからおもしろいです。こちらに向かって、登っている人の姿が見えました。途中すれ違うので挨拶をします。サンカヨウやイワウメが咲いていました。やがて三角の避難小屋が見えてきます。ここで多くの登山者が休憩していました。私も昼食タイムにします。

 その後、丸山経由で下っていきます。11時半に通過した分岐で、朝方の川へと下っていきました。赤いザゼンソウが咲いています。こんなとこにあるんですね。ツバメオモトも満開でした。やがて川沿いの道に合流します。同じ道を歩いて、駐車場に戻りました。その後富良野へと移動します。翌日は芦別岳登山です。



【反省点】
  ・沢沿いの花をもう少し探してみたらよかった。
  ・沢から離れて、急になる前に山道を早く判断できたらよかった。
 



Copyright © 2012 山道歩の山行記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ
ニゾラルクリーム